【スペック】全長×全幅×全高=4020×1770×1485mm/ホイールベース=2585mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(202ps/7100rpm、21.9kgm/5400rpm)/価格=299.0万円(テスト車=314.0万円/ボディカラー=15万円)

ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)【試乗速報】

今のホットハッチの頂点 2009.10.19 試乗記 ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)
……314.0万円

「ルーテシア」に、ファン待望のスポーティバージョン「ルノースポール」が登場。モータースポーツのノウハウがたっぷり注ぎ込まれた、最新ホットハッチの走りを試す。

日本仕様はシャシースポール

新型「ルーテシア・ルノースポール(RS)」に初めて乗ったのは今年7月。場所はフランスだった。日本では同時に発表された「トゥインゴRS」とともに、5日間で1500kmを走破した。予想以上に快適で、しかも楽しく移動できたので、最後は名残り惜しい気持ちになったのだが、だからこそ日本の道でも好印象を抱けるのかという不安を持ちつつ、今回の試乗に臨むことになった。

わが国では3年ぶりの復活となるルーテシアRS、3ドアボディに2リッター自然吸気エンジンを積んだ前輪駆動という基本構成は不変だ。しかしエンジンは連続可変インテークバルブタイミングの採用などにより、最高出力202ps、最大トルク21.9kgmをマーク。リッター100psの壁を突破してしまった。おまけにマニュアルトランスミッションは5段から6段に進化してもいる。

シャシーでは、ハブキャリアをストラットから切り離したダブルアクスルタイプのフロントサスペンションをメガーヌRSに続き導入したことがトピックになる。トレッドを前後とも1520mmと、スタンダードのルーテシアより60/65mmも広げたことも特徴だ。
このシャシーは他のRS同様、快適性を考慮した「シャシースポール」と運動性能優先の「シャシーカップ」の2種類のチューニングが用意される。フランスでは両方に乗ることができたが、その時点でスポールのほうがキャラクターに合っていると思ったので、日本仕様がこちらのみとなるのは納得だ。


ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)【試乗速報】の画像

ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)【試乗速報】の画像
タイヤは、特別に開発されたという「コンチネンタル スポーツコンタクト3(215/45R17)」が装着される。ブレーキは、フロントに、直径312ミリのブレンボ製ベンチレーティッドディスク+ブレンボ製4ポットキャリパー、リアには、直径300ミリのブレンボ製ソリッドディスク+TRW製シングルピストンキャリパーが組み合わされる。
タイヤは、特別に開発されたという「コンチネンタル スポーツコンタクト3(215/45R17)」が装着される。ブレーキは、フロントに、直径312ミリのブレンボ製ベンチレーティッドディスク+ブレンボ製4ポットキャリパー、リアには、直径300ミリのブレンボ製ソリッドディスク+TRW製シングルピストンキャリパーが組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る