MINIクロスオーバーに専用カラーの特別仕様車

2015.09.07 自動車ニュース
「MINIクーパーS クロスオーバー  ALL4 パークレーン」(写真は海外仕様車)
「MINIクーパーS クロスオーバー  ALL4 パークレーン」(写真は海外仕様車)

「MINIクロスオーバー」に専用カラーの特別仕様車

BMWジャパンは2015年9月7日、「MINIクロスオーバー」に特別仕様車「Park Lane(パークレーン)」を設定し、同日、販売を開始した。

■“品のよさ”がセリングポイント

今回のパークレーンは、MINIクロスオーバーのディーゼル車(2リッター)とガソリン車(1.6リッター)をベースに、専用のドレスアップが施された特別仕様車。英国ロンドンのハイドパークに面した、ハイエンドなホテルや店舗が立ち並ぶ通りの名前(パークレーン)が、モデル名の由来である。

エクステリアはオークレッドのルーフおよびミラーキャップと、アールグレーのボディーカラーが織りなすツートンカラーが特徴。“ターボファンスポーク”と名付けられた18インチアロイホイールも与えられる。

インテリアもグレーが基調で、オークレッドのアクセントが添えられる。マルチファンクションステアリングやバイキセノンヘッドライトなども備わる。

これらを含む、パークレーンの主な装備は、以下の通り。

・専用ボディーカラー(アールグレーメタリック)
・専用オークレッドルーフ&ミラーキャップ
・18インチアロイホイール(ターボファンスポーク)
・専用オークレッドサイドスカットル(クロム仕上げ)
・専用インテリアサーフェス クロスストライプグレー
・PARK LANEネームバッジ(エクステリア/インテリア)
・専用ドアシル
・MINI ALL4エクステリア
・ランフラットタイヤ
・マルチファンクションステアリング
・スポーツボタン
・バイキセノンヘッドライト
・LEDフォグランプ
・ホワイトターンシグナルライト
・スポーツシート
・スポーツレザーステアリング(3本スポーク)
・レインセンサー(自動ドライビングライト付き)

ラインナップと価格は、以下の通り。

・MINIクーパーD クロスオーバー パークレーン:377万円
・MINIクーパーD クロスオーバー ALL4 パークレーン:395万円
・MINIクーパーSD クロスオーバー パークレーン:406万円
・MINIクーパーS クロスオーバー ALL4 パークレーン:414万円

(webCG)

→MINIクロスオーバー パークレーンのフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • MINIクーパーSD クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.1 試乗記 この秋、MINIの4ドアSUVモデル「クロスオーバー」に2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車が加わった。MINIの走りの特徴であるゴーカートフィーリングは守られたのか、それとも……。パワー違いで2機種設定されるうち、パワフルな「クーパーSD」の方に試乗した。
  • MINIクーパーSD クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】 2014.10.16 試乗記 「MINI」のSUVモデルである「クロスオーバー」に、クリーンディーゼルエンジン搭載車が登場。新しいパワーユニットによって付加された魅力と、いつの時代もMINIが持ち合わせている不変のキャラクターに触れた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • ディーゼルの「MINIクロスオーバー」日本上陸 2014.9.8 自動車ニュース “大きなMINI”「クロスオーバー」がマイナーチェンジ。ディーゼル車も発売された。
ホームへ戻る