マツダ・ロードスターS(FR/6MT)/ロードスターSレザーパッケージ(FR/6MT)/ロードスターSスペシャルパッケージ(FR/6AT)

まずはカジュアルに楽しんで 2015.06.19 試乗記 いよいよ発売された「ND」型こと4代目「マツダ・ロードスター」に、伊豆のワインディングロードで試乗。3グレードの“イッキ乗り”を通して足まわりの味付けを検証するとともに、そこに込められた開発者の意図を探った。

リアサスペンションの動きが違う

筆者が初めてND型ロードスターに試乗したのは、横浜のみなとみらいで行われた試乗会だった。そして今回は、修善寺のサイクルスポーツセンターをベースに、伊豆スカイラインを往復するコースをマツダが用意してくれた。「人馬一体」のオープンスポーツを体現するロードスターに最もふさわしい、ワインディングロードが試乗の舞台だ。
試したグレードは3種類。まず一番シンプルなグレードである「S」の6MT。その次に一番豪華な「Sレザーパッケージ」の6MT。そして最後に、「Sスペシャルパッケージ」の6ATに試乗した。

車重990kgを達成し「NAロードスターの再来」と多くのジャーナリストが称賛するベースグレードのS。マツダコネクト用の7インチモニターも、各種ノイズを吸収するボンネットインシュレーター(防振材)も、トルセンLSDもない一番安価なグレードである。
とはいえパワステも、パワーウィンドウも付いている。これらは初代NAではバッサリ省かれていた。時代が変わったといえばそれまでだが、「スズキ・アルト」でいえばあえて「バン」を買うような、ちょっとマニア心をくすぐるチープチョイスな感じは、もはやまったくない。

いざ峠道へと繰り出すと、「おっ!?」と思わされる変化があった。みなとみらいでの試乗で感じた、リアサスペンションの頼りなさがなくなっていたのだ。あの時はサスペンションの伸び方が速すぎ、高速コーナーではタイヤが滑るわけではないのにオシリが少しソワソワ動く場面があった。それはあたかもリアスタビライザーレスを誇張するかのような不安定さだった。
ただシャシー開発の担当氏は、あのときから仕様はまったく変えていないという。今回のリアダンパーの落ち着き具合も、「まだ新車だから、マルチリンクの動きが渋いのではないか?」というのだ。

試乗会場にずらりと並んだ4代目「マツダ・ロードスター」。
試乗会場にずらりと並んだ4代目「マツダ・ロードスター」。
1トンを切る車重が目を引くベースグレードの「S」。MT仕様のみが用意される。
1トンを切る車重が目を引くベースグレードの「S」。MT仕様のみが用意される。
「S」のインストゥルメントパネルまわり。インフォテインメントシステム非装着車には、AM/FMラジオが搭載される。
「S」のインストゥルメントパネルまわり。インフォテインメントシステム非装着車には、AM/FMラジオが搭載される。
助手席側のダッシュボード。軽量化と省スペース化のため、グローブボックスは省略されている。
助手席側のダッシュボード。軽量化と省スペース化のため、グローブボックスは省略されている。
「S」のボンネットフードの裏側。上級グレードには備わるインシュレーターが省かれている。
「S」のボンネットフードの裏側。上級グレードには備わるインシュレーターが省かれている。
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る