クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)

東風の吹くところ 2017.05.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 

お前は本当にマセラティなのか?

お前は誰だ? そう私は問いかけるのだった。レヴァンテ。「スペイン北東部に地中海から吹く東風」のディーゼル。君の名は? 君の名は?

マセラティであることが信じられなかった。レーシングカーづくりから始まったイタリアの名門。これは私の知るマセラティではない。マセラティは大きな4ドアはつくったことがあるけれど、こんな山のようなクルマは見たことがない。なるほど、そのグリルやらフロントフェンダー上部の3連の冷却口やら、ルーフやらショルダーラインやらにその面影を見て取ることはできる。しかれどもレヴァンテよ、君はいったい何者であるのか。

ドアを開ければ、ヴィーノ・ロッソ、ペルファボーレな、「赤ワインちょうだい」といっているにすぎないわけだけれど、イタリアンレッドのシートとダッシュボードが目に飛び込んでくる。それはもうブラッディな赤で、いきなり高揚する。ラグジュアリー・スポーツカーもかくやのシートに座れば、トライデントのマークが入ったアナログ時計がちゃんと備わっている。まごうかたなきマセラティである。

細かい話ながら、試乗車の「カーボンファイバートリム」は23万円で、予算が許すのならぜひともつけたい。しっとりとした肌触りのシートは「フルプレミアムレザー」で、36万3000円のオプションだけれど、予算が許すのなら、これもぜひつけたい。「ドライバーアシスタンスパッケージプラス」は、45万円のオプションだけれど、ま、これは予算が余っていたらつける程度でよろしい。マセラティを選ぶ男にレーンデパーチャーワーニングだのフォワードコリジョンワーニングだの、アダプティブクルーズコントロールだのが似合うだろうか。でも、ブラインドスポットアラートはあるといいな……、そうすると結局45万円のエクストラが発生するわけですけれど。

「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」は、ガソリンモデルの導入から遅れること約5カ月、2017年2月に日本市場への導入が発表された。
「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」は、ガソリンモデルの導入から遅れること約5カ月、2017年2月に日本市場への導入が発表された。拡大
試乗車のインテリアカラーはロッソ(赤)で、オプションの「カーボンファイバートリム」が装着されていた。室内を華やかかつスポーティーに彩る。
試乗車のインテリアカラーはロッソ(赤)で、オプションの「カーボンファイバートリム」が装着されていた。室内を華やかかつスポーティーに彩る。拡大
シートもオプションの「フルプレミアムレザー」仕立てで、12wayの電動調整機能が備わる。ヘッドレストにはマセラティのエンブレムが縫い取られている。
シートもオプションの「フルプレミアムレザー」仕立てで、12wayの電動調整機能が備わる。ヘッドレストにはマセラティのエンブレムが縫い取られている。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

あまりに控えめなエンジンサウンド

内装がマセラティであることはわかった。しかれども、このエンジンはなんだ? これはマセラティなのか? 君の名は?

レヴァンテ ディーゼルはマセラティとVMモトーリが共同開発した排気量3リッターのV6ディーゼルターボエンジンを長いフロントフードの下に隠し持つ。このV6ディーゼルは、フェラーリのF1エンジンのデザイナーを務めた人物がマセラティのために開発を指揮して生まれたもので、すでに現行「ギブリ」にも搭載されている。ただし、あいにく私は今回がマセラティのディーゼル初体験なのだった。

静かなことはさすが高級車である。275ps/4000rpmの最高出力は控えめながら、600Nmという大トルクを2000-2600rpmで生み出す。アクセルを踏み込めば、車重2290kgの巨体が滑らかに加速していく。しかれどもそのサウンドはあまりに静かすぎて、現代のマセラティに特徴的な野獣の咆哮(ほうこう)を期待すると、あまりにおとなしすぎる。ゆえに私はつぶやく。お前は誰だ?

SUVを名乗るレヴァンテには、4つの走行モードが用意されている。すなわち「ノーマル」「スポーツ」「オフロード」それに「I.C.E.(Increased Control &Efficiency:制御性&効率性向上)」である。最後のI.C.Eは凍結路面だけではなく、より静かで滑らかな走行を確保するとともに燃費向上を視野に入れて開発されている。ということはあとで知った。それなら試してみるべきだった。“ICE”というから雪道用と短絡してしまった。今回のテストはオンロードのみだったので、ノーマルとスポーツしか試みなかったことを悔い改めたい。

ノーマルだと乗り心地がソフトだけれど、ややフワフワする。265/50R19サイズの「ピレリPゼロ」は、ランフラットと勘違いするほど当たりが硬い(実際はランフラットではない)。

スポーツに切り替えると、乗り心地が硬くなる。個人的にはやや硬いぐらいの乗り心地の方が好みだけれど、それにしても硬すぎる。エンジンの排気音は控えめに大きくなっているけれど、“マセラティ”というにふさわしいほどではない。ZFの8段オートマチックを介しての100km/h巡航は、トップで1500rpmあたり。静かなはずだ。

「ギブリ ディーゼル」と出自を同じくする、3リッターV6ディーゼルターボエンジンを搭載。最大トルク600Nmは、ガソリン車の上級モデル「レヴァンテS」をしのぎ、ラインナップの中で最大を誇る。
「ギブリ ディーゼル」と出自を同じくする、3リッターV6ディーゼルターボエンジンを搭載。最大トルク600Nmは、ガソリン車の上級モデル「レヴァンテS」をしのぎ、ラインナップの中で最大を誇る。拡大
シフトセレクターの右側には、走行モードの選択ボタンや、8段ATをマニュアルモードへと切り替えるボタンが並ぶ。
シフトセレクターの右側には、走行モードの選択ボタンや、8段ATをマニュアルモードへと切り替えるボタンが並ぶ。拡大
テスト車のタイヤはピレリPゼロで、サイズは265/50R19。路面からの当たりは硬めだった。
テスト車のタイヤはピレリPゼロで、サイズは265/50R19。路面からの当たりは硬めだった。拡大
「レヴァンテ」は車高調整が可能なエアサスペンションシステムを標準装備する。走行モードや車速に合わせて自動的に調整されるほか、任意に設定することもできる。
「レヴァンテ」は車高調整が可能なエアサスペンションシステムを標準装備する。走行モードや車速に合わせて自動的に調整されるほか、任意に設定することもできる。拡大

ついに正体をつかむ!

私はなにか違和感を抱きながらレヴァンテを走らせた。そして、伊豆スカイラインを走っているうちにようやく気づいた。このクルマはSUVのカタチを借りてはいるけれど、ワインディングロードを走るために存在していることを。エアサスペンションはコーナリング中もグッと踏ん張ってロールを許さない。全長5000×全幅1985×全高1680mm、ホイールベース3005mmという巨体にして、そのサイズを感じさせない、奇跡のようなハンドリングのために、乗り心地は若干犠牲になっていることを。52:48という前後重量配分はそのために仕込まれていることを。

さらに、レヴァンテには8段オートマチックのプログラムをノーマルからマニュアルに切り替える「M」スイッチがついていることを。ああ、もっと早く気づけばよかった。

走行モードをスポーツにし、ATのプログラムをMにすれば「マニュアルスポーツモード」と呼ばれる最強モードに変身する。アクセルペダルのマップはよりアグレッシブになり、エンジンの力をレブリミットまで発揮させる。4500rpmまで滑らかに回る。ESPは作動を控え、排気バルブが開いて、よりシャープなギアチェンジが可能になる。排気バルブはスポーツにすれば開くわけだけれど、Mにすると、いっそうエキゾーストノートが華やかになる。これがディーゼルエンジンだろうか。野太くグオオオオオッとほえる、マセラティの名前に期待される現代の海神ネプチューンがそこにいる。

伊豆スカイラインを行く「レヴァンテ ディーゼル」。豊かなボディーサイズを感じさせない、優れたハンドリング性能を誇る。
伊豆スカイラインを行く「レヴァンテ ディーゼル」。豊かなボディーサイズを感じさせない、優れたハンドリング性能を誇る。拡大
試乗車はオプションの「カーボンスポーツステアリング」を装着していた。カーボンの芯に、穴あき加工が施された本革が巻かれた高級仕様だ。
試乗車はオプションの「カーボンスポーツステアリング」を装着していた。カーボンの芯に、穴あき加工が施された本革が巻かれた高級仕様だ。拡大
荷室の容量は標準時で580リッター。全長と全幅がほぼ同じサイズの「ランドローバー・レンジローバー(標準ホイールベース仕様)」の909リッターと比べるとだいぶコンパクト。
荷室の容量は標準時で580リッター。全長と全幅がほぼ同じサイズの「ランドローバー・レンジローバー(標準ホイールベース仕様)」の909リッターと比べるとだいぶコンパクト。拡大
フロントグリルの奥には、エアシャッターを内蔵。外気温に応じて、ラジエーターに流れ込む空気の量を制御している。
フロントグリルの奥には、エアシャッターを内蔵。外気温に応じて、ラジエーターに流れ込む空気の量を制御している。拡大

乗れば乗るほど好きになる

君の名はマセラティ・レヴァンテ ディーゼル。車両価格は976万9090円。テスト車は前述したようなオプションがあれやこれやついていて、その合計だけで240万2000円。合わせて1217万1090円と、イタリアの名門にふさわしい金額を提示する。

もしもイタリアンエキゾチックカーメーカーがSUVのディーゼルをつくるとしたら……、それはきっとマセラティ・レヴァンテ ディーゼルのようなクルマになるだろう。この巨体に比してカーゴルームが狭いことも、いかにも“らしい”。

君の名はマセラティ・レヴァンテ ディーゼル。返却が迫られる頃、私はこのSUVが好きになっていた。

(文=今尾直樹/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)

「レヴァンテ ディーゼル」の動力性能は、最高速度が230km/h、0-100km加速は6.9秒と公称されている。
「レヴァンテ ディーゼル」の動力性能は、最高速度が230km/h、0-100km加速は6.9秒と公称されている。拡大
ボディーには、ディーゼルであることを示すバッジなどは備わっていない。ディーゼルモデルであることを室外から確認する術は“エンジンサウンド”のみとなる。
ボディーには、ディーゼルであることを示すバッジなどは備わっていない。ディーゼルモデルであることを室外から確認する術は“エンジンサウンド”のみとなる。拡大
今回の試乗では450kmあまりを走行して、満タン法で8.6km/リッターの燃費を記録した。2290kgの車重や、山岳路を100km近く走った行程を考えると、上々の数字といえる。
今回の試乗では450kmあまりを走行して、満タン法で8.6km/リッターの燃費を記録した。2290kgの車重や、山岳路を100km近く走った行程を考えると、上々の数字といえる。拡大

テスト車のデータ

マセラティ・レヴァンテ ディーゼル

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5000×1985×1680mm
ホイールベース:3005mm
車重:2290kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ディーゼルターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:275ps(202kW)/4000rpm
最大トルク:600Nm(61.2kgm)/2000-2600rpm
タイヤ:(前)265/50R19 110Y/(後)265/50R19 110Y(ピレリPゼロ)
燃費:7.2リッター/100km(約13.9km/リッター、欧州複合モード)
価格:976万9090円/テスト車=1217万1090円
オプション装備:カーボンファイバートリム(23万円)/メタリックペイント(12万8000円)/レッドカラードブレーキキャリパー(5万5000円)/19インチポリッシュホイール(16万円)/カーボンスポーツステアリング(18万円)/スポーツスポイラー・シート(6万9000円)/フルプレミアムレザー(36万3000円)/ヘッドレストトライデントステッチ(5万2000円)/リア・プライベート&ラミネートガラス(13万円)/ブライトパック(22万円)/プレミアムパック(35万5000円)/キックセンサー(1万円)/ドライバーアシスタンスパッケージプラス<レーンデパーチャーワーニング、フォワードコリジョンワーニング、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットアラート>(45万円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:3089km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:450.1km
使用燃料:52.1リッター(軽油)
参考燃費:8.6km/リッター(満タン法)/9.6km/リッター(車載燃費計計測値)

マセラティ・レヴァンテ ディーゼル
マセラティ・レヴァンテ ディーゼル拡大
 
マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
レヴァンテマセラティ試乗記

あなたにおすすめの記事