アストンマーティン、限定車「ヴァンキッシュ ザガート」を国内初披露

2016.08.02 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」

アストンマーティン・ジャパンは2016年8月2日、イタリアンカロッツェリアのザガートとのコラボレーションモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」を、国内で初公開した。

 
アストンマーティン、限定車「ヴァンキッシュ ザガート」を国内初披露の画像
 
アストンマーティン、限定車「ヴァンキッシュ ザガート」を国内初披露の画像
 
アストンマーティン、限定車「ヴァンキッシュ ザガート」を国内初披露の画像
 
アストンマーティン、限定車「ヴァンキッシュ ザガート」を国内初披露の画像
 
アストンマーティン、限定車「ヴァンキッシュ ザガート」を国内初披露の画像

■価格は8510万円

今回披露されたヴァンキッシュ ザガートは、2016年5月20日にヒストリックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」に出展されたコンセプトカー「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」の市販モデル。市場からの強い要望を受け、99台が生産される。

アストンマーティンとザガートとのコラボレーションは、1960年の「DB4 GT ザガート」が始まりで、その後は「V8ヴァンテージ ザガート」(1986年)、「DB7ヴァンテージ ザガート」(2002年)、「V12ヴァンテージ ザガート」が誕生。今回のヴァンキッシュ ザガートは5つ目の作品となる。

エクステリアは、ザガートのアイコン的なデザイン処理である“ダブルバブル”形状のルーフや、円形に見えるテールライトリフレクター、「One-77」由来の“ウイングミラー”と呼ばれるドアミラーなどが特徴。
カーボンファイバー製の大きな1ピースパネルを使うことで、パネルの継ぎ目に現れる分割線が減らされている点も、ベースとなる「ヴァンキッシュ」との違いだ。

インテリアは、Zパターンキルトがあしらわれたシートおよびドア内張り、豪華な素材を採用したエアコンの吹き出し口やスイッチ類が、ヴァンキッシュ ザガートならではのディテールとされている。

自然吸気の6リッターV12エンジンは、最高出力600psにまでパワーアップ。これに合わせて、サスペンションのセッティングも見直されている。

なお、生産予定の99台は既に完売。このうち日本で成約したのは2台で、価格は8510万円。デリバリーは2017年初頭になる見込みという。

(webCG)

→「ヴァンキッシュ ザガート」のフォトギャラリーはこちら

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 JAIA輸入車試乗会2017 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る