アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)

理想のホットハッチ 2015.12.21 試乗記 0-100km/h加速は4.3秒。アウディ伝統のテクノロジーを受け継ぐ、直列5気筒ターボエンジン搭載。クワトロ社が手がけたスペシャルモデル、「RS 3スポーツバック」を箱根のワインディングロードで試した。

スペシャルずくめ

日本でも、いまやほとんどの「RSモデル」が手に入るようになったが、個人的に一番気になっていたのに長らく日本未導入の状態が続いていたのがアウディRS 3スポーツバックだ。先代にあたる2代目「A3」の時代に、そのスポーツモデルとして登場したRS 3スポーツバックだったが、日本に導入されることなくモデルライフが終了。その後、A3のモデルチェンジにともない、ドイツ本国では新型RS 3スポーツバックが登場したが、ニッチなモデルだけに日本への導入は期待薄……と諦めきっていたところに発売されたものだから、とにかくうれしいし、いち早く乗りたいクルマだった。

というのも、このRS 3スポーツバックはA3スポーツバックをベースとしながら、その中身はスペシャルずくめ。一番はノーズに横置きされる2.5 TFSIエンジン。その名前から、過給器付きの2.5リッターエンジンであることは容易に想像できるが、実はこの2.5リッター、アウディにとって意味深い直列5気筒ターボなのである。「クワトロ」の名を世に知らしめた伝説のスポーツカー、「アウディ・クワトロ」に搭載されていたのが直列5気筒ターボだった。現在のアウディのラインナップで、2.5 TFSIを積むのは、RS 3と「RS Q3」だけ。いいかえれば、RSモデルを手がける「クワトロ社」の横置きモデルにのみ搭載が許されるスペシャルなエンジンなのだ。

しかもRS 3スポーツバック用には、最高出力367ps、最大トルク465Nm(47.4kgm)という2.5 TFSI史上最強スペックが採用されている。これに組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチギアボックスのSトロニック。「S3」には6段のSトロニックが搭載されるのに対し、RS 3スポーツバックでは7段となり、ここでもRS 3は特別扱いだ。もちろん、駆動方式はフルタイム4WDのクワトロである。

ただ、スペシャルなクルマのわりに、人によってはおとなしい印象を受けるかもしれない。

日本市場に初導入となった「アウディRS 3スポーツバック」。2015年10月20日に販売が開始された。
日本市場に初導入となった「アウディRS 3スポーツバック」。2015年10月20日に販売が開始された。
フロントに横置き搭載される2.5リッター直列5気筒ターボエンジン。最高出力367ps、最大トルク47.4kgmを発生する。
フロントに横置き搭載される2.5リッター直列5気筒ターボエンジン。最高出力367ps、最大トルク47.4kgmを発生する。

インテリアは、全体がスポーティーな黒基調とされ、シート、ステアリングホイール、メーター、セレクターレバーノブなど各所に「RS 3」のロゴが配されている。(写真=webCG)


	インテリアは、全体がスポーティーな黒基調とされ、シート、ステアリングホイール、メーター、セレクターレバーノブなど各所に「RS 3」のロゴが配されている。(写真=webCG)
セレクターレバーは専用のデザイン。「ローンチコントロール」システムを備えた7段の「Sトロニック」が搭載される。駆動方式はフルタイム4WD「クワトロ」。
セレクターレバーは専用のデザイン。「ローンチコントロール」システムを備えた7段の「Sトロニック」が搭載される。駆動方式はフルタイム4WD「クワトロ」。
 
アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る