DTMチャンピオン獲得を記念した「BMW M4クーペ」の限定車が登場

2016.11.14 自動車ニュース
「BMW M4 DTMチャンピオンエディション」
「BMW M4 DTMチャンピオンエディション」

BMWジャパンは2016年11月14日、「BMW M4クーペ」の特別仕様車「DTM Champion Edition(チャンピオンエディション)」を25台の台数限定で発売すると発表。同日、注文受け付けを開始した。価格は2051万円。納車は、2017年4月からを予定している。

ボディーサイドやルーフ、トランクリッドのMストライプとリアウイングが、ただ者ではない印象を与える。
ボディーサイドやルーフ、トランクリッドのMストライプとリアウイングが、ただ者ではない印象を与える。
シートベルトは3点式と、サーキット走行用の6点式を両方備える。
シートベルトは3点式と、サーキット走行用の6点式を両方備える。
「BMW M4 DTMチャンピオンエディション」と、DTMの2016年ドライバーズタイトルを獲得したマルコ・ヴィットマン選手。
「BMW M4 DTMチャンピオンエディション」と、DTMの2016年ドライバーズタイトルを獲得したマルコ・ヴィットマン選手。

今回の特別仕様車は、BMWモータースポーツがBMW M4クーペで参戦するドイツツーリングカー選手権「DTM」で、マルコ・ヴィットマン選手が2014年シーズンに続いて2016年シーズンも年間ドライバーチャンピオンを獲得したことを記念して設定されたモデルである。全世界200台限定のうち、25台が日本市場向けに導入される。

エンジンはM4クーペの3リッター直6ターボをベースに、「M4 GTS」と同様、ウオーターインジェクションシステムを採用。ベースエンジンより69psと5.1kgm強力な最高出力500psと最大トルク61.2kgmを発生する。トランスミッションはツインクラッチ式の7段ATが組み合わされており、0-100km/h加速は3.8秒(ヨーロッパ仕様車値)とアピールされる。

エクステリアはBMWモータースポーツのDTMレースカーの外観をモチーフとして、純白のアルピンホワイトのボディーカラーを採用したほか、ボンネット、ボディーサイド、CFRP(炭素繊維強化樹脂)製ルーフ、トランクリッドにはMストライプのボディーフィルムが施される。また、CFRP製のリアウイング、リアディフューザー、フロントスプリッター、フロントエアロフリックなどにより、効果的なエアロダイナミクスも実現したという。さらにテールランプにはオーガニックLED(OLED)テクノロジーが採用されている。

インテリアでは、運転席と助手席にCFRP製Mバケットシートが採用されるほか、フロントシート後部のロールバーとサーキット走行用の6点式シートベルト(公道では使用不可)も装備するなど、レーシングパフォーマンスを高めた軽量かつスパルタンな室内空間とされている。また、アルカンターラ仕上げのMスポーツステアリングホイールには、“12時”の位置にグレーのマーキングが施される。

足まわりにもチューニングが施されており、ドライビングシチュエーションに応じてダンピング特性を調整できるMコイルオーバーサスペンション、高い耐摩耗性と耐フェード性を持ち合わせたMカーボンセラミックブレーキシステムなどが搭載される。

これらを含む、主な特別装備は以下の通り。

  • ボディーカラー:アルピンホワイト
  • 専用Mストライプボディーフィルム(ボンネット/ボディーサイド/ルーフ/トランクリッド)
  • BMW Individualハイグロスブラックシャドーライン キドニーグリル/サイドギル
  • BMW M Performanceカーボンフロントスプリッター
  • 専用CFRP製フロントエアロフリック
  • 専用Mアロイホイールスタースポーク スタイリング666M(オービットグレーマット塗装)
  • 専用CFRP製 サイドスカートアタッチメント
  • BMW M Performanceカーボンミラーカバー
  • 専用CFRP製リアウイング
  • BMW M Performanceカーボンリアディフューザー
  • 専用チタン製マフラー/テールパイプ
  • 専用オーガニックLED(OLED)テールランプ
  • 専用CFRP製Mバケットシート(レザーメリノ ブラック)
  • 3点式シートベルト(Mストライプ付き)
  • 専用アルカンターラMスポーツステアリングホイール(センターマーク付き)
  • 専用アルカンターラアンソラジットトリム/センターコンソール/ハンドブレーキ
  • 専用アンソラジットドアトリム/ストラップ(Mストライプ付き)
  • クラブスポーツパッケージ(専用ロールバー、 6点式シートベルト<公道では使用不可>)
  • Mカーボンセラミックブレーキシステム
  • 専用Mコイルオーバーサスペンション(車高/減衰速度調整式)
  • 専用ミシュランパイロットスポーツ カップ2タイヤ (フロント265/35 R19、リア285/30 R20)
  • Mドライバースパッケージ(スピードリミッター上限が250km/hから305km/hに変更)
  • BMWコネクテッドドライブプレミアム

(webCG)

関連キーワード:
M4クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る