The World of Ultimate SUV

メニューを表示

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

INTERVIEW

詩歩が語るレンジローバーの魅力
レンジローバーなら、行ける

地下の巨大空間へ

「座ると目線が高いんですね! すごく見晴らしがいいので、景色を眺めるには最高のポジションです。シートの革が柔らかくて気持ちいいからくつろいでしまいますね」

レンジローバーは全高1865mmの堂々たるボディー。グラスエリアが広いから、ドライバーはもちろん、後席にいてもまわりがよく見える。試乗車は「オートバイオグラフィー」というグレードで、最上級のセミアニリンレザーをシートやダッシュボード、ヘッドライニングなどに惜しみなく使用。伝統を感じさせるウッドパネル、クールなアルミニウム素材のパーツと組み合わせることによって、洗練された上質な室内空間を作り上げている。

しなやかなで自然な風合いに仕立てられたセミアニリンレザーシート。「オートバイオグラフィー」のフロントシートは、22wayの調整が可能。

高速道路に入ってしばらくは交通量が多くて流れが悪かったが、東京都を離れたあたりから前が開けてきた。レンジローバーが実力を発揮するステージである。

「すごい勢いで走るんですね! なんか、とっても気持ちがいい。こんなビッグサイズのクルマとは思えない加速です。でも、スピードを出しても安心感があってゆったりとした気分でいられます」

5リッターV8スーパーチャージドエンジンは、最高出力510ps、最大トルク680Nm。0-100km/h加速を5.4秒でこなす強力なパワーユニットなのだ。しかも、ボディーはアルミニウム製の軽量モノコック。レンジローバーは世界で初めてオールアルミニウムモノコックを採用したSUVで、軽くても強靱な構造を持っている。だから、オフロードでの力強さとオンロードでの快適さを両立させることができるのだ。

レザーに伝統を感じさせるウッドパネルや、クールなアルミニウムパーツを組み合わせることにより、洗練された上質な室内空間を作り上げている。

高速道路を降りて15分ほど走ると、道の両側にはそそり立つ大きな岩が見えてきた。目的地は大谷資料館。大谷石の地下採掘場跡の巨大な空間を利用したミュージアムである。

「昔から石材として利用されてきた大谷石は、ここから掘り出されたんです。坑内の深さは平均30メートルで広さは2万平方メートルといいますから、スケールが大きいですよね。神殿みたいな荘厳さがあります。ほら、地下にだって絶景はあるんですよ」

蒸し暑い外とは別世界で、気温は10度前後。上着を羽織っても肌寒いほどだ。垂直に切り立った岩肌には加工跡が残り、年輪を感じさせる。大自然の上に人間の手が加えられているから、2つの顔を楽しめる複合型絶景なのだ。

地下採掘場跡の広さは2万平方メートル、深さは平均30メートルあり、最深部は地下60メートルにもおよぶ。
しなやかなで自然な風合いに仕立てられたセミアニリンレザーシート。「オートバイオグラフィー」のフロントシートは、22wayの調整が可能。
レザーに伝統を感じさせるウッドパネルや、クールなアルミニウムパーツを組み合わせることにより、洗練された上質な室内空間を作り上げている。
地下採掘場跡の広さは2万平方メートル、深さは平均30メートルあり、最深部は地下60メートルにもおよぶ。

DEALER INFORMATION

キャンペーンやイベント
スペシャルファイナンスについてはこちら

レンジローバー最新モデルの
詳しい情報を紹介