新型「アウディA8」が“レベル3”を実現!?
自動運転の実用化までに存在する、これだけの課題

2017.09.11 デイリーコラム

業界を騒然とさせたアウディの発表

2017年7月11日、アウディはフルモデルチェンジで第4世代に進化した「A8」を発表しました。アウディのフラッグシップセダンの最新型ですから話題になるのは当然ですが、今回はさらに大きな驚きがありました。それは「2018年以降、“自動運転レベル3”を搭載する」とアナウンスしたのです。これには自動車業界だけでなく、一般メディアも仰天。大きなニュースとして世界中に「自動運転レベル3の実用化」が伝えられたのです。

しかし、いったい自動運転レベル3のなにがそんなにすごいのか? そもそもレベル3とはなんなのか?

まず、自動運転のレベルに関して。
自動運転といっても、その言葉だけでは、どれだけのことができるのかが不明です。アクセルとブレーキだけが自動で操作されるACC(アダプティブクルーズコントロール)も、自動といえば自動です。逆に、車両側がすべての操作を行う、無人でも走れてしまうクルマも自動運転です。ACCと無人走行車では、技術レベルは大きく異なりますよね。それを一緒くたに「自動運転」とくくるわけにはいきません。

そこでレベル分けをしようという話が出てきました。もちろん、今はグローバル化されていますから、国ごとにバラバラなことを言っていては困ります。そのため、現状ではアメリカの自動車技術者協議会(SAE)が定義したレベル分けがグローバルスタンダードとなっています。

レベル3相当の自動運転技術の導入が予定されている、新型「アウディA8」。
レベル3相当の自動運転技術の導入が予定されている、新型「アウディA8」。
あなたにおすすめの記事
新着記事