トヨタ・プリウス 開発者インタビュー

ど真ん中の性能を上げたい 2015.11.20 試乗記 トヨタ自動車
製品企画本部
ZF チーフエンジニア
豊島浩二(とよしま こうじ)さん

いまや世界的な売れっ子となった、トヨタのハイブリッドカー「プリウス」。その最新型は、どんな考えに基づいて作られたのだろうか。開発責任者に話を聞いた。

目指したのは体操の内村航平

1997年に初代プリウスが誕生してからもう18年になる。今もハイブリッド車の代表的存在であり続けていることには感心する。4代目となるにあたって、プリウスは環境車であると同時にもうひとつの大きな使命を担うことになった。トヨタが進めようとしている次世代車開発の取り組み「Toyota New Global Architecture(TNGA)」が採用される最初のモデルなのだ。新型プリウスには将来のトヨタの姿が映しだされていることになる。主査の豊島浩二氏は、このプロジェクトにどう立ち向かっていったのか。

プリウスのDNAは燃費です。そこは、絶対に負けられない。そして、敵はハイブリッドだけということではまったくなくて、ダウンサイジングターボやクリーンディーゼルとも戦っていく必要があります。そのために、基本性能を高めていく。燃費だけではなくほかの競技も頑張らないと、総合優勝はできないんです。鉄棒だけずばぬけた能力を持っていれば鉄棒の金メダルは取れますが、プリウスは総合で勝ちたいんです。内村航平くんのようになりたい(笑)。

――燃費は今日の試乗ではわかりませんが、操縦性能は確かに見違えるほど変わりました。サーキットでもよく走りますね。

運転が好きな人は、そういう場所で楽しめますね。ただ、目指したのはスポーツカーではない。プリウスのお客さんは、安心・安全・快適を求めます。基本性能を上げると事故が減ります。予防安全だけでは、事故を防げません。クルマの基本性能を上げた上で予防安全があると、事故ゼロを目指すことができます。今度のプリウスは、普通のお客さんがより安全に運転できるように仕立てたつもりです。数字ではなく、乗ってみて安心できるかどうかを基準にしました。

新型「プリウス」のリアエンブレム。先代とは異なる、新しいロゴデザインが採用されている。
新型「プリウス」のリアエンブレム。先代とは異なる、新しいロゴデザインが採用されている。
今回のフルモデルチェンジで4代目となる、ハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」。国内では2015年12月に発売される。
今回のフルモデルチェンジで4代目となる、ハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」。国内では2015年12月に発売される。
<プロフィール>
1985年入社。「カローラ」の設計室で17年間ボディー設計に携わる。2001年に「レクサスLS」の製品企画室に異動し「LS460」と「LS600h」を担当。その後、欧州向け商用車や3代目「プリウス」プリウスPHV、4代目プリウスの開発責任者を務めた。
<プロフィール>
	1985年入社。「カローラ」の設計室で17年間ボディー設計に携わる。2001年に「レクサスLS」の製品企画室に異動し「LS460」と「LS600h」を担当。その後、欧州向け商用車や3代目「プリウス」プリウスPHV、4代目プリウスの開発責任者を務めた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る