アストンが「ヴァンキッシュ」のオープンを発表

2013.06.19 自動車ニュース
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」

アストン・マーティンが「ヴァンキッシュ」のオープンモデルを発表

アストン・マーティンは2013年6月19日、新型のオープンモデル「ヴァンキッシュ ヴォランテ」を発表した。

 
アストンが「ヴァンキッシュ」のオープンを発表の画像
 
アストンが「ヴァンキッシュ」のオープンを発表の画像

今回の新型車は、アストン・マーティンの最上級モデル「ヴァンキッシュ」のオープン仕様であり、同社のオープンカーとして初の、フルカーボンボディーを持つモデルとなる。

ルーフは3層構造の軽量ファブリックで、14秒でオープンにすることが可能。また、フロントウィンドウは同社のオープンカーとして初めて、ソフトトップ直前までガラス面が続く“フルハイト仕様”となった。
一方、ルーフを格納するトノカバーとデッキリッドには、空気抵抗を抑えるために最新の空力処理を採用。ラゲッジルームの容量は「DBSヴォランテ」から50%も広げられ、ルーフの開閉にかかわらず279リッターの広さが確保されている。

エンジンはクーペと同じ5.9リッターV型12気筒の「AM11」で、最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5500rpmを発生。6段ATの「タッチトロニック2」との組み合わせで、0-100km/h加速は4.1秒(予測値)、最高速は295km/hという動力性能を発揮する。
またクーペゆずりの第4世代VHアーキテクチャーを基本骨格としたボディーは、「DBSヴォランテ」より14%ねじり剛性が向上。レスポンスに優れた、素直なハンドリングを実現しているという。

価格はイギリス本国で19万9995ポンド(約2980万円、1ポンド=149円で換算)。製造はウォリックシャー州ゲイドンのアストン・マーティン本社で行われ、2013年後半にイギリスおよびヨーロッパ諸国からデリバリーが開始される予定だ。

(webCG)

→「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」のさらに詳細な写真はこちら
 

関連記事
  • アストン・マーティンDB9ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2008.2.4 試乗記 アストン・マーティンDB9ヴォランテ(FR/6AT)
    ……2191万2100円

    イギリスのゲイドンで手造りされる、12気筒の高級スポーツカー「アストン・マーティンDB9」。オープンバージョンの「ヴォランテ」を駆り、その魅力を探った。
  • アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)【試乗記】 2009.3.3 試乗記 アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)
    ……1853万8800円

    排気量をアップするなど、昨年ビッグマイナーチェンジを受けた“ベビー・アストン”。その乗り味を、2ペダルMTのオープンモデル「ロードスター」でチェックしてみた。
  • アストン・マーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2014.7.4 試乗記 アストン・マーティンの旗艦モデル「ヴァンキッシュ」に、オープンボディーの「ヴォランテ」が加わった。先進と伝統が同居する英国流フラッグシップスポーツの“グランドツーリング力”を探るべく、ハイウェイそしてワインディングロードで試乗した。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る