アストンマーティンの新型スポーツカー「DB11」が上陸

2016.09.01 自動車ニュース
「アストンマーティンDB11」
「アストンマーティンDB11」

アストンマーティン・ジャパンは2016年8月31日、新型スポーツカー「アストンマーティンDB11」を東京・赤坂で披露した。

 
アストンマーティンの新型スポーツカー「DB11」が上陸の画像
インテリアの様子。室内空間は、従来モデル「DB9」よりも拡大されている。
インテリアの様子。室内空間は、従来モデル「DB9」よりも拡大されている。
コックピット。メーターパネルは、液晶表示となる。
コックピット。メーターパネルは、液晶表示となる。
新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジン。608psの最高出力を発生する。
新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジン。608psの最高出力を発生する。
日本市場におけるデリバリーの開始時期は、2016年の第4四半期になる見込み。(写真は欧州仕様車)
日本市場におけるデリバリーの開始時期は、2016年の第4四半期になる見込み。(写真は欧州仕様車)

■自社開発の新型V12エンジンを搭載

DB11は、アストンマーティンの新たなランドマークモデルとなる新型スポーツカーだ。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4739×1940×1279mmで、ホイールベースは2805mm。歴代“DB”のフォルムを継承しながら、フロントヒンジのクラムシェルボンネットや、個性的な意匠のLEDヘッドライト、AピラーからCピラーまで連続するルーフストレーキなど、新しいデザイン要素が採用されている。

エアロダイナミクスも追求されており、ボディーの表面だけでなく車体の下面におけるエアフローをマネジメントすることで、走行安定性を向上させた。エラを連想させる「カーリキュー」は、フロントリフトを抑制。リアリフトについても、左右Cピラー基部のエアインテークによりバーチャルスポイラーとして機能する「アストンマーティン・エアロブレード」で制御される。

パワーユニットは、新たに自社開発された5.2リッターV12ツインターボエンジン。最高出力608ps/6500rpmと最大トルク71.4kgm/1500-5000rpmを発生する。0-100km/h加速は3.9秒で、最高速度は322km/h。気筒休止システムやストップ&スタート(アイドリングストップ)機能が備わっており、パワフルながらも優れた効率を発揮するとうたわれる。

このV12ツインターボのポテンシャルを引き出すため、DB11ではシャシー、サスペンション、ステアリング、エレクトロニクスが見直されており、新たなテクノロジーも追加されている。サスペンションの形式は、前がダブルウイッシュボーンで後ろがマルチリンク式。ドライバーが走行モード(GT/スポーツ/スポーツ+)を任意に設定できる「ダイナミックモード」は、エンジン、ZF8段AT、新開発の電動パワーステアリング、トルクベクタリングのレスポンスをプログレッシブに変更し、アダプティブダンピングシステムの減衰力も変化させる。

シートのレイアウトは、先代モデルにあたる「DB9」と同じ2+2で、定員は4人。ただし、前席のヘッドルームが10mm、後席のヘッドルームは54mm、同じくレッグルームが87mm拡大するなど、居住性が向上しているという。
インテリアについては、フルカラーの12インチTFT液晶ディスプレイを採用したメーターパネルや、直感的な操作が可能なロータリースイッチを備えるインフォテインメントシステムがセリングポイント。「オートパークアシスト」や「360度バーズアイビュー機構」などの運転支援システムも与えられる。

DB11の日本での価格は、2380万円。デリバリーの開始時期は、2016年の第4四半期が予定されている。

(webCG)

→「アストンマーティンDB11」のフォトギャラリーはこちら

関連記事
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 JAIA輸入車試乗会2017 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る