【LAショー2016】「ウラカン スパイダー」に後輪駆動モデルが登場

2016.11.16 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー」
「ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー」

伊ランボルギーニは2016年11月15日(現地時間)、ロサンゼルスオートショー(開催期間:2016年11月14日~27日)で「ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」を発表した。

 
【LAショー2016】「ウラカン スパイダー」に後輪駆動モデルが登場の画像
 
【LAショー2016】「ウラカン スパイダー」に後輪駆動モデルが登場の画像
 
【LAショー2016】「ウラカン スパイダー」に後輪駆動モデルが登場の画像

ピュアな走りが味わえるオープンモデル

ウラカンにはこれまで4WDのクーペ「LP610-4」、4WDのオープン「LP610-4スパイダー」、後輪駆動のクーペ「LP580-2」がラインナップされてきたが、今回このファミリーに新たに後輪駆動のオープンであるRWDスパイダーが設定された。

他のウラカンと同様に5.2リッターV10自然吸気エンジンを搭載し、パワーとトルクはLP580-2と同じ580psと55.1kgmを発生する。0-100km/hは3.6秒、最高速度は319km/hとアピールされる一方で、1000rpmで最大トルクの75%を発生するよう設計されており、実用性も重視されている。

組み合わされるトランスミッションも他のモデルと同様に7段デュアルクラッチ式ATで、電動パワーステアリングや可変ステアリングギアレシオ機構「ランボルギーニダイナミックステアリング(LDS)」は専用の設定に。また、ブレーキにはアルミのキャリパーが採用され、軽量化だけでなく冷却効果も強化された。

ウラカンRWDスパイダーは、フロント、リアともに新しいデザインが採用されている。フロントにあけられた大きな吸気口は、外観上のアクセントになるだけでなく、冷却性能やフロントアクスルのダウンフォースの向上に一役買っている。一方、リアでは、ルーフを閉じると2枚のフィンが立ち上がる。このフィンは座席背面からルーフへとラインを描くように配置されており、パワフルな外見を強調するとともに、エンジンコンパーメント内の気流の最適化にも寄与している。ソフトトップが開閉に要する時間は17秒。

ドライビングモードを「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」から選択できる「ANIMA」ボタンや、エンジンの低負荷時に10気筒中5気筒が休止する気筒休止機能なども、他のウラカンと同様に備わっている。

価格は未定だが、「二輪駆動クーペ(日本での車両価格は2535万840円)と四輪駆動クーペ(同2970万円)の間」とコメントされており、2017年1月に発売される予定。

(webCG)

関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る