DS 3カブリオ シック(FF/6AT)

オープンカーをより身近に 2016.06.22 試乗記 新ブランドの旗揚げに伴いフロントマスクを一新。新たに“DS顔”となった「DS 3カブリオ」が日本に導入された。PSA自慢の1.2リッター直3ターボ+トルコン式6段ATの、オープンエアモータリングとの親和性やいかに? その走りを報告する。

急ピッチだったDSブランドの旗揚げ

パリ14区、モンパルナスタワーの近くにあるカルティエ財団現代美術館を拠点に行われた国際試乗会で、当時は「シトロエンDS3」と名乗っていたこのクルマの初期型に接したのは2010年初めのこと。あれから6年後、同じクルマがこのような状況に置かれることを、誰が想像しただろうか。

6年前は、このクルマにDSの2文字が与えられたことへの賛否両論がまだ渦巻いていた。取材で“クラシックDS”に何度か触れたことがある僕も、1955年時点でのクラシックDSの革新性を2010年に展開したものであり、過去を振り返ったわけではないという説明を「アンチレトロ」というキャッチコピーともども受け入れつつ、納得しきれない気持ちだった。

ところがその後、シトロエンは「DS4」「DS5」と1年ごとにニューモデルを送り出し、いつしか従来のCラインに並ぶDSラインを構築してしまった。今のパリをクルマに投影したというDSラインは、欧州や中国で予想以上に人気を博した。そこでPSAプジョー・シトロエン(現グループPSA)はDSのブランド化を決断する。
2014年に欧州で、そして昨年は日本でも、シトロエンからの独立を発表すると、同時に「DS 4」と「DS 5」にはダブルシェブロンに代わる新たなフロントフェイスを導入。残るDS 3も今年顔つきを一新し、ブランド構築が完了した。

プラットフォームやパワートレイン、ボディー、インテリアの一部を共有し、日本では発売もDS 3と同時だった2代目「シトロエンC3」は、まだ現役を務めている。欧州のモデルチェンジサイクルは6年ぐらいだから納得できる。むしろこの間にブランド独立を果たしてしまったDSの歩みの速さに驚かされる。

フェイスリフトを含む一部改良が実施された「DS 3カブリオ」。クローズドトップの「DS 3」とともに、2016年6月1日に発売された。
フェイスリフトを含む一部改良が実施された「DS 3カブリオ」。クローズドトップの「DS 3」とともに、2016年6月1日に発売された。
多彩なカラーバリエーションが用意されるエクステリアに対し、インテリアの色は「ノアール」(黒)のみとなる。
多彩なカラーバリエーションが用意されるエクステリアに対し、インテリアの色は「ノアール」(黒)のみとなる。
シート表皮はファブリック。前席シートバックの形状を工夫することで、後席の足元ペースに十分なゆとりを確保しているという。
シート表皮はファブリック。前席シートバックの形状を工夫することで、後席の足元ペースに十分なゆとりを確保しているという。
PSAプジョー・シトロエンは2014年6月1日にDSをシトロエンから分離。独立したブランドとして運営を開始した。
PSAプジョー・シトロエンは2014年6月1日にDSをシトロエンから分離。独立したブランドとして運営を開始した。
関連記事
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る