東京モーターショー2015

究極のロードゴーイングSTI、S207登場【東京モーターショー2015】

2015.10.28 自動車ニュース
「スバルWRX STI S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」
「スバルWRX STI S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」

【東京モーターショー2015】究極のロードゴーイングSTI、「S207」が登場

富士重工業のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2015年10月28日、スポーツセダン「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を発表した。予約受け付けの開始は10月29日、発売は同年12月1日を予定している。

「S207」
「S207」
「S207 NBR CHALLENGE PACKAGE」のインテリア。
「S207 NBR CHALLENGE PACKAGE」のインテリア。
「S207」のエンブレムと、ニュルブルクリンク24時間レースのクラス優勝記念オーナメント。
「S207」のエンブレムと、ニュルブルクリンク24時間レースのクラス優勝記念オーナメント。
「S207」(手前)と「S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」(奥)。
「S207」(手前)と「S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」(奥)。

■販売台数は400台限定

S207は、WRX STIをベースにエンジンや足まわりに専用のチューニングを施すとともに、内外装に専用装備を追加したコンプリートカーである。

コンセプトは「究極のロードゴーイングSTI」というもので、「ドライバーが意図した通りに操れるハンドリングの愉(たの)しさ」と「上質な乗り心地」の両立を追求。具体的には、「操舵(そうだ)に対する遅れが小さい車両応答性」「高速安定性と危険回避性能」「ピッチングの小さいフラットでしなやかな乗り心地」「上質な居住空間を演出する静粛性と軽快なサウンド」を重視し、開発を進めたという。

ラインナップは、標準車に加え、ドライカーボンリアスポイラーや2015年のニュルブルクリンク24時間レースのクラス優勝記念オーナメントを装備した「NBR CHALLENGE PACKAGE」、ボディーカラーに「サンライズイエロー」を採用した「NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」の2モデルを設定。販売台数は3モデル合計400台、受注期間は2016年3月6日までの限定で、このうちNBR CHALLENGE PACKAGEは200台の台数限定、NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITIONは100台の台数限定および2015年11月30日受注分までの期間限定となっている。

価格は以下の通り。
・S207:599万4000円
・S207 NBR CHALLENGE PACKAGE:631万8000円
・S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION:637万2000円

最高出力328ps、最大トルク44.0kgmを発生する2リッター水平対向4気筒ターボエンジン。
最高出力328ps、最大トルク44.0kgmを発生する2リッター水平対向4気筒ターボエンジン。
エンジンに採用された専用パーツ。
エンジンに採用された専用パーツ。
「ダンロップSPORT MAXX RT」
「ダンロップSPORT MAXX RT」
「S207」のブレーキ。左がフロント、右がリア。
「S207」のブレーキ。左がフロント、右がリア。

■13年ぶりに最高出力が向上

エンジンは「EJ20」型2リッター水平対向4気筒ターボに独自の改良を施したもので、2002年にリリースした「S202」以来、13年ぶりに最高出力を高めたユニットを開発して投入したという。

具体的には、専用設計のECUやベース車より通気抵抗を50%低減した排気システムの採用、ピストン、コンロッド、クランクシャフトのバランス取り、ボールベアリングターボチャージャーの高効率化、過給圧のアップなどにより、従来モデル「S206」の320ps/6400rpmから、最高出力を328ps/7200rpmに向上させている。

足まわりでは、フロントサスペンションに専用開発のビルシュタイン製減衰力可変ダンパー「DampMatic II」を採用。タイヤには、ダンロップと共同で新たにモールドを設計し直したという255/35R19サイズの「SPORT MAXX RT」を用いており、ステアリングシステムについても、標準モデルの13:1から11:1にステアリングギアレシオを変更している。
また、現行型WRX STIから採用となったアクティブ・トルク・ベクタリングについては、ベース車ではコーナリング時にフロントのみにブレーキをかけるのに対し、S207ではリアにもブレーキをかけるよう制御を変えている。
さらに、ボディーには補強部品としてフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナーを装着。これらの改良により、ベース車よりヨーレートの応答遅れを約13%、横G遅れを約10%短縮。車線変更時のロールレートも約23%低減しており、操縦安定性と乗り心地を改善しているという。

ブレーキの強化も図っており、フロントはブレンボ製6ピストンモノブロック対向キャリパーと2ピースドリルドローターの組み合わせ、リアはブレンボ製4ピストンモノブロック対向キャリパーと1ピースドリルドローターの組み合わせとしている。

フロントの大型アンダースポイラー。
フロントの大型アンダースポイラー。
同車専用のレカロ製バケットシート。
同車専用のレカロ製バケットシート。

■内外装にもベースモデルとの違いが

空力性能の向上も図っており、フロントには大型のアンダースポイラーを、リアバンパーにはホイールハウスの後ろにエアアウトレットを採用。先述の通り、NBR CHALLENGE PACKAGEには大型のドライカーボン製リアスポイラーも装備している。

一方、インテリアにはセミアニリンレザーを表皮に採用した専用設計のレカロ製バケットタイプフロントシートを採用。「レカロ・スポーツスターAM190」をベースに、大腿(だいたい)部のサポート性と腰まわりのホールド性を高めることで、快適性(疲労の軽減)と車両コントロール性を向上させているという。

「S207」のサスペンション。左がフロント、右がリア。
「S207」のサスペンション。左がフロント、右がリア。
STI製フレキシブルタワーバーフロント。
STI製フレキシブルタワーバーフロント。
専用低背圧パフォーマンスマフラーと専用エキゾーストパイプリア。
専用低背圧パフォーマンスマフラーと専用エキゾーストパイプリア。
専用クイックステアリングギアボックス。
専用クイックステアリングギアボックス。

■主要装備一覧

<足まわり・メカニズム>
・専用STI製ビルシュタインフロントストラット(DampMatic II、倒立式)&コイルスプリング
・専用STI製ビルシュタインリアダンパー&コイルスプリング
・STI製BBS19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(シルバー)
・専用255/35R19 92Yタイヤ(ダンロップSPORT MAXX RT)
・STI製フレキシブルタワーバーフロント
・STI製フレキシブルドロースティフナーフロント
・STI製サポートフロント
・STI製フレキシブルサポートサブフレームリア
・STI製ピロボールブッシュ・リアサスリンク(ラテラルリンクフロント内側、ラテラルリンクリア内側)
・STI製ブレンボ フロント・モノブロック対向6ポットブレーキキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り)+STI製ブレンボ 18インチ2ピースタイプ・ドリルドディスクローター
・STI製ブレンボ リア・モノブロック対向4ポットブレーキキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り)+STI製ブレンボ 18インチドリルドディスクローター
・専用高出力バランスドエンジン
・専用ECU
・専用ボールベアリング・ツインスクロールターボ
・専用低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&専用エキゾーストパイプリア
・STI製強化シリコンゴム製インテークダクト
・専用クイックステアリングギアボックス(11:1)
・専用VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
・専用アクティブ・トルク・ベクタリング
・STI製低圧損エアクリーナーエレメント
・STI Performanceオイル(5W-40、MOTUL)

「S207」のインテリア。
「S207」のインテリア。
STI製本革巻きシフトノブ。
STI製本革巻きシフトノブ。
専用シリアルナンバープレート。
専用シリアルナンバープレート。

<内装>
・専用ルミネセントメーター(マルチファンクションディスプレイ付き、STIロゴ入り)
・専用マルチファンクションディスプレイ
・インパネセンターバイザー(レザー調素材巻き+シルバーステッチ)
・専用本革巻きステアリングホイール(高感触革、メッキベゼル、金属調フィニッシャー、シルバーステッチ)
・STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
・STI製本革巻きシフトノブ(STIロゴ入り)
・専用STI製レカロ バケットタイプフロントシート(本革[メイン:ブラックセミアニリン、サイド内側:ブラック]、シルバーステッチ+シルバーアクセント、シートヒーター付き、STIロゴ型押し、SRSサイドエアバッグ)
・リアシート(本革[ブラック]、シルバーステッチ+シルバーアクセント)
・専用インパネパネル(レッド、S207ロゴ入り)
・ドアトリム(シルバーステッチ、金属調パワーウィンドウスイッチパネル)
・金属調サイドベンチグリル
・専用サイドシルプレート(シルバー、S207ロゴ入り)
・専用シリアルナンバープレート(コンソール)
・フロアサイレンサー(遮音強化)

「S207」のフロントまわり。
「S207」のフロントまわり。
専用リアバンパー。
専用リアバンパー。

<外装>
・専用メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、S207オーナメント付き)
・専用大型フロントアンダースポイラー
・UV&IRカット機能付き遮音ガラス(フロント)
・STIエンブレム付きサイドガーニッシュ(ブラック)
・専用サイドモール(金属調)
・専用リアバンパー(チェリーレッドストライプ、エアアウトレットグリル付き)
・S207リアオーナメント

<オーディオ>
・8スピーカー(フロント4+リア2+インパネ2)
・ブラックルーフアンテナ(シャークフィンアンテナ)

「NBR CHALLENGE PACKAGE」専用ドライカーボン製リアスポイラー。
「NBR CHALLENGE PACKAGE」専用ドライカーボン製リアスポイラー。

<NBR CHALLENGE PACKAGE専用装備>
・専用ウルトラスエード巻きステアリングホイール(シルバーセンターマーク付き)
・専用シートベルト(レッド)
・専用エンブレム(リア)
・STI製BBS19インチ×8 1/2J鍛造アルミホイール(ブラック)
・専用ドライカーボン製リアスポイラー(S207ロゴ入り)

「NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」専用サイドシルプレート。
「NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」専用サイドシルプレート。

<NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION専用装備>
・ドアミラー(ブラック)
・専用サイドシルプレート(イエロー、S207ロゴ入り)
・専用サイドシルモール(ブラック)

(webCG)

→「スバルWRX STI S207」のより詳細な写真はこちら
 

関連記事
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
ホームへ戻る