クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・ジェイド ハイブリッドX(FF/7AT)

ドライバーズ・ミニバン 2015.03.02 試乗記 ホンダが提案する、個性派の6シーター「ジェイド ハイブリッド」に試乗。実際に乗ってみたらどうだった? その走りや、使い勝手を報告する。

昔の名前で出ています

シュッとしたホンダの新型ミニバンが、ジェイドである。SUVの「ヴェゼル」と同じ1.5リッターハイブリッドを搭載する。

3列シート6人乗りだから、ミニバンと言って間違いないだろうが、売りのひとつは立体駐車場に入る1530mmの低全高だ。いずれもヒット作だった先代「オデッセイ」や「ストリーム」よりも1cm低い。全幅は1775mmとたっぷり広いから、ワイド&ローのプロポーションが際立つ。斜め前の至近距離から見ると、以前、イギリスからお取り寄せしていた「シビック タイプR ユーロ」のミニバンモデルのようにも見える。

ジェイドはいち早く中国でデビューし、2013年夏から東風ホンダ製の現地生産モデルが販売されている。月に8000台売れているというから、やはり中国市場はデカイ。エンジンは1.8リッター4気筒で、2列シートの5人乗りもある。というか、売れるのはもっぱらそちらで、ミニバンとはみなされていないらしい。考えてみれば、一人っ子政策の国である。

昔からホンダは車名の“物持ち”がいい。ジェイドもかつてオートバイに使っていた名前だ。jadeとは「翡翠(ヒスイ)」の意。ヒスイといえば、原石も加工品も古くから中国の特産品である。この車名を引き出しからピックアップしてきたのには、そんな背景もあるのかもしれない。

多人数乗用車としては珍しく、背の低い「ジェイド」。全高が1530mmに抑えられているため、多くの立体駐車場に対応できる。
多人数乗用車としては珍しく、背の低い「ジェイド」。全高が1530mmに抑えられているため、多くの立体駐車場に対応できる。
    拡大
テスト車のインテリアカラーは、アイボリー。このほか、ブラック基調の室内色も用意されている。
テスト車のインテリアカラーは、アイボリー。このほか、ブラック基調の室内色も用意されている。
    拡大
天地に薄く、左右にワイドな液晶メーター。ドライバーは、ステアリングホイールのリムより上に視認することになる。
天地に薄く、左右にワイドな液晶メーター。ドライバーは、ステアリングホイールのリムより上に視認することになる。
    拡大

「ジェイド」は、日本国内に先駆けて中国で生産・販売されている。かの地ではガソリンエンジン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様がラインナップされるものの、販売の9割は5人乗り仕様だという。


    「ジェイド」は、日本国内に先駆けて中国で生産・販売されている。かの地ではガソリンエンジン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様がラインナップされるものの、販売の9割は5人乗り仕様だという。
    拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

3列それぞれに個性

運転席に座ると、ジェイドの居住まいはなかなか新鮮だ。ドライビングポジションは「アコード ハイブリッド」とほぼ同じ。つまり、“セダン並み”ということだが、開放的な視界はやはりミニバンだ。たしかにルーフは低く、フロントウィンドウやピラーの寝かたはセダンを通り越してクーペを思わせる。だが、窮屈感はない。前席のウエストラインをえぐるように下げて、サイドウィンドウの天地を大きくとったのが効いている。

シート配列は2+2+2で、2列目は左右独立のキャプテンシートである。固定式肘掛けを持つ2席は、それぞれ20度の角度が付けられたV字型のレールで配置され、後ろにスライドするにつれて、近づいてゆく。後輪のホイールハウスを避けるための苦肉の策なのだが、ちょっと外側に向いて座っている感じはワルくない。17cm前後スライドするイスを一番後ろに下げれば、脚が組める。前席までの距離は、そうとう広いアコード ハイブリッドの後席よりさらに65mm広いという。

一方、格納式のサードシートは、プラス2か子ども用と考えたほうがいい。クッション座面と床との標高差が小さく、大人だと体育座りをしいられるし、2列目シートを一番前に出してもらっても、足や膝まわりのスペースは狭い。体育座りスタイルから下車するのもけっこうホネである。ボディー全長が4650mmあっても、フロントウィンドウを寝かせたスタイリッシュミニバンなのだから、スペース効率は二の次だ。2列目のキャプテンシートを特等席とするぜいたくな4シーターとして使うのが理想だと思う。

左右への広がり感が強調される、インストゥルメントパネル。ユーカリを模した木目調加飾が明るい室内を演出する。
左右への広がり感が強調される、インストゥルメントパネル。ユーカリを模した木目調加飾が明るい室内を演出する。
    拡大
「ジェイド」の目玉となる2列目「Vスライドキャプテンシート」。リアのホイールハウスを避けつつシートを後退させることで、通常よりも10cm以上多いスライド量を稼ぎ出した。(写真をクリックするとシートの動きが見られます)
「ジェイド」の目玉となる2列目「Vスライドキャプテンシート」。リアのホイールハウスを避けつつシートを後退させることで、通常よりも10cm以上多いスライド量を稼ぎ出した。(写真をクリックするとシートの動きが見られます)
    拡大
2列目を前転させて、3列目に乗り込む。その頭上はガラスルーフになっており、最も奥まった座席に開放感を与える。
2列目を前転させて、3列目に乗り込む。その頭上はガラスルーフになっており、最も奥まった座席に開放感を与える。
    拡大

ホンダ・ジェイド ハイブリッドX(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

低さが生きるハンドリング

ヴェゼル譲りのパワーユニットは、直噴1.5リッター4バルブDOHCに、モーター内蔵の7段デュアルクラッチ変速機を組み合わせたもの。排気量は同じでも、ポート噴射でアトキンソンサイクルの「フィット」用よりはスポーティーなハイブリッドユニットである。

とはいえ、1530kgの車重はヴェゼルより250kg重い。しかし、乗るとそんなハンディは感じさせなかった。走りだしから軽快で、踏み込めばけっこうパワフルだ。純粋ガソリンエンジンの同級ミニバンと比べてもトップクラスの加速性能を持たせたという説明にも納得がいった。

試乗車のハイブリッドXでJC08モード値は24.2km/リッター。ヴェゼルのハイブリッドXは26.0km/リッターだから、落ち込みは7%ほど。車重はヴェゼルの20%増しなのに不思議だが、今回、実走燃費は測れなかった。

軽快な走りの印象は、低床フロアのシャシーも貢献大である。リアサスペンションに新しいダブルウィッシュボーン式を採用したのも低床化のためだが、そうしたかいあって、ミニバンを運転しているとは思えない低重心感覚がある。低床フロア実現のために、リチウムイオンバッテリーはセンターコンソール部分に立てて置かれることになったが、重量物をホイールベースの中央付近にミドシップすることで操縦性にはメリットがあるとホンダは言っている。
ただし、乗り心地のフトコロは深くない。平滑な路面では吸い付くように滑らかだが、荒れた舗装路や高速道路の継ぎ目では、予想以上に大きめのショックが出がちだ。乗り心地より操縦性のミニバンである。

ハイブリッドのパワーユニットは、SUV「ヴェゼル」と同じものが採用されている。ただし、出力特性の違いにより、アウトプットはわずかに異なる。
ハイブリッドのパワーユニットは、SUV「ヴェゼル」と同じものが採用されている。ただし、出力特性の違いにより、アウトプットはわずかに異なる。
    拡大
トランスミッションは、前がマクファーソンストラット式で、後ろがダブルウィッシュボーン式。
トランスミッションは、前がマクファーソンストラット式で、後ろがダブルウィッシュボーン式。
    拡大
1列目の様子。助手席と運転席の間に見える、やや高めのセンターコンソール内に、リチウムイオンバッテリーやパワードライブユニットがおさまる。
1列目の様子。助手席と運転席の間に見える、やや高めのセンターコンソール内に、リチウムイオンバッテリーやパワードライブユニットがおさまる。
    拡大
上級グレード「ジェイド ハイブリッドX」の17インチ ノイズリデューシングアルミホイール。内部に、走行時のノイズを低減する樹脂パネルが装着されている。
上級グレード「ジェイド ハイブリッドX」の17インチ ノイズリデューシングアルミホイール。内部に、走行時のノイズを低減する樹脂パネルが装着されている。
    拡大

“技あり”シートは「もう一押し」

ジェイドは、先代のオデッセイと、今はなきストリーム、つまり、よく売れたホンダ流ロールーフミニバンの空席を狙ったクルマといえる。正味1時間ほどの試乗では、大きく上等になったストリームといった印象を受けた。

このクラスにサードシートを与えても、実際に使われるのは年に数回だと、この日、話を聞いた開発スタッフが言っていた。ジェイドの売りは2列目のキャプテンシートだから、サードシートがなければ定員も4人になってしまう。キャプテンシートを採用するなら、サードシートもmustということだろう。

シートアレンジのカラクリはホンダのお家芸で、このクルマもよくできている。欲を言えば、荷車としてもうひと工夫ほしかった。2列目シート以降を畳んでも、あちこちに段差やくぼみが残って、フラットな床は奥行き90cm足らずしか現れない。床板がスルスルッと出てくるような仕掛けを考えると、いざという時、6人まで乗れるステーションワゴンとして、さらに使い道も広がると思う。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=高橋信宏)


ホンダ・ジェイド ハイブリッドX(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
装着ナビの種類により、助手席側の死角をカーナビ画面に映し出す「LaneWatch」機能が使えるようになる。写真でウインカーレバーの先端に見えるのが、その起動ボタン。(写真をクリックすると、実際のカメラ映像が見られます)
装着ナビの種類により、助手席側の死角をカーナビ画面に映し出す「LaneWatch」機能が使えるようになる。写真でウインカーレバーの先端に見えるのが、その起動ボタン。(写真をクリックすると、実際のカメラ映像が見られます)
    拡大
標準状態の荷室容量は、90リッターと小さめ。3列目シートを収納したり、2列目シートを前方に倒したりすることで、大きな荷物にも対応できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
標準状態の荷室容量は、90リッターと小さめ。3列目シートを収納したり、2列目シートを前方に倒したりすることで、大きな荷物にも対応できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
    拡大

ホンダ・ジェイド ハイブリッドX(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ホンダ・ジェイド ハイブリッドX

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4650×1775×1530mm
ホイールベース:2760mm
車重:1530kg
駆動方式:4WD
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:7段AT
最高出力:131ps(96kW)/6600rpm
最大トルク:15.8kgm(155Nm)/4600rpm
モーター最高出力:29.5ps(22kW)/1313-2000rpm
モーター最大トルク:16.3kgm(160Nm)/0-1313rpm
タイヤ:(前)215/50R17 91V/(後)215/50R17 91V(ダンロップSP SPORT 270)
燃費:24.2km/リッター(JC08モード)
価格:292万円/テスト車=326万5446円
オプション装備:ボディーカラー<ホワイトオーキッドパール>(3万7800円)/ナビ装着用スペシャルパッケージ(3万7800円) ※以下、販売店オプション フロアカーペットマット(3万5640円)/Gathersナビ<VXM-155VFEi>(23万4206円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:1361km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

ホンダ・ジェイド ハイブリッドX
ホンダ・ジェイド ハイブリッドX
    拡大

ヘッドランプは、リアコンビランプともども、LED式となる。


    ヘッドランプは、リアコンビランプともども、LED式となる。
    拡大
ノイズリデューシングホイール。中央に見える黒いパーツが、走行中のノイズを減らす樹脂パネル。
ノイズリデューシングホイール。中央に見える黒いパーツが、走行中のノイズを減らす樹脂パネル。
    拡大

ホンダ・ジェイド ハイブリッドX(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
ジェイドホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事