よりスポーティーな装いの「エリーゼS」登場

2014.06.13 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」
「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」
    拡大

よりスポーティーな装いの「ロータス・エリーゼS」登場

日本におけるロータス車の正規輸入販売を手掛けるエルシーアイは2014年6月13日、「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」の販売を開始した。納車開始は同年9月を予定している。

エリーゼS クラブレーサーは、スーパーチャージャー付きの1.8リッター直4エンジンを搭載した「エリーゼS」をベースに、内外装をよりスポーティーに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは、特別色となる「クロームオレンジ」「トキシックグリーン」「デイトナブルー」「フォーミュラレッド」に、「アスペンホワイト」「カーボングレー」を加えた全6色の設定。ロールフープカバーとリアトランサムパネル、ドアミラーキャップはマットブラックでコーディネートしている。

また、リアバンパー、サイドウイングパネル、ロールフープカバーには、クラブレーサーロゴステッカーを採用。ブラック塗装の軽量アルミホイールや3ピースディフューザーも装備している。

インテリアも専用の仕立てとなっており、スエードパッド付きのボディー同色ProBax軽量コンポジットシートや、ボディー同色のセンターコンソール、「CR」のロゴを刺しゅうしたブラックカーペットマットなどを採用。ステアリングホイールやギアレバーブーツ、ハンドブレーキブーツ、ドアインサートには、いずれもスエードを用いている。

価格は678万8500円。

(webCG)

→「エリーゼS クラブレーサー」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
ホームへ戻る