第362回:ロードスターのワールドカップ迫る!
マツダ「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」試乗商談会リポート

2016.08.26 エディターから一言
「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」の試乗商談会から。当日は15人の参戦予定者が会場に足を運んだ。
「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」の試乗商談会から。当日は15人の参戦予定者が会場に足を運んだ。

2016年にアメリカ国内でスタートした「マツダMX-5(日本名:ロードスター)」のワンメイクレースが上陸。2017年以降、日本を含む世界の国々へと開催地を拡大するという。それは一体、どんなレースなのか? マツダの意図はどこにあるのか? 参加予定者を対象とした、試乗商談会の様子をリポートする。

ワンメイクレースの参戦マシンを、来場者が興味深そうにチェックする。
ワンメイクレースの参戦マシンを、来場者が興味深そうにチェックする。
会場となった筑波サーキットには、イベント用のテントが設置された。テント内には「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」のほか、オンラインレーシングシミュレーターの「iRacing」(写真)が並べられた。
会場となった筑波サーキットには、イベント用のテントが設置された。テント内には「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」のほか、オンラインレーシングシミュレーターの「iRacing」(写真)が並べられた。
2016年9月には、マツダレースウェイ・ラグナ・セカで「GLOBAL MX-5 CUP」の“プレ世界一決定戦”が開催される。日本からは、2015年のパーティーレースのチャンピオンである堤 優威選手(写真左)と、現役のパーティーレース参戦者である北平絵奈美選手(右)の2人が参加する。
2016年9月には、マツダレースウェイ・ラグナ・セカで「GLOBAL MX-5 CUP」の“プレ世界一決定戦”が開催される。日本からは、2015年のパーティーレースのチャンピオンである堤 優威選手(写真左)と、現役のパーティーレース参戦者である北平絵奈美選手(右)の2人が参加する。

“グローバルなレース”日本上陸

猛烈な2つの台風が飛び去った後の2016年8月25日は、台風一過と呼ぶにふさわしい真夏日となった。そして、強烈な日差しがアスファルトの温度をぐんぐんと高める筑波サーキットでは「GLOBAL MX-5 CUP仕様車 試乗商談会」が開催されたのだ。

「GLOBAL MX-5 CUP」はマツダMX-5をベースとした統一仕様の車両を使うワンメイクレースだ。2016年からアメリカでスタートし、すでに100台以上のカップカーが販売され、4月のマツダレースウェイ・ラグナ・セカでの開幕戦には40台以上が参戦。初戦から大きな盛り上がりを見せている。

そして日本でも2017年から「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」が導入され、スポーツランドSUGO/ツインリンクもてぎ/鈴鹿サーキット/岡山国際サーキットなどの5カ所で、45分のスプリントレースが開催される。欧州でも2017年の実施が予定されており、その先にオーストラリアやアセアンでの開催も検討されているという。また、各シリーズの上位者による世界一決定戦を実施するなど、“GLOBAL”の名称にふさわしい世界規模のレースプログラムだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る