第17戦アブダビGP決勝結果【F1 2013 速報】

2013.11.04 自動車ニュース

【F1 2013 速報】第17戦アブダビGP、ベッテル独走で7連勝

F1世界選手権第17戦アブダビGP決勝が、2013年11月3日、アブダビのヤス・マリーナ・サーキット(5.554km)を55周して行われた。

今年で5回目となる中東のトワイライト・レースは、予選2位からスタートでトップに躍り出たレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが、得意の先行逃げ切りパターンに持ち込み独走。今季11勝目、8月末から続く連勝を「7」に伸ばし、ミハエル・シューマッハーが2004年に樹立した年間最多連勝記録に並んだ。

2位に入ったのはレッドブルのマーク・ウェバー。今季限りでF1を去るベテランは、今年2度目のポールポジションをまたしても優勝につなげることができなかった。レッドブルは今シーズン3度目の1-2フィニッシュを達成した。

3位はメルセデスのニコ・ロズベルグ。予選3位からスタートで2位に上がるもウェバーに抜かれてしまった。ロズベルグにとっては2戦連続、今季4回目の表彰台となった。

6番グリッドからスタートしたロータス・ルノーのロメ・グロジャンは表彰台に届かず4位。予選Q2で敗退するもキミ・ライコネンの失格で繰り上がり10番グリッドを得たフェラーリのフェルナンド・アロンソは5位入賞を果たした。また2ストップが大勢を占めた今回、1ストップで6位に入ったのはフォースインディア・メルセデスのポール・ディ・レスタだった。
4番グリッドからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンはタイヤに苦しみ7位、フェラーリのフェリッペ・マッサはグリッド順から1つ落ちて8位、マクラーレン・メルセデスのセルジオ・ペレスは8番グリッドから9位、そしてフォースインディアのエイドリアン・スーティルが1ストップで10位に入りポイント1点を獲得した。

以下、11位パストール・マルドナド(ウィリアムズ・ルノー)、12位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、13位エステバン・グティエレス(ザウバー・フェラーリ)、14位ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)、15位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、16位ダニエル・リチャルド(トロロッソ・フェラーリ)、17位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ)、18位ギド・バン・デル・ガルデ(ケイターハム・ルノー)、19位シャルル・ピック(ケイターハム)、20位ジュール・ビアンキ(マルシャ・コスワース)、21位マックス・チルトン(マルシャ)が完走した。

前戦インドGPでタイトルを決めたベッテルはポイントを347点に伸ばした。ランキング2位のアロンソは217点で、今回リタイアに終わったライコネンとの間に34点ものギャップを築いた。4位ハミルトンは175点、5位ウェバーは166点となっている。

コンストラクターズチャンピオンのレッドブルは17戦を終え513点を獲得。接戦を極めるランキング2位争いは、メルセデスが334点、フェラーリ323点とメルセデスがリードを広げた。4位ロータス297点、5位マクラーレン95点というトップ5の顔ぶれである。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。