第194回:ジープで悪路を走破せよ!
「Jeep Experience ルビコン2013」参戦記

2013.07.22 エッセイ

オフロード車の代名詞、「ジープ・ラングラー」。母国アメリカには、その開発にも使われる“最高の悪路”があるという。
実際に走ってみたら、どうだった……? オフロード初心者の、webCGスタッフによる報告。

「ルビコン トレイル」路肩の樹木に貼られたマーキング。
出発前のワンシーン。取り外し可能なルーフを収納し、いざ出陣。
今回の相棒は、「ジープ・ラングラー」ファミリーの中でも特にオフロード走破性に長ける「ルビコン」モデル。エンジンフード側面のデカール(写真)など、外観もドレスアップされている。
ルビコン トレイル入り口で見られた、40年ほど前の「トヨタ・ランドクルーザー」。立派なタイヤ(とオーナーのお腹)が印象的。
19台の「ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド」が一列に連なって、ゴールのキャンプ場を目指す。ときおり、オフロードバイクが傍らをすり抜ける場面も。

助言はひとつ「ジープにまかせろ!」

突然ですが、「岩山の登山道」をイメージしてみてください。
辺り一面、石がごろごろ。登っていくほど地面はデコボコ。いつしか、道そのものが岩の階段になっていく。あなたは、日に焼かれた岩肌に手をつきながら、汗をかきかき上を目指す――

そんな道をクルマで行こうというのが、今回リポートするジープの走破系ツーリング「ルビコン トレイル」だ。

ルビコン トレイルというのは、アメリカ・カリフォルニア州北部にある、山岳路の名前である。サンフランシスコから北東へ約300km、観光名所として知られるタホ湖の西側に、約22マイル(35km)にわたって伸びている。
とはいえ、観光道路のイメージとは程遠い。“レベル10”と呼ばれる最高難度のオフロードは、普通の感覚で見るならば、そもそも車道と思えない。それを熱烈なジープファンが1953年に走破して、以来60年、オフロード・ジャンキーにとっての“聖地”として親しまれてきた。オフ車界のビッグネームであるジープもまた、40年間にわたって、このルビコン トレイルを車両開発の舞台としている。いわば、スーパースポーツカーにとってのニュルブルクリンク(サーキット)と同じ「頂点の道」なのである。

さて、今回のイベントそのものは、プレス向けの試乗会だ。さぞかしみなさん、腕に覚えがあるのだろう……と思いきや、さにあらず。オーストラリア、中国、韓国、シンガポール、そして日本から集まった参加者の多くは、自分も含め、明らかにオフロード走行の経験に乏しい。AT限定(免許)の人もチラホラ交じっていたりする。それがいきなりレベル10? 使うクルマは量産モデル? 「そのギャップを埋めるのが、ジープのすごさ」というわけだろうが……さて、どうなることやら……。

期待と不安を胸に、タホ湖畔のあるタホマの街から西へ約5マイル。いよいよルビコン トレイルの入り口にさしかかる。
週末とあって、われわれのほかにも、多くのチャレンジャーが集まっている。“王道”のジープにはさまって、旧型「トヨタ・ランドクルーザー」や「スズキ・ジムニー(サムライ)」といった日本車も見られれば、ロールケージを張り巡らせた小型のオフロードバギーも数多い。……ってことは、やっぱり横転したりするんじゃないの!?
そんな胸騒ぎをよそに、総勢19台のわれらがジープ隊は、どんどんルビコン トレイルに入っていく。「習うより慣れろ」ということだろうか。

トライするにあたってのアドバイスといえば、前日にレセプションで言われた一言だけ。
「You don't drive Jeep. You leave Jeep.」(=ジープにまかせろ)

「でも、その“まかせどころ”がわからないんだな……」不安が思わず声に出る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る