第198回:クラシックカーに浸る週末 ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2013を観る

2013.09.06 エッセイ

世界で最も権威あるクラシックカーの祭典“ペブルビーチ・コンクール・デレガンス”が2013年8月18日、米国カリフォルニア州のペブルビーチ・ゴルフリンクスで開催された。第63回となる今年の見どころは、創業50周年のランボルギーニ。そして初代の登場から50周年を迎えた「ポルシェ911」だった。

今年50周年を迎えた「ポルシェ911」はテーマ車のひとつ。オープニングイベントでも出展車のうち2台が展示された。こちらはカルマン社とともに製作された幻のカブリオレの試作車。
今年50周年を迎えた「ポルシェ911」はテーマ車のひとつ。オープニングイベントでも出展車のうち2台が展示された。こちらはカルマン社とともに製作された幻のカブリオレの試作車。
手前は1963年に製造された「ポルシェ911」、当時はまだ「901」のプロトタイプ。外装はディテール以外ほぼ完成しているが、室内はメーターまわりなどさまざまな所に「356」ゆずりの部分が見られるなど結構異なっている。
手前は1963年に製造された「ポルシェ911」、当時はまだ「901」のプロトタイプ。外装はディテール以外ほぼ完成しているが、室内はメーターまわりなどさまざまな所に「356」ゆずりの部分が見られるなど結構異なっている。
コンクール当日。会場に入ると、まずは各メーカーのコンセプトカーが一堂に会するコーナーが。ポルシェがフランクフルトショーで正式に公開する予定の「918スパイダー」も並んでいた。
コンクール当日。会場に入ると、まずは各メーカーのコンセプトカーが一堂に会するコーナーが。ポルシェがフランクフルトショーで正式に公開する予定の「918スパイダー」も並んでいた。
コンクール参加者は年式やタイプなどからクラス分けされる。こちらは「アンティーク」クラスで3位となった「ポープ・トレド タイプXII ロワ デ ベルジュ 7パッセンジャー ツーリング」(1906年)。クルマもいいけれど、出展者のコスプレも見もの!
コンクール参加者は年式やタイプなどからクラス分けされる。こちらは「アンティーク」クラスで3位となった「ポープ・トレド タイプXII ロワ デ ベルジュ 7パッセンジャー ツーリング」(1906年)。クルマもいいけれど、出展者のコスプレも見もの!

全世界から248台が集結

クルマ好きにとって理想の夏休みの過ごし方は? そう聞かれたら、筆者は自信をもってこう答えたい。「ペブルビーチを訪れるに限る!」と。8月第3週の週末、ここはまさにクラシックカーの夢の楽園になるのだ。

その中心となるイベントが、カリフォルニア州モントレーのペブルビーチ・ゴルフリンクスにて開催される“ペブルビーチ・コンクール・デレガンス”である。これは平たく言えば、クラシックカーの美を競い合うコンクール。クルマ好きなら、誰もが名前ぐらいは聞いたことがあるだろう。この日曜日、ペブルビーチ・ゴルフリンクス18番ホールの芝の上には、クラシックカーがずらりと並ぶのである。

さらに、この週末に向けてペブルビーチでは、さまざまなクラシックカー関連イベントが開催される。えりすぐりのクラシックカーで周辺の街を走行するツール・デレガンスや、クルマやモーターサイクル、さらにはさまざまなグッズなどが展示されるレトロオートなども、それぞれにファンの多い人気イベントなのだ。

しかし、何といっても目玉はコンクール・デレガンスだ。今年で実に63回目となったこのイベント、出展車両の数は248台にも及んだ。全米36の州、そして世界12カ国から、この“聖地”に貴重なクラシックカーたちが集結したのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ