第452回:今だからこそ語りたい!
現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力

2017.10.21 エディターから一言
「JB23型」こと現行型「スズキ・ジムニー」の雄姿。
「JB23型」こと現行型「スズキ・ジムニー」の雄姿。拡大

前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーにやどる、普遍の魅力について考えてみた。

現行型「ジムニー」のデビューは1998年10月のこと。今年でデビュー20年目のご長寿モデルだ。
現行型「ジムニー」のデビューは1998年10月のこと。今年でデビュー20年目のご長寿モデルだ。拡大
特別仕様車「ランドベンチャー」のインテリア。使い勝手は申し分ないが、その狭さと仕立てのクオリティーに時代を感じる……。
特別仕様車「ランドベンチャー」のインテリア。使い勝手は申し分ないが、その狭さと仕立てのクオリティーに時代を感じる……。拡大
サスペンション形式はコイルスプリングを使った前後リジッド式。今や「本格クロカン」をうたう車種でも、この形式を守るモデルは減ったものである。
サスペンション形式はコイルスプリングを使った前後リジッド式。今や「本格クロカン」をうたう車種でも、この形式を守るモデルは減ったものである。拡大
駆動システムは古式ゆかしいパートタイム4WD。ボディーの下に堂々とぶらさがる“デフ球”が勇ましい。
駆動システムは古式ゆかしいパートタイム4WD。ボディーの下に堂々とぶらさがる“デフ球”が勇ましい。拡大
「ジムニー」の“今どきポイント”その1。エアロッキングハブを採用しているので、昔のように4WD選択時に手動でホイールハブをロックする儀式は必要はなくなった。
「ジムニー」の“今どきポイント”その1。エアロッキングハブを採用しているので、昔のように4WD選択時に手動でホイールハブをロックする儀式は必要はなくなった。拡大

愛されて20年

かねてよりウワサされまくっては消えていったジムニーのフルモデルチェンジ。それがいよいよ具体的なカタチとなって現れ始めたのはこの夏のことだ。山岳路で撮られた全身QRコードのような柄でラッピングされたテストカーは、スズキヨーロッパの拠点があるフランクフルト南部の地域のナンバーを下げており……と、詳細をネチネチ追うまでもなく、ドライバーと車格の関係から一目瞭然、ジムニー的なものということは伝わってくる。

とはいえ、ラッピングの効果でつぶされたテクスチャーはよくわからない。が、それにしてもなんか四角感がハンパないなぁ……と、そんな印象だったところに追い打ちをかけたのが、フルヌードの写真流出だ。それはどうやらカンファレンスの会場か何かで映されたプロジェクター画像を隠し撮りしたようなもので、写り込んだ椅子の背もたれらしきものが漏えい風情を一層高めていた。そう、ちょっと出来過ぎじゃね? と邪推してしまうほどに。

そこでピン甘ながらも暴露されたジムニーとおぼしき画像に盛り上がったのは僕だけではない。日経が、ヤフーのトップのニューストピックスが「ジムニー20年ぶり刷新」と報じることとなった。少なくとも新聞系がネットのスクープ情報をネタ元に記事を書くことはない……とすれば、それはスズキ側とのコンタクトの末、裏が取れたということだろう。

というわけで、ほぼ新型ジムニーと断定できそうなフルヌード写真や擬装済みのテストカーからは、さまざまなことがみてとれる。前後のデフ玉も確認できることから、四輪コイルリジッドが受け継がれることはほぼ確実。中には「現行型とアームの取り付け点がほとんど変わらないようにみえる」と指摘する人もいた。流出した写真はワイドボディー、日本で言うところの「シエラ」相当だが、画像修正ソフトでオーバーフェンダー部を取り除き、すぐさまナローボディーのアガリ予想を披露してくれる人もいた。

ジムニー、こんなに愛されていたのか……。
クルマ好きならずとも、多くの人々の心の片隅にこのクルマのことを想う気持ちがある。スズキにとってそれはお金で買うことのできない、かけがえのない財産だ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
ホームへ戻る