「日産ムラーノ」に赤い内装の特別仕様車が登場

2012.12.06 自動車ニュース

「日産ムラーノ」に赤いレザーシートの特別仕様車が登場

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、専用の内外装が特徴的な「日産ムラーノ」の特別仕様車「モード・ロッソ」を、2012年12月6日に発売した。

今回発売された「モード・ロッソ」は、ホワイトのシートカラーを採用した「モード・ビアンコ」に続く、色にこだわった本革シート仕様車の第2弾。今回はブラックの内装にレッドレザーのシートとドアトリムを採用しており、シートにはゴールドのステッチもあしらわれている。またBOSEサウンドシステムも標準装備される。

エクステリアには、ダーククロムフロントグリルやグラファイトフィニッシュアルミホイール、LEDのフォグランプなどが採用される。ボディーカラーは「フランボワーズレッド」「ブリリアントホワイトパール」「スーパーブラック」の3色が用意される。

価格は「250XVモード・ロッソ」が410万8650円、「250XV FOURモード・ロッソ」が428万7150円、「350XV FOURモード・ロッソ」が485万8350円。それぞれベース車より38万8500円高となっている。

なお、日産では今回の特別仕様車発売と同時に、標準車の「ムラーノ」でもボディーカラーの見直しを実施。新色の「フランボワーズレッド」と「ダークメタルグレー」を含む、全7色の設定となった。

(webCG)

「日産ムラーノ350XV FOUR モード・ロッソ」
「日産ムラーノ350XV FOUR モード・ロッソ」
グラファイトフィニッシュのアルミホイールは、3.5リッター車が20インチ、2.5リッター車が18インチの設定。
グラファイトフィニッシュのアルミホイールは、3.5リッター車が20インチ、2.5リッター車が18インチの設定。
「モード・ロッソ」の特徴である赤と黒のツートンのインテリア。前席の本革シートには、シートヒーターが内蔵される。
「モード・ロッソ」の特徴である赤と黒のツートンのインテリア。前席の本革シートには、シートヒーターが内蔵される。

関連キーワード:
ムラーノ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • 日産デュアリス 20G(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.8.8 試乗記 ……273万5750円
    総合評価……★★★★


    イギリスで生産される日産の逆輸入車「デュアリス」。クロスオーバールックのスタイリングだけではなく、走りも欧州仕込みなのか?
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
ホームへ戻る