The World of Ultimate SUV

メニューを表示

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

INTERVIEW

末續慎吾が語るレンジローバー スポーツの魅力
どこまでも走り続けるために

走ることで自分を表現したい

「え、ウソでしょう! これがディーゼルエンジンなんですか? まったく振動を感じないんですが……」

わからなかったのも無理はない。搭載されている3リッターV6ディーゼルエンジンは、アイドリング状態でも静粛そのもの。アクセルを踏めば最高出力258ps、最大トルク600Nmという強力なパワーユニットが、オールアルミニウムの軽量ボディーを加速させていく。その気になれば、わずか7.6秒で100km/hに達する。

卓越したパフォーマンスと高効率を実現する3リッターV6ディーゼルエンジン。8段オートマチックトランスミッションとの組み合わせにより、0‐100km/h加速7.6秒という俊足を誇る。

「驚きましたねぇ。ディーゼルに対する認識を変えなければいけません。こんなにスポーティーな走りができるんですね。パワーに余裕があるから、せかせかした気持ちにならないんです」

レンジローバー スポーツの動力性能が気に入ったようだが、末續さんは必要以上にスピードを出すことはなかった。自分の足で速く走れるからこそ、無謀な運転はしない。

「僕らは無茶な走りをするとケガするのを知っています。人間がいくら速く走っても、せいぜい40km/h。クルマなら100km/hだって簡単に出てしまいますが、人間には本来出せないスピードです。あり得ない状況に対して、絶対的な恐怖があります。だから、あまりスピードを出さない。クルマにはちゃんと乗りたいんです。もちろん、40km/h以上で走りますが(笑)」

アルミ素材をあしらい、洗練された印象のセンターコンソール。シフトレバーの手前には「テレインレスポンス2」のセレクターや電動パーキングブレーキのスイッチが配置される。

競技においても、今は速さだけを求めてはいない。走ることに、若い頃とは違う価値を見いだしている。

「37歳で陸上を続けている人はほとんどいません。記録が伸びないから、勝てないからということだけでやめてしまう。僕だって、勝てるかどうかはわからないけれど、好きなんですよ、走るのが」

気持ちは少年の頃のままなのだ。トラックを走っているときの表情は屈託がなく、突き抜けるような喜びにあふれている。

「レンジローバー スポーツ」には、3リッターV6と5リッターV8のガソリンエンジン搭載車と、3リッターV6のディーゼルエンジン搭載車の、全10モデルが用意される。

「この前は9年ぶりに日本選手権の舞台に立ちました。終わって記者会見場に行くと、いつ引退するんですか、と聞かれたんです。でも、何から引退するんでしょう? 小さい頃からずっと“かけっこ”をしていて、勝ったり負けたりするのが好きだったんです。今も同じですよ。年齢は“かけっこ”をやめる理由になりませんよね。負けたら引退というのではなく、本来はその先に走り続ける道があると思うんです。そろそろ、自分の走りで世界観を表現する時期なのでしょう」

卓越したパフォーマンスと高効率を実現する3リッターV6ディーゼルエンジン。8段オートマチックトランスミッションとの組み合わせにより、0‐100km/h加速7.6秒という俊足を誇る。
アルミ素材をあしらい、洗練された印象のセンターコンソール。シフトレバーの手前には「テレインレスポンス2」のセレクターや電動パーキングブレーキのスイッチが配置される。
「レンジローバー スポーツ」には、3リッターV6と5リッターV8のガソリンエンジン搭載車と、3リッターV6のディーゼルエンジン搭載車の、全10モデルが用意される。

DEALER INFORMATION

キャンペーンやイベント
スペシャルファイナンスについてはこちら

レンジローバー最新モデルの
詳しい情報を紹介