軽量パーツを装備した「ルノー・メガーヌR.S.」の限定車が登場

2017.04.06 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273パックスポール」
「ルノー・メガーヌR.S. 273パックスポール」

ルノー・ジャポンは2017年4月6日、特別仕様車「メガーヌ ルノースポール(R.S.)273パックスポール」を発売した。販売台数は20台限定で、同年4月17日まで同社のウェブサイトにて注文を受け付け、抽選のうえ販売する。

「メガーヌR.S. 273パックスポール」の鍛造ホイール。ノーマルのメガーヌR.S.が装着するものに比べ、1本あたり約3.3kg軽量。


	「メガーヌR.S. 273パックスポール」の鍛造ホイール。ノーマルのメガーヌR.S.が装着するものに比べ、1本あたり約3.3kg軽量。
アクラポヴィッチ製の軽量チタンマフラー。写真は、そのマフラーエンド。(クリックすると「メガーヌR.S. 273パックスポール」のディテールが見られます)
アクラポヴィッチ製の軽量チタンマフラー。写真は、そのマフラーエンド。(クリックすると「メガーヌR.S. 273パックスポール」のディテールが見られます)

今回のメガーヌR.S. 273パックスポールは、「軽量鍛造ホイール、軽量チタンマフラーを装着することにより、走行性能とスピードにいっそうの磨きをかけた」とされる限定車。

その鍛造アロイホイールは、ホイールの設計者として名高いロベルト・マルケジーニ氏が日本のユーザーのためだけにデザインしたもので、ノーマルのメガーヌR.S.に比べて1本あたり約3.3kg軽量化されている。マフラーには、ノーマル比で約4kg軽量なアクラポヴィッチ製のチタンマフラーが採用される。

そのほか、シルバーのサイドデカールや、ルノー・スポールのテストドライバーであるロラン・ウルゴン氏のサインが入ったシリアルナンバープレートも装着される。

価格は419万円。ボディーカラーは「ジョン シリウス メタリック(15万6600円高)」と「ルージュ フラム メタリック」が選べる。

→メガーヌR.S. 273パックスポールのフォトギャラリーはこちら

(webCG)

 

関連キーワード:
メガーヌR.S.ルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記
  • 「DS 3」に“トカゲ革模様”の限定モデルが登場 2017.12.4 自動車ニュース