軽量パーツを装備した「ルノー・メガーヌR.S.」の限定車が登場

2017.04.06 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 273パックスポール」
「ルノー・メガーヌR.S. 273パックスポール」

ルノー・ジャポンは2017年4月6日、特別仕様車「メガーヌ ルノースポール(R.S.)273パックスポール」を発売した。販売台数は20台限定で、同年4月17日まで同社のウェブサイトにて注文を受け付け、抽選のうえ販売する。

「メガーヌR.S. 273パックスポール」の鍛造ホイール。ノーマルのメガーヌR.S.が装着するものに比べ、1本あたり約3.3kg軽量。


	「メガーヌR.S. 273パックスポール」の鍛造ホイール。ノーマルのメガーヌR.S.が装着するものに比べ、1本あたり約3.3kg軽量。
アクラポヴィッチ製の軽量チタンマフラー。写真は、そのマフラーエンド。(クリックすると「メガーヌR.S. 273パックスポール」のディテールが見られます)
アクラポヴィッチ製の軽量チタンマフラー。写真は、そのマフラーエンド。(クリックすると「メガーヌR.S. 273パックスポール」のディテールが見られます)

今回のメガーヌR.S. 273パックスポールは、「軽量鍛造ホイール、軽量チタンマフラーを装着することにより、走行性能とスピードにいっそうの磨きをかけた」とされる限定車。

その鍛造アロイホイールは、ホイールの設計者として名高いロベルト・マルケジーニ氏が日本のユーザーのためだけにデザインしたもので、ノーマルのメガーヌR.S.に比べて1本あたり約3.3kg軽量化されている。マフラーには、ノーマル比で約4kg軽量なアクラポヴィッチ製のチタンマフラーが採用される。

そのほか、シルバーのサイドデカールや、ルノー・スポールのテストドライバーであるロラン・ウルゴン氏のサインが入ったシリアルナンバープレートも装着される。

価格は419万円。ボディーカラーは「ジョン シリウス メタリック(15万6600円高)」と「ルージュ フラム メタリック」が選べる。

→メガーヌR.S. 273パックスポールのフォトギャラリーはこちら

(webCG)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • アルファ・ロメオ、新型「ジュリア」を9月6日に発売 2017.8.10 自動車ニュース FCAジャパンが新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」を9月6日に発売する。ジュリアはアルファ・ロメオにとって久々のFRのスポーツセダンで、2015年6月にイタリアで発表されている。
ホームへ戻る