第46回:クールな野蛮人たちは、ハイパワーEVに乗る
『野蛮なやつら/SAVAGES』

2013.02.28 エッセイ

第46回:クールな野蛮人たちは、ハイパワーEVに乗る『野蛮なやつら/SAVAGES』

新たな『明日に向かって撃て!』

タイトルのとおり、野蛮な人間の見本市のような映画だ。冒頭からチェーンソーの首切り映像が登場し、敵は粗暴で残虐なギャングだということが明らかになる。主人公たちだって、とんでもない野人ぞろいだ。野蛮でないのは、乗っているクルマぐらいなのだが、その話は後で。

男ふたり、女ひとりという組み合わせは、確執と親密さが交錯した緊張感のある空気を作り出す。映画のドラマ性を高めるにはうってつけの設定で、『突然炎のごとく』『明日に向かって撃て!』などの名作が生み出されてきた。映画版『苦役列車』も、その変形といえる。『野蛮なやつら/SAVAGES』も同じカテゴリーだが、これまでにはなかった“不道徳”な関係性がこの物語に新鮮さをもたらしている。ふたりの男が、ひとりの女の共通の恋人なのだ。

心優しき植物学者のベンと元傭兵(ようへい)の荒くれ者チョンは、共同事業のパートナーだ。カリフォルニアで、世界一の品質を持つ大麻を栽培している。荒くれ者と穏やかなブッディストという相いれなさそうな組み合わせだが、ふたりは親友だ。ベンが繊細な栽培技術で良質な大麻を作り、チョンは粗暴な商売相手とのタフな交渉を担当する。お互いの得意分野を生かすことで、ビジネスを成功させている。

チョンを演じるのは、『バトルシップ』で浅野忠信と力を合わせて宇宙人と戦っていたテイラー・キッチュ。ベン役は、『ノーウェアボーイ』で若きジョン・レノン、『キック・アス』で素人ヒーローという頼りない男が似合っていたアーロン・テイラー・ジョンソン。完璧なキャスティングだ。

(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures

第46回:クールな野蛮人たちは、ハイパワーEVに乗る − 『野蛮なやつら/SAVAGES』の画像
第46回:クールな野蛮人たちは、ハイパワーEVに乗る − 『野蛮なやつら/SAVAGES』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。