日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)

見た目は一新、中身は継承 2013.12.26 試乗記 武骨なクロカンルックを捨て、伸びやかなスタイリングとなった新型「日産エクストレイル」に試乗。特設のオフロードコースで、その実力を試した。

海外ではウケるカタチ

写真を見て「もうタフギアじゃなくなったんだ」と落胆した人がいるかもしれない。でも新型「エクストレイル」の開発担当者に聞くと、日本ではそういう意見が多いものの、欧州や、「ローグ」の名で売られる北米ではウエルカムだという。
僕自身、少し前にその状況を教えられた。9月にアメリカ西海岸で開催された「日産360」なるグローバル試乗会で、かつてわが国で「テラノ」として売られていた「パスファインダー」の最新型に出会ったら、新型エクストレイルを大きくしたようなフォルムに横置きパワートレインを組み合わせていて、驚いた覚えがある。
ようするに欧米では、SUVとしての機能をキープしていれば、カタチはスマートなほうがいいという考えが主流らしい。一方、心配性の日本人(?)に対しては、カタログの走行写真はオフロード中心としたうえに、横浜にある日産自動車本社横の空き地でオフロード試乗会まで実施した。取材日はメディア向けだったが、その後の週末には一般ユーザーがタフさを体験したという。

新型エクストレイルはカタチが激変しただけでなく、新世代のCMFプラットフォームを採用している。ドライブトレインには、エンジントルクを制御して起伏のある路面での車体の揺れを抑える「アクティブライドコントロール」、 カーブや下り坂でフットブレーキへの依存度を弱める「アクティブエンジンブレーキ」、ブレーキ制御による「コーナリングスタビリティアシスト」などのロジックを組み込んだ。うち最初の2つは世界初だ。
今回は5つのセクションが用意されたコース内を極低速で走行しただけなので、加速やハンドリングや乗り心地は分からず、2つの世界初の効果も体感できなかったけれど、いくつかの性能はチェックすることができた。

「日産エクストレイル」は、レジャーユースでの使い勝手を重視したミドルサイズSUVとして2000年に登場。2013年12月に発売された新型は、3代目にあたる。
「日産エクストレイル」は、レジャーユースでの使い勝手を重視したミドルサイズSUVとして2000年に登場。2013年12月に発売された新型は、3代目にあたる。
新型「エクストレイル」は、角張ったスタイリングが特徴だった従来モデルからイメージを一新。全体的に丸みを帯びたデザインとなった。
新型「エクストレイル」は、角張ったスタイリングが特徴だった従来モデルからイメージを一新。全体的に丸みを帯びたデザインとなった。
インテリアでは、先代モデルと同じくフロアやシートにはっ水加工を採用。ドリンクホルダーや収納スペースを増やし、使い勝手を改善している。
インテリアでは、先代モデルと同じくフロアやシートにはっ水加工を採用。ドリンクホルダーや収納スペースを増やし、使い勝手を改善している。
トランスミッションはCVTのみの設定。アームレストの手前には、4WDシステム「オールモード4×4i」の走行モード切り替えスイッチが備えられている。
トランスミッションはCVTのみの設定。アームレストの手前には、4WDシステム「オールモード4×4i」の走行モード切り替えスイッチが備えられている。
関連記事 ホームへ戻る