ポルシェ911 GT3 RSの予約受注開始【ジュネーブショー2015】

2015.03.05 自動車ニュース
「ポルシェ911 GT3 RS」
「ポルシェ911 GT3 RS」

【ジュネーブショー2015】ポルシェが「911 GT3 RS」の予約受注を開始

独ポルシェはジュネーブショー2015(会期:2015年3月3日~15日)で「911 GT3」を上回る走行性能を備えた高性能スポーツカー「911 GT3 RS」を公開した。それにともないポルシェ ジャパンは2015年3月23日、同モデルの予約受注を全国のポルシェ正規販売店で開始する。トランスミッションは7段PDKで、ハンドル位置は左のみ。希望小売価格は2530万円。

■500psの4リッター水平対向エンジンを搭載

911 GT3 RSのコンセプトは「現在考えうる最高のモータースポーツテクノロジーが導入された、普段の街乗りにも使用できる公道仕様の911」。駆動システム、エアロダイナミクス、および軽量構造に対する大幅な変更により、911 GT3を上回る走行性能を備えている。ニュルブルクリンクの北コースでのラップタイムは、同社のスーパースポーツカー「カレラGT」が打ち立てた7分29秒を上回る7分20秒を記録したという。

エンジンは911シリーズの直噴自然吸気エンジンとしては最大となる4リッターの水平対向6気筒で、500ps(368kW)と46.9kgm(460Nm)を発生する。加速性能は0-100km/hが3.3秒で、0-200km/hが10.9秒。燃費は12.7リッター/100km(約7.9km/リッター:NEDC複合モード)と発表されている。

従来のマニュアルトランスミッションのクラッチに相当する「パドルニュートラル」クラッチ解除機能や、ピットスピードスイッチによる速度制限機能など、モータースポーツ向けの機能が備わる。

軽量化も911 GT3 RSの特徴。ルーフがマグネシウム、フロントフードおよびエンジンフードがカーボンとなるなど、ボディーの各所に軽量素材が用いられており、911 GT3と比較して約10kg軽量化されている。軽量ルーフによって重心が下がり、横方向のダイナミクスが改善されているばかりか、「911ターボ」から譲り受けたボディーとRS専用エアロパーツによって、その走りはレーシングカーに近いレベルにあるとうたわれる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る