トップ > ニュース >ホンダが小型クロスオーバー「ヴェゼル」を発表 (2013.12.19)
「ホンダ・ヴェゼル」と、本田技研工業の伊藤孝伸 代表取締役社長(奥左)、峯川 尚 専務取締役員(奥右)、同社の開発責任者である板井義春氏。

ホンダが新型コンパクトクロスオーバー「ヴェゼル」を発表

本田技研工業は2013年12月19日、新型車「ヴェゼル」を発表した。同年12月20日に販売を開始する。




ラゲッジルームの床面の高さは仕様によって異なり、ガソリン車に対してハイブリッドのFF車で35mm、同4WD車で80mm高くなっている。

■クーペ風のボディーをまとうコンパクトクロスオーバー

ヴェゼルは、全長×全幅×全高=4295×1770×1605mm、ホイールベース2610mmのコンパクトなクロスオーバー車である。SUVの持つ力強さと安心感、クーペのあでやかさとパーソナル感、ミニバンの使いやすさと快適性の融合を目指して開発されたもので、ガソリン車とハイブリッド車の双方にFFと4WDを設定するなど、幅広いバリエーションも特徴となっている。

エクステリアデザインは、ボリューム感のあるロワーボディーと前後を絞り込んだキャビンを組み合わせたもので、ダークメタル調のフロントグリルや彫りの深いキャラクターライン、Cピラーに隠すように処理されたリアのドアハンドルなどが特徴。上級グレードにはLEDタイプのヘッドランプとテールランプ、アルミ製のルーフレールなどを装備している。

一方、インテリアはドライバーのパーソナル感を重視したもので、インストゥルメントパネルには、センタークラスターを運転席側に傾けた左右非対称のデザインを採用。センターコンソールは浮き上がったようなデザインのハイデッキタイプで、その下はアクセサリーソケットやLED照明などを備えたコンソールポケットとなっている。

また、上質感を演出するために、ダッシュボードやドアパネルにはソフトパッドを、ステアリングホイール・ガーニッシュやタッチパネル式のエアコン操作パネルには、ピアノブラック調パネルを採用。シートにはファブリック表皮のものと、ファブリックと本革および合皮を組み合わせたコンビタイプのものを用意しており、オプションで本革シートも設定している。

センタータンクレイアウトがもたらす機能性の高さも特徴のひとつで、リアシートには6:4分割のダイブダウン格納に加え、座面のチップアップ機構も採用。通常時で404リッター(ハイブリッド・FF車の場合)の広さを持つラゲッジルームは、テールゲート開口部の高さを650mmに抑えている。

ハイブリッドシステムの透視図。
メーターはガソリン車が標準的な3眼式なのに対し、ハイブリッド車はアナログ表示の速度計に、デジタル表示のタコメーターとパワーフローモニターを組み合わせたものを採用。
パワーユニットだけではなく、空気抵抗の低減も燃費の改善に貢献している。ハイブリッドモデルのFF車では27.0km/リッターを実現する。

■燃費は27.0km/リッターを実現

パワーユニットは可変バルブタイミング機構付きの1.5リッター直噴直4ガソリンエンジンと、1.5リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドユニットの2種類で、ともに駆動方式にはFFと4WDの2種類が用意されている。

このうち、1.5リッターガソリンエンジンは最高出力131ps/6600rpm、最大トルク15.8kgm/4600rpmを発生。トランスミッションにはCVTが組み合わされており、FF車で20.6km/リッター、4WD車で19.0-19.2km/リッターの燃費(JC08モード)を実現している。

一方、ハイブリッドユニットには「フィットハイブリッド」から導入が開始された「スポーツハイブリッドi-DCD」を採用している。
FF車同士で比較すると低い減速比や、より高出力なエンジン(最高出力132ps/6600rpm、最大トルク15.9kgm/4600rpm)などの違いはあるが、システムの構造自体はフィットのそれと同じで、7段デュアルクラッチ式ATの1速、3速、5速、7速用の軸に、最高出力29.5ps/1313-2000rpm、最大トルク16.3kgm/0-1313rpmのモーターを直結する形で搭載。システム全体では最高出力152psを発生する。

またエンジンとトランスミッションをクラッチで切り離すことにより、EV走行も可能。効率的に減速エネルギーを回生する「電動サーボブレーキシステム」や、高出力・大容量のリチウムイオンバッテリー、空気抵抗を抑えたボディー形状などとも相まって、燃費はFF車で24.2-27.0km/リッター、4WD車で21.6-23.2km/リッターとなっている。

エアコンの操作パネルには、全グレードでタッチパネル式を採用。
ピアノブラック調でコーディネートされた「ヴェゼル」のセンターコンソール。電動パーキングブレーキと、ブレーキホールド機能のスイッチが備えられている。
「ルーセブラック・メタリック」
「モルフォブルー・パール」
「ミスティグリーン・パール」

■燃費だけでなく操安性や乗り心地も重視

操縦安定性や乗り心地についても重視しており、ボディーには骨格部材を組み立ててから外板パネルを溶接するインナーフレーム構造を採用。テールゲート開口部の補強や、超ハイテン材などの採用により、軽量でありながら高いボディー剛性を実現しているという。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがトーションビーム式の組み合わせで、フロントには「アコードハイブリッド」や「オデッセイ」などと同じく、振幅感応バルブ(セカンドピストンバルブ)やリバウンドスプリングを内蔵したダンパーを装備している。

また、電動パーキングブレーキやブレーキホールド機能など、ドライバーをアシストする機能も充実。ハイブリッド車には、状況に応じてアクセルペダルの重さを変えることで、エコドライブや雪道などでのアクセルワークなどを支援する「リアクティブフォースペダル」を採用している。
このほかにも、プリクラッシュブレーキや誤発進抑制機能などからなる「シティブレーキアクティブシステム」を全車に設定(「G」と「ハイブリッド」にオプション設定、その他のグレードに標準装備)。リアクティブフォースペダルとの協調機能も備わっており、システム作動時にはペダルをノックするように反力を制御することで、ドライバーに危険を察知させるという。

ボディーカラーは新色の「ルーセブラック・メタリック」「モルフォブルー・パール」「ミスティグリーン・パール」を含む全8色。インテリアの色と仕様は「ブラック」「パッションブラック」「ジャズブラウン」に、オプションの「ブラックレザー」を合わせた全4種類で、このうち「ジャズブラウン」は、最上級グレード「ハイブリッドZ」専用の仕様となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・G(FF):187万円
・G(4WD):208万円
・X(FF):201万円
・S(FF):212万円
・ハイブリッド(FF):219万円
・ハイブリッド(4WD):240万円
・ハイブリッドX(FF):235万円
・ハイブリッドX(4WD):256万円
・ハイブリッドX Lパッケージ(FF):268万円
・ハイブリッドZ(FF):250万円

(webCG)

→カースコープ「ホンダ・ヴェゼル」(前編)
→カースコープ「ホンダ・ヴェゼル」(後編)
 

  • mixi
  • linkedin
  • rss
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (ニュース)

注目の情報[PR]