ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)

入りやすくなった 2016.03.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。

フランス人もびっくり

店構えは大きくないし、品ぞろえも限られている。一見さんお断りの店には思えないが、やはり普通の人にはちょっと入りにくいぐらいの高い趣味性とこだわりが感じ取れる。どう見ても個性的でマニアックな店だが、それにもかかわらずいつもそれなりに客が絶えない。日本におけるルノーはユニークな車種だけをそろえたブランドで、言ってみれば知る人ぞ知る神田神保町の専門書店のようなポジションだと思っていたら、いつの間にかもうニッチとは言えないぐらい広く知られているのかもしれない。ルノー・ジャポンはここ数年、毎年ジワリジワリと着実に国内販売台数を伸ばし、数年前の3000台レベルから、気づいてみれば昨年2015年は5000台を超えた。ちなみにこの数字、先ごろ突然の日本市場撤退を発表したフォードと同程度。もちろん単純に台数だけでビジネスの成否を語ることはできないし、企業としての優先順位もあるはずだが、ルノーが日本市場で立派に存在感を発揮しているのは皆が認めるところだろう。

ちょっと本題から外れるが、ルノーが日本でユニークな地位を築いている証拠が「カングージャンボリー」である。ご存じ、「カングー」は貨客兼用の多用途ワゴンだが、日本では単なる実用車を超えて、ある種のスタイルの象徴となって熱心なファンを獲得していることは今や本国の担当者も理解しており、日本側の要望に応えようとしてくれているという。いまさら言うまでもないことだが、カングーは本国ではほぼ100%頑丈なロバのようにガンガン使い倒すコマーシャルビークルと見なされており、年間1700台も売れているとはいっても全体から見れば微々たるものだ。しかし、思い思いにおしゃれしたカングーが1000台も一堂に集まる国は他にない。まさに単純な台数だけではビジネスを語れないということを象徴している。こういう車こそSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)と呼びたいと思う。

今回のマイナーチェンジは1.2リッターエンジンを搭載する「インテンス」と「ゼン」が対象。「GT」とゼンの0.9リッターは従来通りで変更はなし。
今回のマイナーチェンジは1.2リッターエンジンを搭載する「インテンス」と「ゼン」が対象。「GT」とゼンの0.9リッターは従来通りで変更はなし。
「インテンス」のコックピット。ステアリングホイールが「GT」と同じデザインのものに変更された。
「インテンス」のコックピット。ステアリングホイールが「GT」と同じデザインのものに変更された。
「インテンス」ではシートのカラーコーディネートも変更され、背もたれとクッションの両端にカラーラインが入った(従来は背もたれ上端とクッション前端にカラーアクセントが入っていた)。
「インテンス」ではシートのカラーコーディネートも変更され、背もたれとクッションの両端にカラーラインが入った(従来は背もたれ上端とクッション前端にカラーアクセントが入っていた)。
「インテンス」と「ゼン」の1.2リッターについては価格体系が見直され、今回からメタリック塗装代(3万2400円)が別途必要になった。試乗車のボディーカラーは「ルージュ・フラム・メタリック」。
「インテンス」と「ゼン」の1.2リッターについては価格体系が見直され、今回からメタリック塗装代(3万2400円)が別途必要になった。試乗車のボディーカラーは「ルージュ・フラム・メタリック」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る