「日産ムラーノ」に赤い内装の特別仕様車が登場

2012.12.06 自動車ニュース

「日産ムラーノ」に赤いレザーシートの特別仕様車が登場

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、専用の内外装が特徴的な「日産ムラーノ」の特別仕様車「モード・ロッソ」を、2012年12月6日に発売した。

今回発売された「モード・ロッソ」は、ホワイトのシートカラーを採用した「モード・ビアンコ」に続く、色にこだわった本革シート仕様車の第2弾。今回はブラックの内装にレッドレザーのシートとドアトリムを採用しており、シートにはゴールドのステッチもあしらわれている。またBOSEサウンドシステムも標準装備される。

エクステリアには、ダーククロムフロントグリルやグラファイトフィニッシュアルミホイール、LEDのフォグランプなどが採用される。ボディーカラーは「フランボワーズレッド」「ブリリアントホワイトパール」「スーパーブラック」の3色が用意される。

価格は「250XVモード・ロッソ」が410万8650円、「250XV FOURモード・ロッソ」が428万7150円、「350XV FOURモード・ロッソ」が485万8350円。それぞれベース車より38万8500円高となっている。

なお、日産では今回の特別仕様車発売と同時に、標準車の「ムラーノ」でもボディーカラーの見直しを実施。新色の「フランボワーズレッド」と「ダークメタルグレー」を含む、全7色の設定となった。

(webCG)

「日産ムラーノ350XV FOUR モード・ロッソ」
「日産ムラーノ350XV FOUR モード・ロッソ」 拡大
グラファイトフィニッシュのアルミホイールは、3.5リッター車が20インチ、2.5リッター車が18インチの設定。
グラファイトフィニッシュのアルミホイールは、3.5リッター車が20インチ、2.5リッター車が18インチの設定。 拡大
「モード・ロッソ」の特徴である赤と黒のツートンのインテリア。前席の本革シートには、シートヒーターが内蔵される。
「モード・ロッソ」の特徴である赤と黒のツートンのインテリア。前席の本革シートには、シートヒーターが内蔵される。 拡大

関連キーワード:
ムラーノ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • 谷口信輝の新車試乗――BMW M5(前編) 2018.7.12 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、歯に衣を着せず本音でクルマを語り尽くす! 今回のお題は600psのハイパワーを誇る「BMW M5」。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用したその走りを、プロはどう評価する?
ホームへ戻る