第359回:【Movie】気分はヒッピー!? イタリア版フォルクスワーゲンミーティングの「ピース」な世界

2014.08.08 エッセイ

■歴史あるカーミーティング

フォルクスワーゲン(VW)ファンのための夏祭り「インターナショナル・フォクスワーゲン・ミーティング」が、イタリア中部トスカーナ州スタッジャ・セネーゼで、2014年7月11日から13日にわたって開催された。

このイベントは「マッジョリーノ(イタリア語で昆虫のコフキコガネ。「VWビートル」の愛称)クラブイタリア」が毎年開催しているものだ。
「なぜイタリアでフォルクスワーゲン?」という疑問については、カミッロ・クローチ会長による動画内の解説をご覧いただこう。

3日間に集結した「ビートル」「タイプ2」をはじめとするVW&派生車種は約150台。他国の巨大VWイベントと比較すると、ややコンパクトである。
しかし会場にあふれるムードは、限りなくピースフル、つまり平和だ。オリジナル派も、チューニング派も、オーディオ武装派も、そして特設キャンプサイトで盛り上がるヒッピー人生憧れ派も、趣味趣向の違うクルマをお互い鑑賞し、相手の熱いVW談義に耳を傾ける。
傍らで、VWの故郷ヴォルフスブルクからはるばるやってきた姉妹クラブを温かく歓迎する。なにより驚くのは、来場者たちの多くが、オーガナイザーや名物エントラントたちの名前を知っていて、もちろんファーストネームで呼んでいることだ。そして彼らの情熱は少し前、「ビートル」と名のつく遊歩道さえ実現してしまっていた……。

こうしたムードの中に身を置くと、例年開催のVW祭としてイタリアでは最も長い歴史を刻み、欧州レベルでも長寿イベントのひとつとなった理由がわかってくる。カーミーティングを評価する物差しは規模ではない。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

【Movie】インターナショナルVWミーティング(前編)
なぜイタリアでフォルクスワーゲンなのか?
マッジョリーノ・クラブ・イタリアのカミッロ・クローチ会長に聞いた。

【Movie】インターナショナルVWミーティング(後編)
会場の脇には「ビートルの小径」と名の付く遊歩道が? マッジョリーノ・クラブ・イタリアのジョヴァンニ名誉会長にその理由を聞いた。そして、アルベルト・フィニスタウリ副会長がビートルへの熱い思いを語る!

(撮影・編集=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング2014」の会場から。ヴォルフスブルクの友好クラブのほか、スイスやドイツやオーストリアからも国境を越えてファンが参集した。
「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング2014」の会場から。ヴォルフスブルクの友好クラブのほか、スイスやドイツやオーストリアからも国境を越えてファンが参集した。
パートナーと息のあったほろの開閉ぶりは、傍観していてもほほ笑ましい。
パートナーと息のあったほろの開閉ぶりは、傍観していてもほほ笑ましい。
愛好会「ラ・ファルマチア・デイ・マッジョリーニ」の陽気なメンバーたち。
愛好会「ラ・ファルマチア・デイ・マッジョリーニ」の陽気なメンバーたち。
新車時からと思われる古いフィレンツェナンバーをもつ1963年「ビートル」が行く。後方にはドイツ・ヴォルクスブルクから駆けつけたビートルたちが。
新車時からと思われる古いフィレンツェナンバーをもつ1963年「ビートル」が行く。後方にはドイツ・ヴォルクスブルクから駆けつけたビートルたちが。
オリジナルの「101匹わんちゃん」仕様。
オリジナルの「101匹わんちゃん」仕様。
ここは正式に「ビートルの小径」。
ここは正式に「ビートルの小径」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る