東京モーターショー2017

ヤマハMOTOBOT Ver.2:“自動運転”への新たなアプローチ!?

2017.10.26 自動車ニュース
「ヤマハMOTOBOT Ver.2」
「ヤマハMOTOBOT Ver.2」拡大

予想通りというべきか、“自動運転”を頂点に置いた先進ドライバーサポート技術の競い合いは、ショーの重要な見どころに。が、そこから一線を画し、「“運転手”を人型ロボットに置き換えて自動運転してしまう」という偉業(?)をヤマハのブースに発見!

 
ヤマハMOTOBOT Ver.2:“自動運転”への新たなアプローチ!?の画像拡大
 
ヤマハMOTOBOT Ver.2:“自動運転”への新たなアプローチ!?の画像拡大
 
ヤマハMOTOBOT Ver.2:“自動運転”への新たなアプローチ!?の画像拡大

目標はバレンティーノ・ロッシに勝つこと!

実はこれは二輪でのハナシ。正確にいえば、「車両そのものは市販モデルに一切手を加えず、人型をした“ロボットライダー”に操縦をとって代わらせる」というのが、ヤマハの手法なのだ。

ヤマハがすごいのは「“MOTOBOT Ver.2(モトボット バージョン2)”と名付けられたそんなロボットの操縦で、バレンティーノ・ロッシが乗る同型マシン以上のサーキット・ラップタイムを記録する」という点に目標を置いていること。

ロッシといえば、ロードレース世界最高峰クラスで、複数のメーカー製マシンで幾度となく優勝を飾るなど、“生ける伝説”ともいえるスーパーライダーですよ!

残念ながら、現時点ではまだ目標は達成されていないものの、「ようやくロッシの背中が見えてきた」とのこと。そんなサーキットでの“大転倒シーン”も含んだテスト映像を、ぜひとも会場で!

(文=河村康彦/写真=峰 昌宏)

関連キーワード
東京モーターショー2017
関連記事