第210回:560psのパワーを4輪で駆る!
「アウディRS 6アバント」をサーキットで試す

2013.11.02 エディターから一言
「アウディRS 6アバント」
「アウディRS 6アバント」

「RS」シリーズといえば、メルセデス・ベンツの「AMG」、BMWの「M」に比肩するアウディ自慢のハイパフォーマンスモデルだ。その最新モデル「アウディRS 6アバント」に、富士スピードウェイのショートコースで試乗する機会を得た。今回は3名のリポーターによるショートインプレッションをお届けしよう。

ピットレーンのわきに並べられたグレー、レッド、ブルーの「RS 6アバント」その前の「S5 クーペ」は、アウディ主催のドライビング講習「アウディドライビングエクスぺリエンス」のインストラクターが運転する先導車だ。
ピットレーンのわきに並べられたグレー、レッド、ブルーの「RS 6アバント」その前の「S5 クーペ」は、アウディ主催のドライビング講習「アウディドライビングエクスぺリエンス」のインストラクターが運転する先導車だ。
最高出力560psを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。560ps/5700-6700rpmの最高出力と、71.4kgm/1750-5500rpmの最大トルクを発生する。
最高出力560psを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。560ps/5700-6700rpmの最高出力と、71.4kgm/1750-5500rpmの最大トルクを発生する。

第210回:560psのパワーを4輪で駆る!「アウディRS 6アバント」をサーキットで試すの画像

究極のクワトロスポーツ

「Audi史上最速のアバント」の称号を持つハイパフォーマンスステーションワゴンの「アウディRS 6アバント」。ダウンサイジングの流れに聖域はなく、エンジンは旧型の5.2リッターV10から4リッターV8に縮小されてしまったが、果たしてその走りは……ということで、訪れたのが富士スピードウェイのショートサーキット。「スケジュールの都合で、全開走行は2周だけよ!」と言われたものの、そもそもショートサーキットは最高速を試すには短すぎる。しかし、そこはモータージャーナリストの性(さが)で、取りあえずストレートでアクセルペダルをベタ踏みにしたら、ド迫力のエキゾーストノートとともに、あっという間に2速が吹けきり、ストレートエンドのブレーキングポイントが目の前に。2トン強のステーションワゴンの加速とは到底思えない。

でも、その加速以上に驚いたのがRS 6アバントのハンドリング。なんだコレは……というくらいに俊敏な動きを見せるのだ。コーナーではターンインが鋭いうえに、アンダーステアが出やすい登りのタイトコーナーでも、アクセルペダルを踏んでいれば狙ったラインをトレースできるし、右から左へ切り返すポイントでもスパッと向きを変えてみせる。クワトロ、リアスポーツディファレンシャル、そして、DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付きのスポーツサスペンションといったデバイスが、うまく機能している証しだ。究極のクワトロスポーツ、ここにあり!

(生方 聡)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • アウディが「A4/A4アバント」の仕様を一部変更 2017.11.16 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年11月16日、「A4/A4アバント」の仕様を一部変更し、販売を開始した。主力グレードである「1.4 TFSIスポーツ」に、アダプティブクルーズコントロールや「アウディアクティブレーンアシスト」などを標準装備としている。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.27 試乗記