第210回:560psのパワーを4輪で駆る!
「アウディRS 6アバント」をサーキットで試す

2013.11.02 エッセイ
「アウディRS 6アバント」
「アウディRS 6アバント」

「RS」シリーズといえば、メルセデス・ベンツの「AMG」、BMWの「M」に比肩するアウディ自慢のハイパフォーマンスモデルだ。その最新モデル「アウディRS 6アバント」に、富士スピードウェイのショートコースで試乗する機会を得た。今回は3名のリポーターによるショートインプレッションをお届けしよう。

ピットレーンのわきに並べられたグレー、レッド、ブルーの「RS 6アバント」その前の「S5 クーペ」は、アウディ主催のドライビング講習「アウディドライビングエクスぺリエンス」のインストラクターが運転する先導車だ。
ピットレーンのわきに並べられたグレー、レッド、ブルーの「RS 6アバント」その前の「S5 クーペ」は、アウディ主催のドライビング講習「アウディドライビングエクスぺリエンス」のインストラクターが運転する先導車だ。
最高出力560psを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。560ps/5700-6700rpmの最高出力と、71.4kgm/1750-5500rpmの最大トルクを発生する。
最高出力560psを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。560ps/5700-6700rpmの最高出力と、71.4kgm/1750-5500rpmの最大トルクを発生する。

第210回:560psのパワーを4輪で駆る!「アウディRS 6アバント」をサーキットで試すの画像

究極のクワトロスポーツ

「Audi史上最速のアバント」の称号を持つハイパフォーマンスステーションワゴンの「アウディRS 6アバント」。ダウンサイジングの流れに聖域はなく、エンジンは旧型の5.2リッターV10から4リッターV8に縮小されてしまったが、果たしてその走りは……ということで、訪れたのが富士スピードウェイのショートサーキット。「スケジュールの都合で、全開走行は2周だけよ!」と言われたものの、そもそもショートサーキットは最高速を試すには短すぎる。しかし、そこはモータージャーナリストの性(さが)で、取りあえずストレートでアクセルペダルをベタ踏みにしたら、ド迫力のエキゾーストノートとともに、あっという間に2速が吹けきり、ストレートエンドのブレーキングポイントが目の前に。2トン強のステーションワゴンの加速とは到底思えない。

でも、その加速以上に驚いたのがRS 6アバントのハンドリング。なんだコレは……というくらいに俊敏な動きを見せるのだ。コーナーではターンインが鋭いうえに、アンダーステアが出やすい登りのタイトコーナーでも、アクセルペダルを踏んでいれば狙ったラインをトレースできるし、右から左へ切り返すポイントでもスパッと向きを変えてみせる。クワトロ、リアスポーツディファレンシャル、そして、DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付きのスポーツサスペンションといったデバイスが、うまく機能している証しだ。究極のクワトロスポーツ、ここにあり!

(生方 聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 6アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る