トヨタ・カムリがデザイン一新 安全装備も強化

2014.09.09 自動車ニュース
「トヨタ・カムリ ハイブリッド “レザーパッケージ”」
「トヨタ・カムリ ハイブリッド “レザーパッケージ”」

「トヨタ・カムリ」がデザイン一新 安全装備も強化

トヨタ自動車は2014年9月9日、ミドルサイズセダン「カムリ」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”」
「カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”」

トヨタ・カムリがデザイン一新 安全装備も強化の画像

■よりワイド&ローな外観デザインに

今回のマイナーチェンジは、内外装デザインの変更や、装備の強化などが主な内容となっている。

デザインについては、エクステリアではヘッドランプやリアコンビネーションランプ、前後バンパー、ラジエーターグリル、リアガーニッシュなどを変更。よりワイド感や踏ん張り感を強調する意匠としたほか、新たにLEDクリアランスランプを採用した。

一方インテリアでは、質感を高めるために内装材を変更したほか、新意匠の3スポークステアリングホイールや、4.2インチTFTカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用。センタークラスターに配置されるスイッチの形状、およびヒーターコントロールパネルの液晶表示を変更した。また室内照明については、夜間のスイッチ照明をブルーに変更したほか、新たにフロント足元照明を採用した。

■安全装備とインフォティンメントシステムを強化

装備の強化も図っており、音声対話によってドライブをサポートする「エージェント」機能や、各種アプリケーションソフトを追加できる「Apps(アップス)」などからなる通信サービス「T-Connect」に対応したSDナビゲーションシステムを、「ハイブリッド“レザーパッケージ”」に標準装備、「ハイブリッド“Gパッケージ”」にオプション設定した。

また安全装備については、ミリ波レーダー方式の自動緊急ブレーキシステムや、前走車追従機能付きレーダークルーズコントロール、レーンデパーチャーアラート(車線逸脱警報)、夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」などをセットオプションとして用意。「ハイブリッド“レザーパッケージ”」「ハイブリッド“Gパッケージ”」の2グレードで選択可能となっている。

このほかにも、走りに関する部分では、高速安定性と乗り心地を改善するために足まわりにチューニングを実施。併せてドアの防音材追加やカーペットの改良を行うことで、静粛性を向上させた。また、エントリーグレードの「ハイブリッド」には新たに16インチアルミホイールをオプション設定。同オプション装着車は、燃費性能が23.4km/リッターから25.4km/リッターに向上している(ともにJC08モード)。

ラインナップと価格は以下の通り。
・ハイブリッド:320万7600円
・ハイブリッド“Gパッケージ”:341万3782円
・ハイブリッド“レザーパッケージ”:402万6437円

(webCG)
 

関連キーワード:
カムリトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリ【開発者インタビュー】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されている、トヨタのグローバルセダン「カムリ」。プラットフォームやパワートレインを刷新した最新型にかける思いを、その開発を主導した勝又正人チーフエンジニアに聞いた。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
ホームへ戻る