ホンダ・ジェイド ハイブリッドX(FF/7AT)

ドライバーズ・ミニバン 2015.03.02 試乗記 ホンダが提案する、個性派の6シーター「ジェイド ハイブリッド」に試乗。実際に乗ってみたらどうだった? その走りや、使い勝手を報告する。

昔の名前で出ています

シュッとしたホンダの新型ミニバンが、ジェイドである。SUVの「ヴェゼル」と同じ1.5リッターハイブリッドを搭載する。

3列シート6人乗りだから、ミニバンと言って間違いないだろうが、売りのひとつは立体駐車場に入る1530mmの低全高だ。いずれもヒット作だった先代「オデッセイ」や「ストリーム」よりも1cm低い。全幅は1775mmとたっぷり広いから、ワイド&ローのプロポーションが際立つ。斜め前の至近距離から見ると、以前、イギリスからお取り寄せしていた「シビック タイプR ユーロ」のミニバンモデルのようにも見える。

ジェイドはいち早く中国でデビューし、2013年夏から東風ホンダ製の現地生産モデルが販売されている。月に8000台売れているというから、やはり中国市場はデカイ。エンジンは1.8リッター4気筒で、2列シートの5人乗りもある。というか、売れるのはもっぱらそちらで、ミニバンとはみなされていないらしい。考えてみれば、一人っ子政策の国である。

昔からホンダは車名の“物持ち”がいい。ジェイドもかつてオートバイに使っていた名前だ。jadeとは「翡翠(ヒスイ)」の意。ヒスイといえば、原石も加工品も古くから中国の特産品である。この車名を引き出しからピックアップしてきたのには、そんな背景もあるのかもしれない。

多人数乗用車としては珍しく、背の低い「ジェイド」。全高が1530mmに抑えられているため、多くの立体駐車場に対応できる。
多人数乗用車としては珍しく、背の低い「ジェイド」。全高が1530mmに抑えられているため、多くの立体駐車場に対応できる。
テスト車のインテリアカラーは、アイボリー。このほか、ブラック基調の室内色も用意されている。
テスト車のインテリアカラーは、アイボリー。このほか、ブラック基調の室内色も用意されている。
天地に薄く、左右にワイドな液晶メーター。ドライバーは、ステアリングホイールのリムより上に視認することになる。
天地に薄く、左右にワイドな液晶メーター。ドライバーは、ステアリングホイールのリムより上に視認することになる。

「ジェイド」は、日本国内に先駆けて中国で生産・販売されている。かの地ではガソリンエンジン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様がラインナップされるものの、販売の9割は5人乗り仕様だという。


    「ジェイド」は、日本国内に先駆けて中国で生産・販売されている。かの地ではガソリンエンジン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様がラインナップされるものの、販売の9割は5人乗り仕様だという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジェイドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る