第338回:ジュネーブショー2014(前編)
消えた名門&思いがけず出会った「お口の恋人」

2014.03.14 エッセイ

あの名門が消えた

ジュネーブショー2014で、ひっそりと姿を消していたブランドがある。まずは、かのベルトーネである。ボディー受託製造部門の倒産後、2009年にデザイン&開発会社として再発足した同社であるが、今度は2013年11月に従業員の失業給付金を当局に申請。事実上の経営危機に陥った。

かつて親会社がサーブ救済に乗り出して話題となったスポーツカーメーカー「スパイカー」も今年やって来なかった。スパイカーの母体は昨2013年、ゼネラル・モーターズ(GM)に対して30億ドルの賠償訴訟を起こした。サーブを中国企業に売却しようとした際、GMが機密保持のため不当に妨害した、というのが理由だった。しかし米国の裁判所は、その訴えを棄却。幸い同じ月に、中国・青年汽車(ヤングマン)の資本参加を受けられることになり、今回は新生スパイカーにとって初のジュネーブとなるはずだったが、姿をみせなかった。

ちなみに昨年ベルトーネがいたブースを代わりに埋めたのは「ビンツ」である。ビンツは南ドイツのコーチワーカーで、救急車や警察車への改造を得意とする。同時にヨーロッパでは、メルセデス・ベンツをベースとした、立派なストレッチ霊きゅう車作りで高い定評をもつ。今回も「メルセデス・ベンツEクラス」をベースにした、ストレッチリムジンを一番目立つところに展示し、それなりに注目を集めていた。

ジュネーブショー2014の会場から。トヨタ、日産などが出展している第4ホールを臨む。
ジュネーブショー2014の会場から。トヨタ、日産などが出展している第4ホールを臨む。
昨年までベルトーネが陣取っていたブースには、ドイツのコーチワーカー「ビンツ」が車両を展開していた。
昨年までベルトーネが陣取っていたブースには、ドイツのコーチワーカー「ビンツ」が車両を展開していた。
2013年にはパリ郊外イヴリーヌ県と共同プロジェクト展示していたフランスのエンジニアリング企業、アッカ・テクノロジー社。今年は独自に、全自動操縦車をイメージしたコンセプトEV「CAR&GO」の2号車を公開した。
2013年にはパリ郊外イヴリーヌ県と共同プロジェクト展示していたフランスのエンジニアリング企業、アッカ・テクノロジー社。今年は独自に、全自動操縦車をイメージしたコンセプトEV「CAR&GO」の2号車を公開した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。