第175回:クルマだけでは実現できない? 
ホンダの交通安全への取り組みを知る

2013.04.15 エッセイ

第175回:クルマだけでは実現できない? ホンダの交通安全への取り組みを知る

創業者の掲げた「人命尊重」「積極安全」という言葉を旗印に、「交通事故ゼロ」モビリティー社会の実現に向けてさまざまな取り組みを行うホンダ。2013年3月29日の活動説明会で分かった、同社の幅広い活動をリポートしよう。

安全支援技術に見る次の一手

最近、ホンダが話題づくりに熱心だ。
ついこの間、次期ハイブリッドシステムの技術説明会があったばかりだというのに、わずか2週間のインターバルで、今度は安全に関する取り組みの説明会を開催したのだ。そこでも興味深い話をたくさん聞けたので、今回はその一部を紹介する。

まずは読者のみなさんがもっとも関心を寄せていそうな、ハード面の話から。
話題の主役は、事故回避支援システムの「City-Brake Active System」だ。年内に発売される新型「フィット」に搭載予定とのことで、いよいよホンダからも「ぶつからないクルマ」が登場することとなる。
このシステムはセンサーにレーザーレーダーを用いたもので、車両のおよそ15メートル先までを監視。追突の危険を感知したら自動でブレーキがかかり、追突事故を回避、もしくは事故の被害を軽減してくれるというものだ。(詳しくはこちらのニュースをどうぞ)

ここで「ああ、『ダイハツ・ムーヴ』とか『フォルクスワーゲンup!』とかのアレね」と気付いた方は事情通。最近ではこうしたシステムをユニット単位でサプライヤーが提供しており、システムの普及が急速に進んでいるのだ。
ただ、逆に言ってしまうと、この「City-Brake Active System」の基本は他のクルマで既出のものだとも言える。同じ事故回避支援システムなら、現在開発中という「進化型衝突軽減ブレーキ」の方が、個人的には興味を引かれた。

これは、その名の通り従来の追突軽減ブレーキ(CMBS)を進化させたもので、センサーが前走車だけでなく隣車線の対向車も検知。車線逸脱による正面衝突事故の被害を軽減するというものだ。
具体的なシステム作動の手順を説明すると、まずはセンサーが車両の前方150mほどの距離(相対速度80km/hでおよそ2〜3秒の距離)を監視。自車が車線をはみ出て対向車との衝突の危険性が高まると、フロントウィンドウ上の瞬間発光やステアリングホイールの微振動、ステアリングホイールに伝わる反力の変化などで、ドライバーに危険を知らせる。
ここでドライバーが回避操舵(そうだ)を行った場合、ステアリングのアシスト力を高めて回避操作を支援。最後は衝突の被害を軽減するためのブレーキをかける。

追突事故の回避支援システムについてはもう普及が進んでいるが、車線逸脱による正面衝突に備えたものは聞いたことがない。そのあたりについて伺うと、「確かに車線逸脱による正面衝突事故は、低速走行時の追突事故と比べると発生件数は多くありません。ただ相対速度が高いだけに被害が大きく、死亡事故につながる率が高いんですよ」とシステムの重要性を教えてくれた。

詳しい人ならご存じだろうが、ブレーキを制御して事故被害を軽減する技術は、世界に先駆けて2003年にホンダが実用化したものだ。そんなプリクラッシュブレーキのパイオニアが、今後それをどのように進化させたいと思っているのか。進化型衝突軽減ブレーキの説明からは、その思惑が垣間見えた気がした。

第175回:クルマだけでは実現できない? ホンダならではの交通安全の取り組みを知る
ホンダの交通安全に関する取り組みについて、概要を説明する本田技研工業参事の杉本富史氏。それによると、ホンダの取り組みは「ヒト」(安全教育)と「テクノロジー」(安全技術)と「コミュニケーション」(安全情報)の3つを柱に行われているとのこと。
「エディターから一言」 第175回:クルマだけでは実現できない? ホンダならではの交通安全の取り組みを知る
新型「フィット」に採用予定の「City-Brake Active System」。いわゆる自動ブレーキと誤発進抑制制御からなるこのシステムは、センシングにレーザーレーダーを採用。自転車や人などは認識することができない。
「エディターから一言」 第175回:クルマだけでは実現できない? ホンダならではの交通安全の取り組みを知る
車線からの逸脱による、対向車との正面衝突事故の防止に役立つ「進化型衝突軽減ブレーキ」。より緻密な制御を実現するため、カメラによるレーンキーピングアシスト機能との連動も検討されている。
「エディターから一言」 第175回:クルマだけでは実現できない? ホンダならではの交通安全の取り組みを知る
「エディターから一言」 第175回:クルマだけでは実現できない? ホンダならではの交通安全の取り組みを知る

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ