アウディ、2017年度のモータースポーツ活動計画を発表

2017.03.28 自動車ニュース
Audi Team Hitotsuyamaのリチャード・ライアン選手(左)と柳田真孝選手。
Audi Team Hitotsuyamaのリチャード・ライアン選手(左)と柳田真孝選手。

アウディ ジャパンは2017年3月28日、日本国内で開催される2017年度のモータースポーツにおいて、SUPER GTとスーパー耐久に参戦する4つのカスタマーチームをサポートすると発表した。

SUPER GTのGT300クラスに投入される「アウディR8 LMS」。
SUPER GTのGT300クラスに投入される「アウディR8 LMS」。
Team TAISAN SARDの山田真之亮選手(手前右)と、ジェイク・パーソン選手(手前左)。奥のスーツの人物が千葉泰常代表。
Team TAISAN SARDの山田真之亮選手(手前右)と、ジェイク・パーソン選手(手前左)。奥のスーツの人物が千葉泰常代表。
左から、Audi Team Dream Driveの田ヶ原章蔵選手、竹田直人選手、白坂卓也選手。
左から、Audi Team Dream Driveの田ヶ原章蔵選手、竹田直人選手、白坂卓也選手。
左から、バースレーシングプロジェクトの奥村浩一選手兼監督と、秋吉 圭選手、山脇大輔選手。
左から、バースレーシングプロジェクトの奥村浩一選手兼監督と、秋吉 圭選手、山脇大輔選手。

目指すはGT300クラスの王座

今年、アウディのレーシングカー「R8 LMS」でSUPER GTのGT300クラスに参戦するのは2チーム。2012年から同車による参戦を続け、2016年シーズンをチームランキング3位、ドライバーズランキング3位という成績で終えたAudi Team Hitotsuyamaは、岡澤 優監督および今年で6年目となるリチャード・ライアン選手についてはそのままに、新たに柳田真孝選手を起用。チーム代表の一ツ山亮次氏は「今年の抱負はシリーズチャンピオンの獲得のみ」と語った。

一方、R8で参戦して2年目となるTeam TAISAN SARDは、監督が野田英樹氏、ドライバーが山田真之亮選手およびジェイク・パーソン選手と、チーム体制を一新。発表会では千葉泰常代表が「9度目のGT300クラスチャンピオンを目指す」と力強く語った。

新しいレースカーでスーパー耐久参戦をサポート

一方、スーパー耐久で使用される「RS 3 LMS」は、FIA公認のツーリングカー選手権であるTCRシリーズに準拠して開発されたレーシングカーである。これまでは同車で参戦できるカテゴリーは日本にはなかったが、今年スーパー耐久シリーズにTCR車両によって競われるST-Rクラスが新設。RS 3 LMSでの参戦が可能となった。

同車を使用するチームは2つあり、新たに誕生したAudi Team Dream Driveは、監督が澤田栄宏氏、ドライバーが田ヶ原章蔵選手、白坂卓也選手、竹田直人選手、奥村佳之選手という体制でスーパー耐久に挑戦。一方、バースレーシングプロジェクトでは、監督を兼任する奥村浩一選手と、秋吉 圭選手、山脇 大輔選手がドライバーを務める。

(webCG)

→関連記事「『アウディR8スパイダー/TT RSクーペ/RS 3セダン』発表会の会場より

関連キーワード:
モータースポーツアウディSUPER GT 2017自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事