プジョーから高性能クロスオーバーのコンセプト【パリサロン2014】

2014.09.25 自動車ニュース
「プジョー508」

【パリサロン2014】プジョーが高性能クロスオーバーのコンセプトモデルを出展

仏プジョーは2014年9月18日、パリモーターショー(開催期間:2014年10月2日~19日、一般公開は10月4日から)の出展概要を発表した。

■市販モデルでは「508」と「308GT」に注目

今回、プジョーは4000平方メートルのスペースに40台の車両を展示。市販モデルとしては、フェイスリフトやエンジンの変更など大幅な改良を施した「508」や、スポーティーモデル「308GT」などの出展を予定している。

このうち、最新の508にはプジョーライオンを中央に配した新しいフロントグリルや、切り返しなどを一新した新しい意匠のボンネットなどを採用。さらに、フロントバンパーにはLEDライトを装備したほか、セダンではリアコンビネーションライトの意匠も変更している。

「308GT」

一方の308GTは、Cセグメントの「308」に追加される新しいスポーティーモデル。グレードは最高出力205psを発生する1.6リッターガソリンエンジンを搭載した「GT 205」と、180psを発生する2リッターディーゼルエンジンを搭載した「GT 180」の2種類で、それぞれトランスミッションは6段AT「EAT6」との組み合わせ。両グレードとも、ハッチバックモデルとステーションワゴン「SW」の両方に設定される。

内外装デザインも特別に仕立てられており、62個のLEDユニットを用いたヘッドライトや、サイドスカート、ダイヤモンドコーティング仕上げを施した18インチアロイホイールなどを採用。タイヤは「ミシュラン・パイロットスポーツ3」を装着している。一方インテリアでは、各部のトリムやルーフヘッドライニングをダークグレーでコーディネート。ダッシュボード、ドアパネル、シフトレバー、フロアマットには、赤いステッチを施している。

「QUARTZ(クオーツ)」

■最高出力500psのプラグインハイブリッド車が登場

またコンセプトカーとしては、「QUARTZ(クオーツ)」と「EXALT(エグザルト)」の展示を予定している。

クオーツはクロスオーバータイプのハイパフォーマンスモデルであり、パワーユニットには、ガソリンエンジンと2つの電力モーターを組み合わせた500psのプラグインハイブリッドシステムを想定。機能装備としては、タッチスクリーン式のヘッドアップディスプレイや、格納式のサイドステップなどを採用している。

内外装のデザインも特徴となっており、エクステリアにはセンターピラーを取り除いた観音開き式のドアを採用。インテリアには、玄武岩のセンターコンソールや、デジタル加工を施した織物などを取り入れている。4座のシートはいずれもバケットタイプで、シートクッションと背もたれには淡い褐色のレザーを採用。ピラーとルーフはブラックレザー仕上げとなっている。

「EXALT(エグザルト)」

一方、エグザルトは2014年4月の北京ショーで発表されたセダンタイプのコンセプトカーであり、今回のパリサロンに合わせて新しい素材とカラーリングが施されている。

エクステリアでは、「シャークスキン」と呼ばれるリアまわりの処理は踏襲しつつ、北京ショーのものが無垢(むく)の金属と赤のコントラストが特徴だったのに対し、今回のモデルでは全体をグレーのモノトーンでコーディネート。またインテリアについては、北京ショーのものが各所に黒檀(こくたん)を採用していたのに対し、パリサロンのものはビジネス新聞の再生紙で作られた“ニュースペーパーウッド”と呼ばれる素材を用いている。

このほかにも、今回のショーでは圧縮空気を用いたハイブリッドシステム「Hybrid Air」を搭載した「208 Hybrid Air 2リッター デモンストレーター」も出展。2020年の実用化に向けた、同技術の進捗(しんちょく)をアピールする。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。