よりスポーティーな装いの「エリーゼS」登場

2014.06.13 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」
「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」

よりスポーティーな装いの「ロータス・エリーゼS」登場

日本におけるロータス車の正規輸入販売を手掛けるエルシーアイは2014年6月13日、「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」の販売を開始した。納車開始は同年9月を予定している。

エリーゼS クラブレーサーは、スーパーチャージャー付きの1.8リッター直4エンジンを搭載した「エリーゼS」をベースに、内外装をよりスポーティーに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは、特別色となる「クロームオレンジ」「トキシックグリーン」「デイトナブルー」「フォーミュラレッド」に、「アスペンホワイト」「カーボングレー」を加えた全6色の設定。ロールフープカバーとリアトランサムパネル、ドアミラーキャップはマットブラックでコーディネートしている。

また、リアバンパー、サイドウイングパネル、ロールフープカバーには、クラブレーサーロゴステッカーを採用。ブラック塗装の軽量アルミホイールや3ピースディフューザーも装備している。

インテリアも専用の仕立てとなっており、スエードパッド付きのボディー同色ProBax軽量コンポジットシートや、ボディー同色のセンターコンソール、「CR」のロゴを刺しゅうしたブラックカーペットマットなどを採用。ステアリングホイールやギアレバーブーツ、ハンドブレーキブーツ、ドアインサートには、いずれもスエードを用いている。

価格は678万8500円。

(webCG)

→「エリーゼS クラブレーサー」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エリーゼにクラシカルな限定モデル 2015.4.3 自動車ニュース 36台限定、クラシカルなカラーコーディネートの「ロータス・エリーゼ」登場。
ホームへ戻る