マツダに救世主登場!「CX-7」が北米SUVの台風の目に

2006.12.13 自動車ニュース

マツダに救世主登場!「CX-7」が北米SUVの台風の目に

マツダの2006年11月期の北米市場の総販売台数は2万792台、前年同月比で16.7%アップした。しかし、車種別で見ると、主力「マツダ3」(アクセラ)と「マツダ6」(アテンザ)が伸び悩み、同時にマツダらしさの象徴である「MX5」(ロードスター)と「RX-8」は大きく落ち込んでいる。
そうした状況を救っているのが、新たに発売されたクロスオーバーSUV「CX-7」なのだ。




■価格帯のスポットにハマった

「マツダCX-7」は、今年夏に発売されて以来、販売台数を着実に伸ばしており、2006年11月期の北米売り上げは3654台を記録したそうだ。
その成功の最大の要因は「価格」。MSRP(Manufacture's Suggested Retail Price:メーカー希望小売価格)は、2万3750ドル(FF車ナビなし)から、という設定である。

CX-7はプレミアムコンパクトSUVというカテゴリーに分類されており、「アキュラRDX」「BMW X3」などをライバルとする。
しかしライバルたちとの価格差は実質1万ドル(約115万円)と大きい。また、“普通の”コンパクトSUVである「ホンダCR-V」「トヨタRAV4」(北米には2.4リッター直4に加え、3.5リッターV6仕様もあり)とも価格差は少ない。

つまりCX-7は、SUV市場での価格帯のスポットに、まんまとハマッテしまったのだ。




■ちょっと大きめのコンパクトSUVが人気

もちろん「ただ安いから売れる」のではない。2.3リッターDISI(直噴)ターボと6ATによる爽快な加速感。フロントは「MPV」(日本仕様)、そしてリアは「プレマシー」から移植したという高剛性プラットフォームがもたらすキレのいい走り。さらにはロードスターから移植したステアリングホイールなどが演出するスポーティなインテリア……などなど。

CX-7には「ほかのSUVとの違い」が明確に表現されている。それでいて価格がリーズナブルなのだから、売れるのは当然だ。

アメリカではガソリン高の傾向は一服しているものの、「いつまたガソリンが急騰するかもわからない……」と、フルサイズSUVからのダウンサイジングの流れはとどまるところをしらない。
その流れはミドサイズSUVを通りこえて、コンパクトSUVに到達。それに合わせるかのように、各メーカーが「ちょっと大きめのコンパクトSUV」「ゴージャスなコンパクトSUV」を続々と投入しているのだ。

フォルクスワーゲンは2リッターTDIターボ搭載の「ティグラン」を、日産はミニ「ムラーノ」級の新型SUVを、それぞれ2007年デトロイトショーでデビューさせる予定である。

台風の目、マツダCX-7が誘導するプレミアムコンパクトSUV界、2007年も市場はさらに拡大していくことは間違いない。

(文=桃田健史(IPN))

関連キーワード:
CX-7マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
  • マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表 2017.9.14 自動車ニュース マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表した。国内におけるSUVラインナップの最上級モデルにあたり、パワープラントには190psまで出力を高めた2.2リッターディーゼルエンジンを採用。最上級モデルにふさわしい充実した装備も特徴となっている。
  • 「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売 2017.9.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月14日、レクサスブランドのSUV「NX」をマイナーチェンジし、販売を開始した。エクステリアデザインを変更するとともに、先進装備を充実させて快適性と利便性の向上を図っている。
ホームへ戻る