第153回:スバルが活躍するアクション映画はミュージカル!?
『ベイビー・ドライバー』

2017.08.18 読んでますカー、観てますカー

強盗の後はインプレッサWRXで華麗に逃走

赤いブレーキパッドに「SUBARU」の刻印。ステアリングホイールには六連星。銀行の前に着けたクルマは「スバル・インプレッサWRX」だ。ドライバーの手にはホイール操作式の旧型iPod。ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの『ベルボトムズ』を選んで曲をスタートさせる。同乗していた3人はそろいの黒いコート。彼らが銀行に入っていくと、ドライバーはノリノリで踊り始める。ビートに合わせてワイパーを動かし、手でドアをたたく。

曲が始まって2分、ギアをリバースに入れた。仕事を終えた3人が戻ってきて乗り込むと、急発進させて180度ターン。交差点に差しかかると「青進め、黄色突っ込め、赤勝負!」の格言を守って追ってくるパトカーを振り切る。路地に入って新たな追っ手から逃れようとするが、そこは荷物の積み下ろし場だった。バックしてくる2台のトラックの間をダブルの180度ターンでクリア。高速道路に入って逃走を図るものの、パトカーの数は増えるばかり。ヘリコプターも追ってきて、もはや逃げ道はない。

ドライバーは反対車線に並んで走る赤いクルマを発見する。「シボレー・クルーズ」と「フォルクスワーゲン・ジェッタ」だ。上空から見れば、どれも同じように見えるに違いない。スピンターンして間に入り込むと、トンネルの中で位置を入れ替えるという頭脳プレーを披露。ヘリコプターがクルーズを追っていくのを見ながらゆうゆうと駐車場に逃げ込み、用意しておいた地味な色の「トヨタ・カローラ」に乗り換える。ここまで6分間。息もつかせぬ見事なオープニングだ。

『ベイビー・ドライバー』の主人公は、ゲッタウェイドライバーである。強盗を現場まで乗せていき、首尾よく金を手に入れた彼らを安全な場所まで確実に逃す仕事だ。卓越したドライビングテクニックとクールな頭脳を持っていなければ務まらない。

 
第153回:スバルが活躍するアクション映画はミュージカル!?『ベイビー・ドライバー』の画像拡大
 
第153回:スバルが活躍するアクション映画はミュージカル!?『ベイビー・ドライバー』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事