三菱がスポーティーなコンパクトSUVを提案【東京モーターショー2013】

2013.11.03 自動車ニュース
「三菱コンセプトXR-PHEV」
「三菱コンセプトXR-PHEV」

【東京モーターショー2013】三菱がスポーティーなコンパクトSUVを提案

三菱自動車は2013年11月1日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)で世界初公開する予定のコンセプトカー「コンセプトXR-PHEV」の概要を発表した。

 コンセプトXR-PHEVは、「アウトランダーPHEV」と同様のプラグインハイブリッドEVシステム(PHEVシステム)を採用した、次世代コンパクトSUVのコンセプトモデルだ。車名の「XR」は、「スペシャリティクーペとSUVを融合」させ、「街中をきびきび走る」という意味の「X(cross)over Runner」に由来する。

 1.1リッター直3直噴ターボエンジン(134ps)とモーター(161ps)、必要に応じてモーター駆動電圧を700Vまで昇圧する昇圧コンバーターを車体の前部に搭載し、前輪を駆動する。駆動用のバッテリーは、フロア下に配置されている。
リヤモーターを採用しないFF車としたことで、車両重量とフリクションの増加を防ぎ、高い燃費・電費性能の実現を図った。

エクステリアデザインのコンセプトは「アスリートフォルム」。「クラウチングスタートを切った瞬間の躍動感を、エッジの効いたサイドキャラクターラインと前傾姿勢のシルエットで表現した」という外観は、ルーフが後ろに向かってなだらかに下がるクーペスタイルで、ルーフにはソーラーパネルが搭載され、補器用バッテリーを充電する。
また、ルーフ後端には走行状態に応じて角度が変わる可変スポイラーが装着されている。

インテリアは、ドライバーオリエンテッドなデザインを採用。パッセンジャー用にはブラック基調、ドライバー用にはボディーカラーとコーディネートされたレッドのバケットシートが装着される。

セーフティー機能については、予防安全技術「e-Assist」を進化させ、先進の情報システムを活用した「コネクティッドカー技術」と連携することで、さらなる安全性の向上を実現しているという。

(工藤考浩)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。