アストンマーティン、限定車「ヴァンキッシュ ザガート」を国内初披露

2016.08.02 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」 拡大

アストンマーティン・ジャパンは2016年8月2日、イタリアンカロッツェリアのザガートとのコラボレーションモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」を、国内で初公開した。

■価格は8510万円

今回披露されたヴァンキッシュ ザガートは、2016年5月20日にヒストリックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」に出展されたコンセプトカー「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」の市販モデル。市場からの強い要望を受け、99台が生産される。

アストンマーティンとザガートとのコラボレーションは、1960年の「DB4 GT ザガート」が始まりで、その後は「V8ヴァンテージ ザガート」(1986年)、「DB7ヴァンテージ ザガート」(2002年)、「V12ヴァンテージ ザガート」が誕生。今回のヴァンキッシュ ザガートは5つ目の作品となる。

エクステリアは、ザガートのアイコン的なデザイン処理である“ダブルバブル”形状のルーフや、円形に見えるテールライトリフレクター、「One-77」由来の“ウイングミラー”と呼ばれるドアミラーなどが特徴。
カーボンファイバー製の大きな1ピースパネルを使うことで、パネルの継ぎ目に現れる分割線が減らされている点も、ベースとなる「ヴァンキッシュ」との違いだ。

インテリアは、Zパターンキルトがあしらわれたシートおよびドア内張り、豪華な素材を採用したエアコンの吹き出し口やスイッチ類が、ヴァンキッシュ ザガートならではのディテールとされている。

自然吸気の6リッターV12エンジンは、最高出力600psにまでパワーアップ。これに合わせて、サスペンションのセッティングも見直されている。

なお、生産予定の99台は既に完売。このうち日本で成約したのは2台で、価格は8510万円。デリバリーは2017年初頭になる見込みという。

(webCG)

→「ヴァンキッシュ ザガート」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ヴァンキッシュアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る