クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

DS 3カブリオ シック(FF/6AT)

オープンカーをより身近に 2016.06.22 試乗記 新ブランドの旗揚げに伴いフロントマスクを一新。新たに“DS顔”となった「DS 3カブリオ」が日本に導入された。PSA自慢の1.2リッター直3ターボ+トルコン式6段ATの、オープンエアモータリングとの親和性やいかに? その走りを報告する。

急ピッチだったDSブランドの旗揚げ

パリ14区、モンパルナスタワーの近くにあるカルティエ財団現代美術館を拠点に行われた国際試乗会で、当時は「シトロエンDS3」と名乗っていたこのクルマの初期型に接したのは2010年初めのこと。あれから6年後、同じクルマがこのような状況に置かれることを、誰が想像しただろうか。

6年前は、このクルマにDSの2文字が与えられたことへの賛否両論がまだ渦巻いていた。取材で“クラシックDS”に何度か触れたことがある僕も、1955年時点でのクラシックDSの革新性を2010年に展開したものであり、過去を振り返ったわけではないという説明を「アンチレトロ」というキャッチコピーともども受け入れつつ、納得しきれない気持ちだった。

ところがその後、シトロエンは「DS4」「DS5」と1年ごとにニューモデルを送り出し、いつしか従来のCラインに並ぶDSラインを構築してしまった。今のパリをクルマに投影したというDSラインは、欧州や中国で予想以上に人気を博した。そこでPSAプジョー・シトロエン(現グループPSA)はDSのブランド化を決断する。
2014年に欧州で、そして昨年は日本でも、シトロエンからの独立を発表すると、同時に「DS 4」と「DS 5」にはダブルシェブロンに代わる新たなフロントフェイスを導入。残るDS 3も今年顔つきを一新し、ブランド構築が完了した。

プラットフォームやパワートレイン、ボディー、インテリアの一部を共有し、日本では発売もDS 3と同時だった2代目「シトロエンC3」は、まだ現役を務めている。欧州のモデルチェンジサイクルは6年ぐらいだから納得できる。むしろこの間にブランド独立を果たしてしまったDSの歩みの速さに驚かされる。

フェイスリフトを含む一部改良が実施された「DS 3カブリオ」。クローズドトップの「DS 3」とともに、2016年6月1日に発売された。
フェイスリフトを含む一部改良が実施された「DS 3カブリオ」。クローズドトップの「DS 3」とともに、2016年6月1日に発売された。 拡大
多彩なカラーバリエーションが用意されるエクステリアに対し、インテリアの色は「ノアール」(黒)のみとなる。
多彩なカラーバリエーションが用意されるエクステリアに対し、インテリアの色は「ノアール」(黒)のみとなる。 拡大
シート表皮はファブリック。前席シートバックの形状を工夫することで、後席の足元ペースに十分なゆとりを確保しているという。
シート表皮はファブリック。前席シートバックの形状を工夫することで、後席の足元ペースに十分なゆとりを確保しているという。 拡大
PSAプジョー・シトロエンは2014年6月1日にDSをシトロエンから分離。独立したブランドとして運営を開始した。
PSAプジョー・シトロエンは2014年6月1日にDSをシトロエンから分離。独立したブランドとして運営を開始した。 拡大

歓迎すべきバリエーションの拡充

DS 3の新しい顔は他のDSブランドとの統一感を持たせたもので、中央にエンブレムを置き、左右にクロームメッキが伸びる「DSウイング」、そして「LEDビジョン」と呼ばれるヘッドランプからなる。DS 5やDS 4と比べると、グリルの天地が広がり、ライセンスプレートはその中に収まった。こうした最適化のおかげで、予想以上にうまくボディーに溶け込んでいる。

ボディーカラーやルーフカラーのバリエーションが一新されたことも特徴だ。同じDS 3でもカブリオは、おそらくは後に記す理由のために販売台数が見込めず、日本仕様のバリエーションは限られていた。それが新型では、ブルーのボディーやグリーンのルーフなど、従来の日本仕様にはなかった色を含め、選択肢がハッチバックと同等にまで広がった。

オープンカーはボディーとルーフのコーディネートもまた楽しみのひとつであるので、組み合わせが増えたことは喜ばしい。しかもブラックボディーに「DSモノグラム」ルーフの取材車で分かるように、これまで黒だったリアウィンドウ周辺がルーフと共通になった。さらに入念なドレスアップが施してあるのだ。

新しい「DS 3」シリーズのフロントマスク。グリルから左右に伸びるメッキの装飾や、新たに装着された「DS」のエンブレムが特徴となっている。
新しい「DS 3」シリーズのフロントマスク。グリルから左右に伸びるメッキの装飾や、新たに装着された「DS」のエンブレムが特徴となっている。 拡大
ルーフの色に関わらずブラックだったリアウィンドウ左右のキャンバスは、今回の改良によりルーフと同色(「DSモノグラム」では同じ模様)に変更された。
ルーフの色に関わらずブラックだったリアウィンドウ左右のキャンバスは、今回の改良によりルーフと同色(「DSモノグラム」では同じ模様)に変更された。 拡大
ラゲッジルームの容量は230リッター。開口部が狭いので、大きな荷物の積載は難しい。
ラゲッジルームの容量は230リッター。開口部が狭いので、大きな荷物の積載は難しい。 拡大
関連キーワード

トルコンATの採用でより万人向けに

パワートレインは昨年秋に導入された、「ピュアテック」という愛称を持つ1.2リッター直列3気筒ターボエンジンとトルコン式6段ATの組み合わせが搭載される。ダブルシェブロンを掲げた従来のボディーにもこのコンビは積まれていたが、webCGの試乗記で紹介するのはこのDS顏になってからが初になる。これが、DS 3カブリオを良い意味で万人向けに変貌させていた。

それ以前の日本仕様のDS 3は、ハッチバックは1.2リッター3気筒自然吸気エンジンとシングルクラッチ式2ペダル5段AT、あるいは1.6リッター直列4気筒ターボと3ペダル6段MTの組み合わせに限られており、カブリオは後者、つまり3ペダルしか選べなかった。マニア物件だったといっていいだろう。
しかし新型は待望の2ペダルを手に入れた。おかげで、すでに新型DS 3に占めるカブリオの比率は、従来よりかなり上がっているそうだ。前に書いたカラーバリエーションの拡充も、このトランスミッション変更が関係していることは間違いないだろう。

たしかに加速は1.6リッターMT時代には及ばないものの、オープンカーに絶対的な高性能を求める人は少ないだろうし、1.2リッター3気筒とはいえ最高出力は110ps、最大トルクは20.9kgmと、トルクについては自然吸気2リッター級。それを1500rpmという低回転から発生するおかげもあって、ジャスト1200kgのボディーを思いのほか活発に加速させる。
トランスミッションがデュアルクラッチ式でないことに不満を寄せる読者がいるかもしれない。しかし光と風を味わいながら流すようなシーンには、トルコン式ならではの滑らかさのほうがお似合いだ。

日本仕様の「DS 3カブリオ」は、2015年11月の改良で設定グレードが「スポーツシック」から「シック」に替わっており、それに伴いエンジンも1.6リッターターボから1.2リッターターボに変更された。
日本仕様の「DS 3カブリオ」は、2015年11月の改良で設定グレードが「スポーツシック」から「シック」に替わっており、それに伴いエンジンも1.6リッターターボから1.2リッターターボに変更された。 拡大
2015年11月の改良で採用された、トルコン式6段ATのシフトセレクター。
2015年11月の改良で採用された、トルコン式6段ATのシフトセレクター。 拡大
「DS 3カブリオ」にはHIDとLEDを組み合わせた「DS LEDビジョン」と呼ばれるヘッドランプが標準装備される。
「DS 3カブリオ」にはHIDとLEDを組み合わせた「DS LEDビジョン」と呼ばれるヘッドランプが標準装備される。 拡大
1.2リッターエンジンと6段ATが搭載された「DS 3カブリオ」。燃費はJC08モード計測で19.8km/リッターとなっている。
1.2リッターエンジンと6段ATが搭載された「DS 3カブリオ」。燃費はJC08モード計測で19.8km/リッターとなっている。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

華やかさと扱いやすさの両立

PSAの3気筒は、自然吸気時代から静かさでは群を抜いていた。その美点をターボエンジンも受け継いでいる。シリンダーの数に気付くのは、アクセルペダルを大きく踏み込み、高回転までエンジンを回したときだけ。相変わらずノイズやバイブレーションの抑え込みに秀でている。

ホイール/タイヤが1.6リッターMT時代の17インチから16インチになったことも新型のトピックだ。スプリングやダンパーは逆に、以前よりやや固められた印象だが、17インチに比べて当たりがマイルドな16インチを味わうと、これがベストチョイスという感想を抱いた。

車両重量は10kgしか軽くなっていないのに、以前よりも身のこなしが軽快に感じたのは、マイナス1気筒の恩恵だろうか。サイドパネルを残したボディー構造のおかげもあり、ボディー剛性に不満はない。

全長約4mながら5人が乗れ、電動キャンバストップは100km/hでも開閉可能で、後席を折り畳んで荷室を広げることもできるなど、実はDS 3カブリオはオープンモデルとしてかなり間口の広いクルマだった。今回の2ペダル化によって、そのハードルがさらに一層低まった。
生まれたてのブランドにとって、知名度を高めるのは何よりも大事なこと。華やかさと使いやすさを兼ね備えた新型DS 3カブリオは、重要な役回りを演じる存在になっていきそうだ。

(文=森口将之/写真=向後一宏)

タイヤサイズは195/55R16。クローズドトップの「DS 3シック DS LEDビジョンパッケージ」と同じ、ツートンカラーのアルミホイールが組み合わされる。
タイヤサイズは195/55R16。クローズドトップの「DS 3シック DS LEDビジョンパッケージ」と同じ、ツートンカラーのアルミホイールが組み合わされる。 拡大
運転支援システムとしては、赤外線式のセンサーを用いた自動緊急ブレーキ「アクティブシティブレーキ」が装備される。
運転支援システムとしては、赤外線式のセンサーを用いた自動緊急ブレーキ「アクティブシティブレーキ」が装備される。 拡大
「DS 3カブリオ」のボディーカラーは7色、ルーフの色は4種類から選択できる。
「DS 3カブリオ」のボディーカラーは7色、ルーフの色は4種類から選択できる。 拡大

テスト車のデータ

DS 3カブリオ シック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3965×1715×1460mm
ホイールベース:2455mm
車重:1200kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:6AT
最高出力:110ps(81kW)/5500rpm
最大トルク:20.9kgm(205Nm)/1500rpm
タイヤ:(前)195/55R16 87V/(後)195/55R16 87V(ミシュラン・エナジーセーバー)
燃費:19.8km/リッター(JC08モード)
価格:304万円/テスト車=309万8860円
オプション装備:メタリックペイント<ノアール ペルラネラ>(4万8600円)/ETC車載器(1万260円)

テスト車の年式:2016年型
テスト車の走行距離:1144km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター
 

DS 3カブリオ シック
DS 3カブリオ シック 拡大
あなたにおすすめの記事
この記事を読んだ人が他に読んだ記事