第289回:2人乗りEV「ルノー・トゥイジー」とフィレンツェと臓物料理!?

2013.03.29 マッキナ あらモーダ!

第289回:2人乗りEV「ルノー・トゥイジー」とフィレンツェと臓物料理!?

ジュネーブショー2013における「ルノー・トゥイジー」の展示。
ジュネーブショー2013における「ルノー・トゥイジー」の展示。
「トゥイジー」のブランドアンバサダーを務めるキャシー&デイヴィド・ゲッタ(イベントプロデューサー/人気DJ)のスペシャル仕様。
「トゥイジー」のブランドアンバサダーを務めるキャシー&デイヴィド・ゲッタ(イベントプロデューサー/人気DJ)のスペシャル仕様。

早いもので1年

ルノーが2人乗りEV「Twizy(トゥイジー)」をスペインのバリャドリッド工場で生産を開始してから、早いもので1年が過ぎた。先日開催されたジュネーブショーでは、それを祝うディスプレイは特に展開されなかった。それでも、忙しいプレスデイのさなか、トゥイジーのシートに次々と座っている人がみられたのは、多くの人にとってそのコンセプトがいまだに新鮮であるためだろう。

ボクが会ったルノーの担当者は「イスラエルでも導入が始まっています」と誇らしげに教えてくれた。一部メディアによると、たしかに同国のクファール・サバ市がカーシェアリング用に検討しているほか、テルアビブ市でも導入を検討しているらしい。

トゥイジーといえば、ボクが住むイタリア・シエナでは、2012年4月、近所のピザ店オーナー、サルヴァトーレさんが早速購入した。「ほぼ即納だった」という。ボクは即座に、ピザの配達用に購入したのかと想像したが、実際には店から片道15kmのところにある自宅との往復用だった。

シエナの歴史的市街は、他の多くのイタリア旧市街同様、一般車は進入が制限されていて、ドライバーは城壁の外の駐車場に止めて歩く必要がある。許可証を取得して入っても、台数が限られた指定の四輪車スペースを毎日探して止めなければならない。

プレスデイの最中にも、乗ってみる人が多数みられた。そこでついでに筆者もの図。ヘルメット要らずなのは、従来のバイク派に対する「トゥイジー」の大きなセールポイントである。
プレスデイの最中にも、乗ってみる人が多数みられた。そこでついでに筆者もの図。ヘルメット要らずなのは、従来のバイク派に対する「トゥイジー」の大きなセールポイントである。
わが街シエナのピザ店主サルヴァトーレさんが2012年春にいち早く購入した「トゥイジー」。
わが街シエナのピザ店主サルヴァトーレさんが2012年春にいち早く購入した「トゥイジー」。

対して、サルヴァトーレさんが購入したトゥイジー「アーバン」仕様は、小型二輪車扱いなので、旧市街に入れる。したがって家からピザ店まで、ドア・ツー・ドアで通えるというわけだ。
参考までにトゥイジーには小型二輪車扱いの「アーバン」仕様とは別に、原付扱いの「アーバン45」も用意されている。ただし、こちらは最高速度が45km/hに制限されている。

サルヴァトーレさんのトゥイジーへの思い入れは強く、購入直後にホームセンターでビニールを買い、“サイドウィンドウ”を自作した。続いて、出力センターに頼んであった店名入りのカッティングシートを、ドア下面に貼り付けた。
しかし、黙っていても彼のトゥイジーは注目度抜群だ。街行くほぼすべての人が目をとめる。さらにサルヴァトーレさんが窯の熱で暑くなる店内を避け、軒先に椅子を出して座っていると、多くの通行人からトゥイジーについて質問される。競合他店が多いピッツェリアにとって、アイキャッチ効果は抜群である。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事