第362回:ロードスターのワールドカップ迫る!
マツダ「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」試乗商談会リポート

2016.08.26 エッセイ
「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」の試乗商談会から。当日は15人の参戦予定者が会場に足を運んだ。
「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」の試乗商談会から。当日は15人の参戦予定者が会場に足を運んだ。

2016年にアメリカ国内でスタートした「マツダMX-5(日本名:ロードスター)」のワンメイクレースが上陸。2017年以降、日本を含む世界の国々へと開催地を拡大するという。それは一体、どんなレースなのか? マツダの意図はどこにあるのか? 参加予定者を対象とした、試乗商談会の様子をリポートする。

ワンメイクレースの参戦マシンを、来場者が興味深そうにチェックする。
ワンメイクレースの参戦マシンを、来場者が興味深そうにチェックする。
会場となった筑波サーキットには、イベント用のテントが設置された。テント内には「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」のほか、オンラインレーシングシミュレーターの「iRacing」(写真)が並べられた。
会場となった筑波サーキットには、イベント用のテントが設置された。テント内には「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」のほか、オンラインレーシングシミュレーターの「iRacing」(写真)が並べられた。
2016年9月には、マツダレースウェイ・ラグナ・セカで「GLOBAL MX-5 CUP」の“プレ世界一決定戦”が開催される。日本からは、2015年のパーティーレースのチャンピオンである堤 優威選手(写真左)と、現役のパーティーレース参戦者である北平絵奈美選手(右)の2人が参加する。
2016年9月には、マツダレースウェイ・ラグナ・セカで「GLOBAL MX-5 CUP」の“プレ世界一決定戦”が開催される。日本からは、2015年のパーティーレースのチャンピオンである堤 優威選手(写真左)と、現役のパーティーレース参戦者である北平絵奈美選手(右)の2人が参加する。

“グローバルなレース”日本上陸

猛烈な2つの台風が飛び去った後の2016年8月25日は、台風一過と呼ぶにふさわしい真夏日となった。そして、強烈な日差しがアスファルトの温度をぐんぐんと高める筑波サーキットでは「GLOBAL MX-5 CUP仕様車 試乗商談会」が開催されたのだ。

「GLOBAL MX-5 CUP」はマツダMX-5をベースとした統一仕様の車両を使うワンメイクレースだ。2016年からアメリカでスタートし、すでに100台以上のカップカーが販売され、4月のマツダレースウェイ・ラグナ・セカでの開幕戦には40台以上が参戦。初戦から大きな盛り上がりを見せている。

そして日本でも2017年から「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」が導入され、スポーツランドSUGO/ツインリンクもてぎ/鈴鹿サーキット/岡山国際サーキットなどの5カ所で、45分のスプリントレースが開催される。欧州でも2017年の実施が予定されており、その先にオーストラリアやアセアンでの開催も検討されているという。また、各シリーズの上位者による世界一決定戦を実施するなど、“GLOBAL”の名称にふさわしい世界規模のレースプログラムだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る