第420回:キーワードは“電化”と“自動運転”
「Honda Meeting 2017」でホンダの最新技術に触れた(前編)

2017.06.14 エディターから一言
今回のイベントで最初に試乗した「クラリティ」シリーズの3台。既出の燃料電池車に加え、同じ車台をベースとしたPHEVとEVが追加投入される。
今回のイベントで最初に試乗した「クラリティ」シリーズの3台。既出の燃料電池車に加え、同じ車台をベースとしたPHEVとEVが追加投入される。

ホンダが開催する、現在開発中の次世代技術を、見て、乗って、知ることができる恒例のイベント「Honda Meeting(ホンダミーティング)2017」を取材。その会場から、ホンダが思い描くモビリティーの未来を示す、新技術の数々を紹介する。

今回のイベントでは、地域ごとに投入されるドメスティックなモデルとグローバルモデルの双方を生かすという、ホンダの世界戦略についても語られた。写真は手前から、南米市場に投入される小型SUV「WR-V」と、中国向けの「アヴァンシア」、北米などで展開しているプレミアムブランド、アキュラの「MDX」。
今回のイベントでは、地域ごとに投入されるドメスティックなモデルとグローバルモデルの双方を生かすという、ホンダの世界戦略についても語られた。写真は手前から、南米市場に投入される小型SUV「WR-V」と、中国向けの「アヴァンシア」、北米などで展開しているプレミアムブランド、アキュラの「MDX」。
電動パワートレインの戦略に関する技術説明の様子。ホンダでは電動車開発の専任組織である「EV開発室」を創設。研究開発を加速させているという。
電動パワートレインの戦略に関する技術説明の様子。ホンダでは電動車開発の専任組織である「EV開発室」を創設。研究開発を加速させているという。
電動パワートレインを搭載した「クラリティ」シリーズの試乗エリア。加速性能や高速走行時の騒音などを確かめることができた。
電動パワートレインを搭載した「クラリティ」シリーズの試乗エリア。加速性能や高速走行時の騒音などを確かめることができた。
2016年3月に発表された燃料電池車「クラリティ フューエルセル」。燃料電池ユニットと水素タンクを搭載しながら、5人乗車が可能な車内空間を実現している。
2016年3月に発表された燃料電池車「クラリティ フューエルセル」。燃料電池ユニットと水素タンクを搭載しながら、5人乗車が可能な車内空間を実現している。

内燃機関の展示は一切なし

ホンダは2017年6月、開発中の次世代技術を報道関係者向けに公開するイベント、ホンダミーティング2017を同社の栃木研究所で開催した。燃料電池車(FCV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(EV)を同じプラットフォームで実現した「クラリティ」シリーズや、2020年に実用化が予定される自動運転技術を搭載した実験車両などが公開された。

今回のホンダミーティングで驚いたのは、内燃機関系のパワートレインにまつわる新技術の発表がなかったことだ。前回は排気量1リッター直列3気筒の直噴ターボエンジンや、10段の新型自動変速機(AT)など、新世代のパワートレインについても紹介があったのだが、今回の発表ではそれがなかったのが意外だった。

それではどのような技術が発表されたのかといえば、その内容は大きく分けて2つあった。ひとつは電動化技術への取り組み、もうひとつが、自動運転技術に代表される「安全・安心」への取り組みである。

まず電動化技術関連では、ひとつのプラットフォームでFCV、PHEV、EVの3種類のパワートレインの搭載を可能にしたクラリティシリーズを試乗することができた。最初に乗ったのはクラリティのFCVである。アクセルを踏み込んだ時の加速感は、まさに電動車両そのもので、出力177ps(130kW)のモーターの発生する強力な低速トルクによって、1890kgという重い車体を強力に加速させる。乗り心地は良好で、欧州高級セダンのような硬質の乗り味ではなく、かなりソフトなセッティングといえる。加速時にはモーター騒音のほかに、エンジンルームからはわずかにヒューンという、燃料電池に空気を送り込むためのコンプレッサー騒音が聞こえるが、絶対的な騒音レベルは低く、大げさにいえば「異次元の加速」が得られる。

あなたにおすすめの記事
新着記事