クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)

入りやすくなった 2016.03.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。

フランス人もびっくり

店構えは大きくないし、品ぞろえも限られている。一見さんお断りの店には思えないが、やはり普通の人にはちょっと入りにくいぐらいの高い趣味性とこだわりが感じ取れる。どう見ても個性的でマニアックな店だが、それにもかかわらずいつもそれなりに客が絶えない。日本におけるルノーはユニークな車種だけをそろえたブランドで、言ってみれば知る人ぞ知る神田神保町の専門書店のようなポジションだと思っていたら、いつの間にかもうニッチとは言えないぐらい広く知られているのかもしれない。ルノー・ジャポンはここ数年、毎年ジワリジワリと着実に国内販売台数を伸ばし、数年前の3000台レベルから、気づいてみれば昨年2015年は5000台を超えた。ちなみにこの数字、先ごろ突然の日本市場撤退を発表したフォードと同程度。もちろん単純に台数だけでビジネスの成否を語ることはできないし、企業としての優先順位もあるはずだが、ルノーが日本市場で立派に存在感を発揮しているのは皆が認めるところだろう。

ちょっと本題から外れるが、ルノーが日本でユニークな地位を築いている証拠が「カングージャンボリー」である。ご存じ、「カングー」は貨客兼用の多用途ワゴンだが、日本では単なる実用車を超えて、ある種のスタイルの象徴となって熱心なファンを獲得していることは今や本国の担当者も理解しており、日本側の要望に応えようとしてくれているという。いまさら言うまでもないことだが、カングーは本国ではほぼ100%頑丈なロバのようにガンガン使い倒すコマーシャルビークルと見なされており、年間1700台も売れているとはいっても全体から見れば微々たるものだ。しかし、思い思いにおしゃれしたカングーが1000台も一堂に集まる国は他にない。まさに単純な台数だけではビジネスを語れないということを象徴している。こういう車こそSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)と呼びたいと思う。

今回のマイナーチェンジは1.2リッターエンジンを搭載する「インテンス」と「ゼン」が対象。「GT」とゼンの0.9リッターは従来通りで変更はなし。
今回のマイナーチェンジは1.2リッターエンジンを搭載する「インテンス」と「ゼン」が対象。「GT」とゼンの0.9リッターは従来通りで変更はなし。 拡大
「インテンス」のコックピット。ステアリングホイールが「GT」と同じデザインのものに変更された。
「インテンス」のコックピット。ステアリングホイールが「GT」と同じデザインのものに変更された。 拡大
「インテンス」ではシートのカラーコーディネートも変更され、背もたれとクッションの両端にカラーラインが入った(従来は背もたれ上端とクッション前端にカラーアクセントが入っていた)。
「インテンス」ではシートのカラーコーディネートも変更され、背もたれとクッションの両端にカラーラインが入った(従来は背もたれ上端とクッション前端にカラーアクセントが入っていた)。 拡大
「インテンス」と「ゼン」の1.2リッターについては価格体系が見直され、今回からメタリック塗装代(3万2400円)が別途必要になった。試乗車のボディーカラーは「ルージュ・フラム・メタリック」。
「インテンス」と「ゼン」の1.2リッターについては価格体系が見直され、今回からメタリック塗装代(3万2400円)が別途必要になった。試乗車のボディーカラーは「ルージュ・フラム・メタリック」。 拡大

ユーロ6対応の新パワートレイン

そのルノー・ジャポンにとって、ルーテシアは言うまでもなくカングーと並ぶ主力モデルである。5000台余りの主な内訳はルーテシアがおよそ1800台、カングーが1700台、それにおよそ1000台のキャプチャーを含めて3本柱となっている。

今回は主力のルーテシアの、そのまたメインの1.2リッターエンジンを積むインテンスと「ゼン」がマイナーチェンジを受けた。1.2リッターの4気筒直噴ターボエンジンは排気量、形式ともに従来型と変わっていないが、ユーロ6に適合した新仕様のエンジンに変更されたほか、EDC(エフィシェント・デュアルクラッチ)と称するデュアルクラッチ・ギアボックスのギア比も見直されている。スポーツモデルの「GT」、および0.9リッター3気筒ターボ搭載のゼンは当面エンジンもギアボックスも従来型のままである。

新エンジンは最大トルクが以前の190Nm(19.4kgm)/2000rpmから205Nm(20.9kgm)/2000rpmへ若干増強されている。その代わりに最高出力は88kW(120ps)/4900rpmから87kW(118ps)/5000rpmへほんの少し低くなっているが、EDCのギアリングは1速のレシオ(3.916→4.307)がより低くされるいっぽう、6速はさらに高められた(0.702→0.653)ことでワイドレンジ化され、低回転域のトルク増強と相まって中間加速が素早くなったという。実際に0-100km/h加速タイムは10.1秒と、従来型に比べて1.2秒も速くなっているというから。なかなかのパフォーマンスアップである。

1.2リッター直4ターボエンジンはユーロ6に対応し、パワーとトルクが変更された(120→118ps、19.4→20.9kgm)。ただし、同じ1.2リッターの「GT」については変更はなく、従来と同じ。
1.2リッター直4ターボエンジンはユーロ6に対応し、パワーとトルクが変更された(120→118ps、19.4→20.9kgm)。ただし、同じ1.2リッターの「GT」については変更はなく、従来と同じ。 拡大
6段AT(デュアルクラッチ式のセミAT)はギア比が変更され、変速比幅が従来の5.58から6.60へ。
6段AT(デュアルクラッチ式のセミAT)はギア比が変更され、変速比幅が従来の5.58から6.60へ。 拡大
「インテンス」ではフロントに合わせて、リアシートの色使いも変更されている。
「インテンス」ではフロントに合わせて、リアシートの色使いも変更されている。 拡大
リアシートには6:4分割可倒機構が備わる。荷室フロアの奥行きは、リアシートを立てた状態で649mm、倒した状態で1388mm。
リアシートには6:4分割可倒機構が備わる。荷室フロアの奥行きは、リアシートを立てた状態で649mm、倒した状態で1388mm。 拡大

アイドリングストップも追加

今回スタート&ストップ(アイドリングストップ)機構が追加されたこともトピックのひとつだ。パワートレインの改良と合わせて当然、燃費は向上しているはずだが、直接従来型と比べられないのは、これまでは社内参考値しかデータがなかったからだ。というのも、今回のマイナーチェンジでルーテシアは初めて型式認定を取得し、正式な国土交通省審査値としてJC08モード17.4km/リッターという燃費を掲載できるようになったのだ。これまでは輸入自動車特別取扱制度(PHP)という台数が少ないモデル(上限2000台がちょっと前に5000台に引き上げられた)を対象とした認証手続きで登録されていたが、これだと実際の車両一台一台ごとに検査を受けなければならず、ある程度以上の台数となれば型式指定を受けるほうが作業をするディーラーの負担が小さいというわけだ。

新しいパワートレインによって中間加速が鋭くなったというが、残念ながら交通量の多い街中だけの試乗会では、新旧の違いを実際に体感するには至らなかった。もともとルーテシアはフルスロットルでの鋭い加速よりも、ごく普通にスロットルを踏んだり放したりする際の身軽さ、軽快感が身上であり、EDCもキレの良い変速より実用域での使い勝手重視の性格を持つ。その観点から言えば、これまで通りまったく不満のない走りっぷりである。

新型は加速性能が大幅に改善されており、0-100km/hは1.2秒短縮の10.1秒に。また、30-60km/h、50-80km/h、80-120km/hなどの中間加速も、平均で0.6秒短縮されている。
新型は加速性能が大幅に改善されており、0-100km/hは1.2秒短縮の10.1秒に。また、30-60km/h、50-80km/h、80-120km/hなどの中間加速も、平均で0.6秒短縮されている。 拡大
メーターデザインに変更はなし。タコメーター(左)のレッドゾーンも従来通り6000rpmから。
メーターデザインに変更はなし。タコメーター(左)のレッドゾーンも従来通り6000rpmから。 拡大
「インテンス」のタイヤサイズは「GT」と同じ205/45R17(前後とも)。
「インテンス」のタイヤサイズは「GT」と同じ205/45R17(前後とも)。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

気がつけばユニーク

もっとも、ルーテシアの美点である軽快なスニーカー感覚を大事にするなら、なるべく細いタイヤを選ぶのがベターだと思う。上位グレードのインテンスは205/45R17が標準タイヤだが、路面によってはやや持て余し気味で心もとないバタつきを感じる。ゼンに標準となる195/55R16で十分というか、むしろそちらのほうが軽やかな身のこなしを損なわないはずだ。

今回はインフォテインメントシステムにもマルチメディア機能やエコドライブをサポートする機能が追加されたというが、センターコンソールの中央部分にオプションのナビゲーションを装備するとせっかくの新機能もすべて諦めなければならない。コーディネートされたインテリアの中に無粋な後付けナビを装着するぐらいなら、今やスマホのナビでも十分だと思うのだがどうだろう。

カラフルで多彩なボディーカラーの設定や、MTモデルを多数ラインナップするなど、できそうに思えても実際には他のブランドが手を出さないことに取り組んできたルノーだから、この調子で次は「トゥインゴ」もカラフルにそろえてほしい。知る人ぞ知る、はブレずに続けているうちに確固としたブランドになるはずだ。

(文=高平高輝/写真=小林俊樹)

新型の車両価格は「インテンス」(写真)が239万9000円で、「ゼン」が219万9000円。発売は2016年2月25日。
新型の車両価格は「インテンス」(写真)が239万9000円で、「ゼン」が219万9000円。発売は2016年2月25日。 拡大
マイナーチェンジと同じタイミングで「ルーテシア アイコニック」という特別仕様車が発売された。ヒーター付きの専用レザーシートを採用するなど、上質な仕立てが売り。30台の限定車で、車両価格は244万円。
マイナーチェンジと同じタイミングで「ルーテシア アイコニック」という特別仕様車が発売された。ヒーター付きの専用レザーシートを採用するなど、上質な仕立てが売り。30台の限定車で、車両価格は244万円。 拡大
パリのオートクチュールの縫製をイメージした「クチュール」デカールがルーフとドアミラーに貼られる。
パリのオートクチュールの縫製をイメージした「クチュール」デカールがルーフとドアミラーに貼られる。 拡大

テスト車のデータ

ルノー・ルーテシア インテンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4095×1750×1445mm
ホイールベース:2600mm
車重:1220kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:118ps(87kW)/5000rpm
最大トルク:20.9kgm(205Nm)/2000rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88V/(後)205/45R17 88V(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:17.4km/リッター(JC08モード)
価格:239万9000円/テスト車=269万7080円
オプション装備:メタリック塗装<ルージュ・フラムM>(3万2400円)/ナビゲーションシステム(20万880円)/フロアマット(2万520円)/ETC(1万2960円)/エマージェンシーキット(3万1320円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:543km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ルノー・ルーテシア インテンス
ルノー・ルーテシア インテンス 拡大
 
ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
ルーテシアルノー試乗記

あなたにおすすめの記事