時代の変化にどう向き合うか?
第45回東京モーターショーを振り返る

2017.11.07 デイリーコラム

世界のトレンドに対する、日本メーカーの回答は?

今回の東京モーターショーは面白かった。
プレスデーの2日間と、ガイドツアーのガイドとして3日間。合計5日間をかけて会場を巡った正直な感想だ。ちなみに5日間の総歩行距離は63.9kmにも及んでいる。

面白かった理由。それは変化のただ中にいるからだろう。思い返せば、ほんの2年前までは、どこのショーに行っても話題はSUVばかり。最新技術というよりも、中国市場攻略の話ばかりが聞こえた。ところが、ドイツメーカーにおける排出ガス不正発覚や、中国政府によるEV(電気自動車)強化、自動運転技術の進化などにより状況が一変。「電動化」「知能化」「コネクテッド」さらに「EVシフト」という、大きなトレンドが登場したのだ。

また、つい先日に開催されたフランクフルトショーでは、プジョーや日産が不参加。すでにデトロイトや東京モーターショーで進んでいる、ショーのドメスティック化の影がフランクフルトにも見えるようになった。もしかすると、来年のパリショーにもその影響が及ぶのか? どのようになるにしろ、これからのモーターショーはかつて「5大ショー」と呼ばれていたころのようなものではなく、新しい意味合いを持つことになるはず。現在は、その模索の時期といえるだろう。

そうしたテーマや変化に対して、日本の自動車業界はどのように応えたのか?

日産と三菱、ホンダは、トレンドのど真ん中をゆく展示を見せてくれた。またトヨタは、トレンドを押さえつつもFCV(燃料電池車)やGRブランドなどといった、昨今の取り組みも紹介。独自路線のアピールにも抜かりなかった。これに対して、マツダとスバルは次世代のデザインコンセプトを、スズキは新春初売りを意識した新型モデルを出品。ダイハツはデザインコンセプトに加え、アセアンで発表したMPVを持ち込んでみせた。世界を相手に商売する大手はトレンドを押さえ、中小は自らの得意分野で勝負する。そんなスタンスが見えただけでも、今回の東京モーターショーは面白かったのだ。

第45回東京モーターショーにおける、トヨタのブースの様子。
第45回東京モーターショーにおける、トヨタのブースの様子。拡大
ダイハツのブースに展示されていた「DNマルチシックス」。インドネシアのモーターショーで世界初公開された、コンパクトミニバンのコンセプトモデルだ。
ダイハツのブースに展示されていた「DNマルチシックス」。インドネシアのモーターショーで世界初公開された、コンパクトミニバンのコンセプトモデルだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事