MINIクロスオーバーに専用カラーの特別仕様車

2015.09.07 自動車ニュース
「MINIクーパーS クロスオーバー  ALL4 パークレーン」(写真は海外仕様車)
「MINIクーパーS クロスオーバー  ALL4 パークレーン」(写真は海外仕様車)

「MINIクロスオーバー」に専用カラーの特別仕様車

BMWジャパンは2015年9月7日、「MINIクロスオーバー」に特別仕様車「Park Lane(パークレーン)」を設定し、同日、販売を開始した。

■“品のよさ”がセリングポイント

今回のパークレーンは、MINIクロスオーバーのディーゼル車(2リッター)とガソリン車(1.6リッター)をベースに、専用のドレスアップが施された特別仕様車。英国ロンドンのハイドパークに面した、ハイエンドなホテルや店舗が立ち並ぶ通りの名前(パークレーン)が、モデル名の由来である。

エクステリアはオークレッドのルーフおよびミラーキャップと、アールグレーのボディーカラーが織りなすツートンカラーが特徴。“ターボファンスポーク”と名付けられた18インチアロイホイールも与えられる。

インテリアもグレーが基調で、オークレッドのアクセントが添えられる。マルチファンクションステアリングやバイキセノンヘッドライトなども備わる。

これらを含む、パークレーンの主な装備は、以下の通り。

・専用ボディーカラー(アールグレーメタリック)
・専用オークレッドルーフ&ミラーキャップ
・18インチアロイホイール(ターボファンスポーク)
・専用オークレッドサイドスカットル(クロム仕上げ)
・専用インテリアサーフェス クロスストライプグレー
・PARK LANEネームバッジ(エクステリア/インテリア)
・専用ドアシル
・MINI ALL4エクステリア
・ランフラットタイヤ
・マルチファンクションステアリング
・スポーツボタン
・バイキセノンヘッドライト
・LEDフォグランプ
・ホワイトターンシグナルライト
・スポーツシート
・スポーツレザーステアリング(3本スポーク)
・レインセンサー(自動ドライビングライト付き)

ラインナップと価格は、以下の通り。

・MINIクーパーD クロスオーバー パークレーン:377万円
・MINIクーパーD クロスオーバー ALL4 パークレーン:395万円
・MINIクーパーSD クロスオーバー パークレーン:406万円
・MINIクーパーS クロスオーバー ALL4 パークレーン:414万円

(webCG)

→MINIクロスオーバー パークレーンのフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
MINIクロスオーバーMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.3 試乗記 フルモデルチェンジですっかり貫禄のついた「MINIクロスオーバー」に、ハイパフォーマンスモデルの「ジョンクーパーワークス」が登場。231psの高出力ガソリンターボエンジンと、シンプルながらも効果テキメンの4WDシステムがかなえる走りを試す。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る