第9回 無敵の三段論法

2016.09.20 エッセイ

488オーナーの生態

自慢の宇宙戦艦号こと「458イタリア」が「488GTB」に大敗を喫し、「フェラーリは速さじゃない!」と強弁中の私だが、フェラーリは速さじゃないなら最初に買った「348tb」に乗り続けてりゃよかったじゃねぇか、という自己撞着(どうちゃく)にはまりこんでしまった。

では、458から488に買い替えた方はどうなのか。何を目的に、どんな欲望に突き動かされて買い替えたのか!? そこのところを直接聞いてみようじゃないか!

ということで私は、A氏のガレージにお邪魔した。

A氏は「RX-7(FC)」や「スカG」、「ソアラ」など国産スポーツで爆走する青春時代を過ごし、サーキットやドリフトも修業。その後起業によってフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、アストンマーティンにまで到達した男である。45歳にしてこれまで63台のクルマを購入。54歳にして44台の私をはるかに凌駕(りょうが)する「クルマを買うのが趣味の人」だ。

A氏のガレージは各所に分散されているようだが、本丸にはフェラーリ488GTBと「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が格納されていた。数カ月前、なんと同じ日に納車になったというから恐れ入るではないか。美人女子アナを2名同時に嫁にもらうが如き所業である。

といってもA氏は決して超富裕層ではない。富裕層だが超はつかない。青春時代から現在にいたるまで、一貫して収入のかなりの部分をクルマに注ぎ込み続けているタイプの人で、ある意味ピュアである。

流し撮り名人による、「488GTB」の雄姿。(写真=池之平昌信)


	流し撮り名人による、「488GTB」の雄姿。(写真=池之平昌信)
名人はどんなものも流し撮りしてしまう。こちらは、築地市場での冷凍マグロ。(写真=池之平昌信)
名人はどんなものも流し撮りしてしまう。こちらは、築地市場での冷凍マグロ。(写真=池之平昌信)
A氏の本丸ガレージにて。「488GTB」と「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が格納されている。
A氏の本丸ガレージにて。「488GTB」と「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が格納されている。
さりげない特権意識の発露であろうか。
さりげない特権意識の発露であろうか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。