東京モーターショー2015

三菱はSUVと電動化技術を大いにアピール【東京モーターショー2015】

2015.10.29 自動車ニュース
「三菱eX Concept」
「三菱eX Concept」

【東京モーターショー2015】三菱はSUVと電動化技術を大いにアピール

三菱自動車は、2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーにおいて、コンパクトSUVのコンセプトカー「eX Concept」を世界初公開した。

プレスカンファレンスの冒頭、三菱の相川哲郎社長は、同社のSUVおよびEV開発の歴史を紹介した。
プレスカンファレンスの冒頭、三菱の相川哲郎社長は、同社のSUVおよびEV開発の歴史を紹介した。
「eX Concept」のサイドビュー。Bピラーは存在せず、ドアは観音開きとなっている。
「eX Concept」のサイドビュー。Bピラーは存在せず、ドアは観音開きとなっている。
「eX Concept」
「eX Concept」
ブース内には、「アウトランダーPHEV」が急坂を登るという、ダイナミックなディスプレイも。
ブース内には、「アウトランダーPHEV」が急坂を登るという、ダイナミックなディスプレイも。
こちらは、クロスカントリーラリー「バハ・ポルタレグレ500」に参戦、完走を果たした「アウトランダーPHEV」のレプリカ。
こちらは、クロスカントリーラリー「バハ・ポルタレグレ500」に参戦、完走を果たした「アウトランダーPHEV」のレプリカ。

■「SUVとEVの三菱」をアピール

eX Conceptは、次世代の電気自動車(EV)システムを採用した、コンパクトSUVのコンセプトカー。
昨今の三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を取り入れたフロントグリルと、シューティングブレークやクーペが持つデザイン要素を融合したコンパクトSUVのボディーで、キビキビと街を疾走するスポーツクロスオーバースタイルを提案するという。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4240×1780×1575mm。

次世代EVシステムは、従来よりもエネルギー密度を向上させたリチウムイオン電池を床下に搭載し、前後2つのモーターで4輪を駆動するというもの。航続距離はJC08モードで400kmとされている。
このツインモーター4WDシステムをベースに、フロントはブレーキ制御、リアは左右のトルク配分を行う車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用。ドライバーの意図に忠実なハンドリングを実現しているという。

また、コネクテッドカー技術と予防安全技術を組み合わせた自動運転技術を採用し、クルマから降りた状態で駐車を自動的に行う「自動バレーパーキング」や、路車間・車車間の通信を利用した事故回避システムなどを備える。

プレスカンファレンスの冒頭で三菱自動車の相川哲郎社長は、「三菱の電動化技術は1966年に研究を開始して以来、来年で50年を迎える。電動化技術でSUVの魅力を拡張させたeX Conceptで一歩先の走りを提案したい」と述べ、コンセプトカーをお披露目した。

三菱ブースではこのほか、「アウトランダーPHEV」に使われる技術を解説するシャシーモデルや、ポルトガルで2015年10月22-24日に開催されたクロスカントリーラリー「バハ・ポルタレグレ500」に参戦したアウトランダーPHEVのレプリカ、「パジェロ」のクリーンディーゼル搭載車などが展示される。

(文=工藤考浩/写真=工藤考浩、webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
ホームへ戻る