マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)

東風の吹くところ 2017.05.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 

お前は本当にマセラティなのか?

お前は誰だ? そう私は問いかけるのだった。レヴァンテ。「スペイン北東部に地中海から吹く東風」のディーゼル。君の名は? 君の名は?

マセラティであることが信じられなかった。レーシングカーづくりから始まったイタリアの名門。これは私の知るマセラティではない。マセラティは大きな4ドアはつくったことがあるけれど、こんな山のようなクルマは見たことがない。なるほど、そのグリルやらフロントフェンダー上部の3連の冷却口やら、ルーフやらショルダーラインやらにその面影を見て取ることはできる。しかれどもレヴァンテよ、君はいったい何者であるのか。

ドアを開ければ、ヴィーノ・ロッソ、ペルファボーレな、「赤ワインちょうだい」といっているにすぎないわけだけれど、イタリアンレッドのシートとダッシュボードが目に飛び込んでくる。それはもうブラッディな赤で、いきなり高揚する。ラグジュアリー・スポーツカーもかくやのシートに座れば、トライデントのマークが入ったアナログ時計がちゃんと備わっている。まごうかたなきマセラティである。

細かい話ながら、試乗車の「カーボンファイバートリム」は23万円で、予算が許すのならぜひともつけたい。しっとりとした肌触りのシートは「フルプレミアムレザー」で、36万3000円のオプションだけれど、予算が許すのなら、これもぜひつけたい。「ドライバーアシスタンスパッケージプラス」は、45万円のオプションだけれど、ま、これは予算が余っていたらつける程度でよろしい。マセラティを選ぶ男にレーンデパーチャーワーニングだのフォワードコリジョンワーニングだの、アダプティブクルーズコントロールだのが似合うだろうか。でも、ブラインドスポットアラートはあるといいな……、そうすると結局45万円のエクストラが発生するわけですけれど。

「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」は、ガソリンモデルの導入から遅れること約5カ月、2017年2月に日本市場への導入が発表された。
「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」は、ガソリンモデルの導入から遅れること約5カ月、2017年2月に日本市場への導入が発表された。
試乗車のインテリアカラーはロッソ(赤)で、オプションの「カーボンファイバートリム」が装着されていた。室内を華やかかつスポーティーに彩る。
試乗車のインテリアカラーはロッソ(赤)で、オプションの「カーボンファイバートリム」が装着されていた。室内を華やかかつスポーティーに彩る。
シートもオプションの「フルプレミアムレザー」仕立てで、12wayの電動調整機能が備わる。ヘッドレストにはマセラティのエンブレムが縫い取られている。
シートもオプションの「フルプレミアムレザー」仕立てで、12wayの電動調整機能が備わる。ヘッドレストにはマセラティのエンブレムが縫い取られている。
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る