第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!
『ミッドナイト・ガイズ』

2013.11.14 エッセイ

3人で合計200歳超え

ジジイ映画である。それも、超カッコいいやつだ。主演の3人は、アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキン。それぞれ73歳、70歳、79歳で、合計すると余裕の200歳超えだ。困ったことに、全員がべらぼうに元気である。だから、しみったれた老い支度映画のわけがない。セックス、ドラッグ、バイオレンスと三拍子そろったアクション・クライム・コメディー映画になってしまった。そしてもちろん、ジジイの夢が詰まったファンタジーである。

刑務所からヴァル(パチーノ)が出所するシーンから始まる。28年ぶりのシャバだ。出迎えるのは昔の仲間のドク(ウォーケン)ひとりだけ。しょぼくれたジジイで、乗ってきたクルマも28年前から変わってないボロだ。ドクの部屋に入ると、置いてあるテレビはブラウン管式。彼らの時計の針は、ずいぶん前から止まっている。

長いムショ生活を終えたヴァルの望みは、お決まりのものだ。酒と女に決まっている。バーに行ってナンパするわけだが、まずはヤクをキメておかなきゃいけない。バーのカウンターに白い粉でラインを引き、鼻からすすりこむ。途中で寄ってきた薬局で手に入れた高血圧と緑内障の薬である。老体には、コカインなんかよりこっちのほうが効く。

©2012 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC, KIMMEL DISTRIBUTION, LLC AND LIONS GATE FILMS INC.All Rights Reserved


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。