クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)

スポーツカーの領域 2017.05.09 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。

快適で上質なCクラスベース

メルセデス・ベンツのモデル名の整備が進んで、ようやくラインナップがわかりやすくなった。GLCとはすなわち、「GL」(=SUV系モデル)におけるCクラス相当の車格ということになる。これから試乗するのは、GLCに新たに加わった2.2リッターのディーゼルエンジンを積む四駆モデル「メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」。「スポーツ」とはスポーツサスペンションを装備した走り仕様だ。

江夏 豊は登板前夜、初球から最後の打者を打ち取るまでの配球を完璧に組み立ててから寝たという。それにならって、日比谷線に揺られてメルセデス・ベンツの広報車両を受け取りに向かいながら、どんなモデルでどう走るのかをシミュレーションしてみる。

タイミングが合わずに、GLCに乗るのはこれが初めてであるけれど、ベースとなったCクラスには好印象を抱いている。「Sクラス」要らず、とまでは言わないまでも、「これなら無理して『Eクラス』にしなくていいかも」と思わせるほどの快適性と上質さを備えた完成度の高いモデルだ。
そこにSUVのスタイルを与え、トルキーなディーゼルターボエンジンを組み合わせるわけだから、「気は優しくて力持ちなクルマと、トコトコ遠くまで行く試乗」になるという予想が導かれた。

GLCには、今回試乗するSUVと、車高が40mm低くてルーフからリアゲートにかけてをおしゃれにめかし込んだ「クーペ」の2バリエーションがあるが、今回試乗するのはSUV。
キャラクターの違いははっきりしていて、目の前に現れたメルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)はゴツッとした昔ながらのSUVのフォルムで、オジサンとしては安心する。

「メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」のボディーサイズは全長4670×全幅1890×全高1645mm。
「メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」のボディーサイズは全長4670×全幅1890×全高1645mm。拡大
「GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」のリアビュー。
「GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」のリアビュー。拡大
クーペモデルとなる「メルセデス・ベンツGLC220dクーペ 4MATICスポーツ(本革仕様)」。クーペではない今回の試乗車に比べ、全長で65mm、全幅で40mm大きく、全高は40mm低くなっている。
クーペモデルとなる「メルセデス・ベンツGLC220dクーペ 4MATICスポーツ(本革仕様)」。クーペではない今回の試乗車に比べ、全長で65mm、全幅で40mm大きく、全高は40mm低くなっている。拡大
「GLC220d クーペ 4MATICスポーツ(本革仕様)」のリアビュー。なだらかな弧を描くルーフラインが特徴。
「GLC220d クーペ 4MATICスポーツ(本革仕様)」のリアビュー。なだらかな弧を描くルーフラインが特徴。拡大
注目の記事PR
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
注目の記事一覧へ

足まわりは極めてスポーティー

運転席に座ると、Cクラス譲りの上品さと華やかさがバランスしたインテリアが目に入る。これより地味だと退屈だし、これ以上派手にするとお下品になってしまうという、絶妙の落としどころだ。
スターターボタンを押してエンジンスタート。アイドリングから発進して、タイヤが数回転するまではゴロゴロというディーゼルっぽい音と振動が伝わる。けれどもそこから先はスムーズで静か。間違いない、気は優しくて力持ちだ、と思った次の瞬間……、おやっと思う。

駐車スペースから出る瞬間、歩道と道路の小さな段差で、「ビシッ」という角の尖(とが)ったショックが伝わってきたのだ。いや、そんなはずはない、これは何かの間違いだ。気は優しくて力持ちのはずだ。
実際、パワートレインは優しくて力持ち。極低回転域を超えればトゥルルルルと滑らかに回り、走りだした瞬間からブ厚いトルクで押し出してくれる。だから市街地のストップ&ゴーの連続でもストレスを感じない。

しかし、乗り心地は相変わらずパッとしない。タウンスピードではゴツゴツするのにスピードを上げると劇的に改善するという、“ドイツ車あるある”かと思い、首都高速に乗ってみる。
しかし、改善するどころか首都高速の段差を乗り越えるたびに、体の芯に響くような鋭い突き上げが襲ってくる。以前にお寺で座禅を組んだ時に、僧侶から警策(きょうさく)で背中をビシッと打たれた感触を思い出す。警策で背中を打つのは集中力を高めるためだったけれど、GLCからの突き上げは何かの罰ゲームのようだ。いやいや、スポーツサスペンション硬すぎでしょう。

レザーARTICOのダッシュボードやスポーツステアリングを備えた上質感のある「本革仕様」のコックピット。中央には「COMANDシステム」を搭載した8.4インチワイドディスプレイが収まる。
レザーARTICOのダッシュボードやスポーツステアリングを備えた上質感のある「本革仕様」のコックピット。中央には「COMANDシステム」を搭載した8.4インチワイドディスプレイが収まる。拡大
センターコンソールには指でのタッチ操作が可能なCOMANDコントローラーが備わる。
センターコンソールには指でのタッチ操作が可能なCOMANDコントローラーが備わる。拡大
フロントシートには、シートヒーターや電動ランバーサポート機能が備わる。
フロントシートには、シートヒーターや電動ランバーサポート機能が備わる。拡大
後席は4:2:4の分割可倒式。前席だけでなく後席にもシートヒーターが標準で装備される。
後席は4:2:4の分割可倒式。前席だけでなく後席にもシートヒーターが標準で装備される。拡大

安心のオン・ザ・レール感覚

高速道路を降りて、山道に入ってスポーツサスペンションの意味がわかった。ほとんどロールらしいロールを見せずに、くいくい曲がるのだ。ノーズがすぱっと向きを変える感覚は、SUVの範疇(はんちゅう)を超え、乗用車のフェンスも飛び越え、スポーツカーの領域にあるといっても過言ではない。

しかも四駆システムのおかげか、もともとのロードホールディング性能が高いからか、おそらく両方があいまってのことだろうけれど、コーナリングフォームは実に安定している。オン・ザ・レールの感覚だから、安心して走ることができる。

なるほど、と思って、ドライブモードを「コンフォート」から「スポーツ」へ切り替えてみる。
すると、ちょっとダルな反応がSUVっぽいディーゼルでいいな、と思っていたパワートレインが豹変(ひょうへん)した。アクセルペダルの微妙な踏み加減にすかさず反応するのだ。気は優しくて力持ちというより、かなり気の強い力持ちに変身した。

それにしても、ちょこっとペースを上げてメルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)で山道を走るのは不思議な感覚だ。
目線の高いSUVのはずなのに、ステアリングホイールの操作にシャープに反応して向きを変え、豪快なパワーが後ろから押し寄せてコーナーの出口から追い出してくれる。しかもオン・ザ・レールの感覚。

これはどこかで感じたことがある、と最近はモノ忘れがひどくなった記憶を掘り返してみると、意外と簡単に見つかった。これは「ポルシェ・カイエン」で感じたフィーリングと似ている。
SUVを「ジープ/ゲレンデ」系と「カイエン/Fペース」系と「レンジ/エスカレード」系の3つに大別すれば、GLC(のスポーツ)は明らかにカイエン系だ。

「GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」にはスポーツサスペンションが標準で装着される。
「GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」にはスポーツサスペンションが標準で装着される。拡大
最高出力170ps、最大トルク400Nmを発生する2.2リッター直4ディーゼルターボエンジン。トルコン式の9段AT「9Gトロニック」が組み合わされる。
最高出力170ps、最大トルク400Nmを発生する2.2リッター直4ディーゼルターボエンジン。トルコン式の9段AT「9Gトロニック」が組み合わされる。拡大
シンプルなデザインの2眼式メーター。中央にはマルチファンクションディスプレイが備わる。
シンプルなデザインの2眼式メーター。中央にはマルチファンクションディスプレイが備わる。拡大

スポーティーカーの新たなジャンルか

使ってみれば、スポーツカーであるけれど、後席の頭上空間に余裕がある感じや、スクエアな形状で高さのある荷物も積みやすいラゲッジスペースの使い勝手はあくまでSUV。
車両本体価格だけで745万円という値段を見て、そんなにするのかと驚いたけれど、Cクラスの「ステーションワゴン」と同じエンジンを積んだ「本革仕様」も673万円。4MATICがトッピングされていることを思えば、お買い得かどうかは別として妥当だろう。

帰路は、「これはカイエンと同じジャンルのクルマなんだ」と言い聞かせながら走ったので、乗り心地は気にならない。昔、この手のクルマが増えてきたころに「SUVとはスポーツ・ユーティリティー・ビークルの略で、スキーやサーフィンなどのアクティビティーに用いるクルマ」という説明を受けたけれど、これはさながらSSV(スポーツ走行ビークル)だ。

「スポーツ」モードに入れたまま、9ATはスムーズさを失わずに、切れ味だけ増して俊敏にキックダウン、高回転をキープする。
カイエンや「マカン」の時は「これはポルシェだから特別」と思ったけれど、こうやって走っていると、「SUVは長距離をトコトコ行くのに向いた、気は優しくて力持ち」というのが古い常識だとしみじみしてくる。

メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)は、思い描いていたのとまるで違うSUVで、背が高くてディーゼルを積むスポーティーカーというジャンルがあることを教えてくれた。
「発見を妨げるのは無知ではなく半端な知識」とは、だれの言葉かは忘れたけれどよく言ったものだ。

(文=サトータケシ/写真=池之平昌信/編集=大久保史子)

「メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」のJC08モード燃費は16.2km/リッター。
「メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)」のJC08モード燃費は16.2km/リッター。拡大
今回の試乗車には販売店オプションとなるランニングボードが装着されていた。
今回の試乗車には販売店オプションとなるランニングボードが装着されていた。拡大
荷室容量は定員乗車時で550リッターを確保、後席をすべて倒せば1600リッターまで広がる。試乗車には販売店オプションとなるラゲッジルーム用フルトレイが備わっていた。
荷室容量は定員乗車時で550リッターを確保、後席をすべて倒せば1600リッターまで広がる。試乗車には販売店オプションとなるラゲッジルーム用フルトレイが備わっていた。拡大
タイヤサイズは235/55R19。ピレリの「スコルピオン ヴェルデ」が装着されていた。
タイヤサイズは235/55R19。ピレリの「スコルピオン ヴェルデ」が装着されていた。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツGLC220d 4MATIC スポーツ(本革仕様)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4660×1890×1645mm
ホイールベース:2875mm
車重:1970kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:9AT
最高出力:170ps(125kW)/3000-4200rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1400-2800rpm
タイヤ:(前)235/55R19 101Y/(後)235/55R19 101Y(ピレリ・スコルピオン ヴェルデ)
燃費:16.2km/リッター(JC08モード)
価格:745万円/テスト車:820万0640円
オプション装備:メタリックペイント<セレナイトグレー>(8万8000円 ※以下、販売店オプション ランニングボード(12万円)/ブラックドアミラーカバー(3万0240円)/AMGフロアマットプレミアム(9万円)/LEDロゴプロジェクター(3万円)/リアエンターテインメントシステム(27万円)/ラゲッジルーム用フルトレイ<ローエッジ>(1万6200円)/ソニックデザインサウンドスウィート(6万3000円)/ベーシックキャリア(4万3200円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:1753km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:390.4km
使用燃料:26.7リッター(軽油)
参考燃費:14.6km/リッター(満タン法)/15.6km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツGLC220d 4MATIC スポーツ(本革仕様)
メルセデス・ベンツGLC220d 4MATIC スポーツ(本革仕様)拡大
 
メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
GLCGLCクーペメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事