メルセデスAMG GTに高性能モデルの「GT R」登場

2017.06.27 自動車ニュース
「メルセデスAMG GT R」
「メルセデスAMG GT R」

メルセデス・ベンツ日本は2017年6月27日、「メルセデスAMG GT R」の販売を開始した。

 
メルセデスAMG GTに高性能モデルの「GT R」登場の画像
 
メルセデスAMG GTに高性能モデルの「GT R」登場の画像
 
メルセデスAMG GTに高性能モデルの「GT R」登場の画像
 
メルセデスAMG GTに高性能モデルの「GT R」登場の画像
 
メルセデスAMG GTに高性能モデルの「GT R」登場の画像
 
メルセデスAMG GTに高性能モデルの「GT R」登場の画像

レーシングカー「AMG GT3」の技術を投入

メルセデスAMG GT Rは、同社のスポーツモデル「メルセデスAMG GT」に追加された、完全受注生産の高性能バージョンである。“Handcrafted by Racers.”というコンセプトのもと、競技車両である「AMG GT3」のノウハウをもって開発されたという。

「M178」型4リッターV8直噴ツインターボエンジンについては、ターボチャージャーの過給圧を1.2バールから1.35バールに高めたほか、エキゾーストポートを最適化するとともに、圧縮比も変更。最高出力は585ps、最大トルクは700Nmと、「AMG GT S」よりそれぞれ75ps、50Nm向上させている。パワートレインについても、7段デュアルクラッチ式ATおよびファイナルギアのギア比を見直すことで、素早いギアチェンジとドライバーのアクセルワークに瞬時に反応するレスポンス、シームレスな加速を追求している。

また、コーナリング性能や高速走行時の安定性を高めるために、リアアクスルにメルセデスAMGとして初めて後輪操舵機構を搭載。トランスアクスル方式でレイアウトされたトランスミッションハウジング内には、電子制御LSDが標準装備される。ブレーキは前が390mm、後ろが360mmのベンチレーテッド式ドリルドディスクで、オプションで軽量かつ耐久性と耐フェード性にも優れる、カーボンセラミックブレーキも用意されている。

このほかにも、カーボンファイバー製のルーフやクロスメンバー、トルクチューブ、鍛造アルミホイール、チタン製リアサイレンサーなどを用いることで、AMG GT S比で15kgの軽量化を実現。ボディー剛性の強化も図っており、ねじり剛性をベースモデルのGTより約7.5%高めている。

ボディー形状にも大きく手を加えており、特に前後のフェンダーについては、トレッドの拡大およびタイヤの大型化に対応するため、前後ともにワイド化。車体の幅はフロントで46mm、リアで57mm拡大している。また、空力パーツでは専用デザインの前後バンパーやディフューザーに加え、ブレードの角度を手作業で調整可能なアジャスタブルリアウイングを採用。高速走行時の空気抵抗低減とダウンフォース向上に起用するフロント周りの可変空力パーツとも相まって、最高速走行時のAMG GT Rの面接触力は、GTに比べて155kg増加しているという。

これらの技術の採用により、AMG GT Rは0-100km/h加速が3.6秒という動力性能を実現。同時に「公道走行可能なレーシングモデル」といううたい文句にふさわしい空力性能も備えている。

価格は2300万円。

(webCG)

→「メルセデスAMG GT R」のより詳しい画像はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
ホームへ戻る