マツダ・ロードスターS(FR/6MT)/ロードスターSレザーパッケージ(FR/6MT)/ロードスターSスペシャルパッケージ(FR/6AT)

まずはカジュアルに楽しんで 2015.06.19 試乗記 いよいよ発売された「ND」型こと4代目「マツダ・ロードスター」に、伊豆のワインディングロードで試乗。3グレードの“イッキ乗り”を通して足まわりの味付けを検証するとともに、そこに込められた開発者の意図を探った。

リアサスペンションの動きが違う

筆者が初めてND型ロードスターに試乗したのは、横浜のみなとみらいで行われた試乗会だった。そして今回は、修善寺のサイクルスポーツセンターをベースに、伊豆スカイラインを往復するコースをマツダが用意してくれた。「人馬一体」のオープンスポーツを体現するロードスターに最もふさわしい、ワインディングロードが試乗の舞台だ。
試したグレードは3種類。まず一番シンプルなグレードである「S」の6MT。その次に一番豪華な「Sレザーパッケージ」の6MT。そして最後に、「Sスペシャルパッケージ」の6ATに試乗した。

車重990kgを達成し「NAロードスターの再来」と多くのジャーナリストが称賛するベースグレードのS。マツダコネクト用の7インチモニターも、各種ノイズを吸収するボンネットインシュレーター(防振材)も、トルセンLSDもない一番安価なグレードである。
とはいえパワステも、パワーウィンドウも付いている。これらは初代NAではバッサリ省かれていた。時代が変わったといえばそれまでだが、「スズキ・アルト」でいえばあえて「バン」を買うような、ちょっとマニア心をくすぐるチープチョイスな感じは、もはやまったくない。

いざ峠道へと繰り出すと、「おっ!?」と思わされる変化があった。みなとみらいでの試乗で感じた、リアサスペンションの頼りなさがなくなっていたのだ。あの時はサスペンションの伸び方が速すぎ、高速コーナーではタイヤが滑るわけではないのにオシリが少しソワソワ動く場面があった。それはあたかもリアスタビライザーレスを誇張するかのような不安定さだった。
ただシャシー開発の担当氏は、あのときから仕様はまったく変えていないという。今回のリアダンパーの落ち着き具合も、「まだ新車だから、マルチリンクの動きが渋いのではないか?」というのだ。

試乗会場にずらりと並んだ4代目「マツダ・ロードスター」。
試乗会場にずらりと並んだ4代目「マツダ・ロードスター」。
1トンを切る車重が目を引くベースグレードの「S」。MT仕様のみが用意される。
1トンを切る車重が目を引くベースグレードの「S」。MT仕様のみが用意される。
「S」のインストゥルメントパネルまわり。インフォテインメントシステム非装着車には、AM/FMラジオが搭載される。
「S」のインストゥルメントパネルまわり。インフォテインメントシステム非装着車には、AM/FMラジオが搭載される。
助手席側のダッシュボード。軽量化と省スペース化のため、グローブボックスは省略されている。
助手席側のダッシュボード。軽量化と省スペース化のため、グローブボックスは省略されている。
「S」のボンネットフードの裏側。上級グレードには備わるインシュレーターが省かれている。
「S」のボンネットフードの裏側。上級グレードには備わるインシュレーターが省かれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る