マセラティ、100周年記念限定車2モデルを発表

2014.07.22 自動車ニュース
「マセラティ・グランカブリオMC センテニアル・スペシャル・エディション」
「マセラティ・グランカブリオMC センテニアル・スペシャル・エディション」

マセラティ、100周年記念限定車2モデルを発表

マセラティ ジャパンは2014年7月22日、「グラントゥーリズモMCストラダーレ」と「グランカブリオMC」の特別仕様車「センテニアル・スペシャル・エディション」を発表した。


マセラティ、100周年記念限定車2モデルを発表の画像

マセラティ、100周年記念限定車2モデルを発表の画像

マセラティ、100周年記念限定車2モデルを発表の画像

マセラティ、100周年記念限定車2モデルを発表の画像
「グラントゥーリズモMCストラダーレ センテニアル・スペシャル・エディション」
「グラントゥーリズモMCストラダーレ センテニアル・スペシャル・エディション」

今回の特別仕様車は、伊マセラティの創業100周年を記念したもので、生産期間は2014年7月~2015年中旬まで、日本での販売台数はグラントゥーリズモMCストラダーレが6台、グランカブリオMCが6台の限定となっている。納車開始は2014年10月を予定している。

特徴は内外装の仕様にあり、エクステリアでは新チャコール・フィニッシュ20インチMCデザイン・ホイールとマット・スモーク・フィニッシュ20インチ・トロフェオ・デザインホイールを用意。前者にはホワイト、ブルー、レッドのいずれかのアクセントをあしらっている。

外装色は全7色で、現在導入している4色「ビアンコ・バードケージ」「ネロ・カーボニオ」「グリジオ・グラニート」「ビアンコ・エルドラド」に加え、3層構造の塗装で仕上げた新色3色「ロッソ・マグマ」「ブルー・インキオストロ」「グリジオ・ピエトラ」を設定している。

一方インテリアに関しては、ボディーカラーに合わせて専用の内装色や素材を用意。外装色がロッソ・マグマの場合はブラックレザーにロッソ(赤)ストライプ、ブルー・インキオストロの場合は、ビアンコ(白)レザーにブルーのストライプの組み合わせとなる。また、シートはヘッドレスト一体型で、レッド、ホワイト、ブルーのいずれかのアクセントカラーを用いたインサートを施している。

このほかにも、ストライプ入りのレザーステアリングやカーボンの加飾パネル、センテニアル・ロゴ入りカーボン・サイドシルなどを装備する。

価格はグラントゥーリズモMCストラダーレ センテニアル・スペシャル・エディションが2347万円、グランカブリオMC センテニアル・スペシャル・エディションが2424万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
グラントゥーリズモグランカブリオマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • マセラティが「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」をマイナーチェンジ 2017.10.13 自動車ニュース マセラティが「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」をマイナーチェンジ。内外装や装備のアップデートが図られた新型が、成田国際空港貨物ターミナルで日本初公開された。イベントの様子とともに、車両の概要を解説する。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.3 試乗記
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(マセラティ) 2017.9.15 画像・写真