マツダに救世主登場!「CX-7」が北米SUVの台風の目に

2006.12.13 自動車ニュース

マツダに救世主登場!「CX-7」が北米SUVの台風の目に

マツダの2006年11月期の北米市場の総販売台数は2万792台、前年同月比で16.7%アップした。しかし、車種別で見ると、主力「マツダ3」(アクセラ)と「マツダ6」(アテンザ)が伸び悩み、同時にマツダらしさの象徴である「MX5」(ロードスター)と「RX-8」は大きく落ち込んでいる。
そうした状況を救っているのが、新たに発売されたクロスオーバーSUV「CX-7」なのだ。




■価格帯のスポットにハマった

「マツダCX-7」は、今年夏に発売されて以来、販売台数を着実に伸ばしており、2006年11月期の北米売り上げは3654台を記録したそうだ。
その成功の最大の要因は「価格」。MSRP(Manufacture's Suggested Retail Price:メーカー希望小売価格)は、2万3750ドル(FF車ナビなし)から、という設定である。

CX-7はプレミアムコンパクトSUVというカテゴリーに分類されており、「アキュラRDX」「BMW X3」などをライバルとする。
しかしライバルたちとの価格差は実質1万ドル(約115万円)と大きい。また、“普通の”コンパクトSUVである「ホンダCR-V」「トヨタRAV4」(北米には2.4リッター直4に加え、3.5リッターV6仕様もあり)とも価格差は少ない。

つまりCX-7は、SUV市場での価格帯のスポットに、まんまとハマッテしまったのだ。




■ちょっと大きめのコンパクトSUVが人気

もちろん「ただ安いから売れる」のではない。2.3リッターDISI(直噴)ターボと6ATによる爽快な加速感。フロントは「MPV」(日本仕様)、そしてリアは「プレマシー」から移植したという高剛性プラットフォームがもたらすキレのいい走り。さらにはロードスターから移植したステアリングホイールなどが演出するスポーティなインテリア……などなど。

CX-7には「ほかのSUVとの違い」が明確に表現されている。それでいて価格がリーズナブルなのだから、売れるのは当然だ。

アメリカではガソリン高の傾向は一服しているものの、「いつまたガソリンが急騰するかもわからない……」と、フルサイズSUVからのダウンサイジングの流れはとどまるところをしらない。
その流れはミドサイズSUVを通りこえて、コンパクトSUVに到達。それに合わせるかのように、各メーカーが「ちょっと大きめのコンパクトSUV」「ゴージャスなコンパクトSUV」を続々と投入しているのだ。

フォルクスワーゲンは2リッターTDIターボ搭載の「ティグラン」を、日産はミニ「ムラーノ」級の新型SUVを、それぞれ2007年デトロイトショーでデビューさせる予定である。

台風の目、マツダCX-7が誘導するプレミアムコンパクトSUV界、2007年も市場はさらに拡大していくことは間違いない。

(文=桃田健史(IPN))

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大 2017.3.13 自動車ニュース マツダが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる運転支援システムの設定を大幅に拡大。2017年度中に、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデルにおいて、標準装備化すると発表した。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る